メインメニューを開く

有馬 允純(ありま まさずみ / まさすみ)は、越前丸岡藩の第4代藩主。晴信系有馬家7代。第3代藩主有馬孝純の八男。

 
有馬 允純
時代 江戸時代中期
生誕 延享4年3月15日1747年4月24日
死没 明和9年9月2日1772年9月28日
改名 外吉(幼名)→允純
墓所 福井県坂井市丸岡町篠岡の高岳寺
官位 従五位下、左衛門佐
幕府 江戸幕府
越前丸岡藩
氏族 肥前有馬氏
父母 父:有馬孝純、母:瑞応院(稲葉正知の娘)
兄弟 純養本多忠可純弁純峯純如允純弥芦原弘純皆吉純許純貴
正室:富子(天華院、松平定温の娘)
側室:美濃子(清泰院、村田氏)
誉純
テンプレートを表示

延享4年(1747年)3月15日、江戸幸橋屋敷にて生まれる。7人の兄がいたが、いずれも庶子だったため、世子となる。宝暦7年(1757年)、父の死去により跡を継いだ。藩政においては大庄屋制度の廃止など、藩の行政改革に尽力したが、明和9年(1772年)9月2日に26歳で死去した。跡を長男の誉純が継いだ。