メインメニューを開く

服部 嘉香(はっとり よしか、1886年明治19年)4月4日 - 1975年昭和50年)5月10日)は、日本詩人歌人国語学者

はっとり よしか
服部 嘉香
Hattori Yosika.jpg
生年月日 1886年4月4日
没年月日 (1975-05-10) 1975年5月10日(89歳没)
本名 服部 嘉香
別名 浜二郎(幼名)
楠山
服部 嘉香(はっとり かこう)
出生地 東京市日本橋区浜町
学歴 早稲田大学文学部英文科
職業 大学教授、詩人
活動内容 口語自由詩運動
服部嘉陳
服部むめ
親族 藤野古白正岡子規正岡律
主な作品
『幻影の花びら』(詩集)
『バレエへの招宴』(詩集)
『夜鹿集』(歌集)

目次

生涯編集

東京市日本橋区浜町の旧松山藩久松家邸内の長屋で生まれた。父の嘉陳は松山藩士藤野正久の次男で、服部家を継いだ。藤野古白は父方の従兄で、正岡子規は遠戚にあたる[1]

3歳のときに父の故郷である松山に移り、松山中学校を卒業後、1904年に再び上京して早稲田大学に入学し、1908年卒業。同級生に北原白秋三木露風若山牧水土岐善麿などがいた。中学時代から雑誌『少年世界』『中学世界』などに新体詩を投稿していたが、早大進学によって詩壇での活動はより活発になる[2]1907年には横瀬夜雨らの詩草社に加わり、口語自由詩運動に力を注ぐ。

1913年(大正2年)に早稲田大学講師となり[3]英語、商業文、文学概論を講じた。恩賜館3階の研究室では大山郁夫と相部屋だった。1917年早稲田騒動では「プロテスタンツ」(いわゆる恩賜館組)の一員として活動し、その結末を不服として大山郁夫、村岡典嗣宮島綱男とともに早大を去った。

1921年に宮島綱男の誘いを受けて関西大学講師(のち教授)となり、英語、心理学、商業実践、修辞学など8科目を担当し、「八宗兼学」と呼ばれるほどの多忙な日々を送った[4]1922年関西大学学歌を作詞。

1932年(昭和7年)に早稲田大学に復帰し[5]1956年に定年退職。その後は日本大学講師、梅光女学院短期大学教授などを務めた。

詩歌界では1937年窪田空穂に師事して「まひる野」会員となり、1950年に『詩世紀』を主宰刊行[6]日本詩人クラブ理事長[7]国語問題協議会理事なども歴任した。

主な著作編集

研究書・著作編集

  • 『最新商用文精義』(1914年)
  • 『新らしい言葉の字引』(共著、実業之日本社、1918年)
  • 『星が飛ぶ』(研究社、1922年)
  • 虹の橋まで:創作童話』(同文館、1923年)
  • 『現代作文新講』(早稲田大学出版部、1933年)
  • 『新例手紙文範』(早稲田大学出版部、1938年)
  • 『国語・国字・文章』(早稲田大学出版部、1941年)
  • 『随筆 早稲田の半世紀』(中和出版、1957年)
  • 『口語詩小史』(昭森社、1963年)
  • 『新例実用手紙文範』(梧桐書院、1967年)
  • 『日本近代詩論の研究』(共著、角川書店、1972年)
  • 『実際に用いられた式辞と挨拶』(梧桐書院、1974年)
  • 『昭和詩論の研究』(共著、日本学術振興会、1974年)

詩集編集

  • 『幻影の花びら』(長谷川書房、1953年)
  • 『銹朱の影』(昭森社、1955年)
  • 『星雲分裂史』(昭森社、1958年)
  • 『バレエへの招宴』(新詩潮社、1967年)

歌集編集

区歌編集

校歌・学歌編集

流行歌編集

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 関西大学百年史編纂委員会 『関西大学百年史』 人物編、343頁
  2. ^ 『明治文学全集61 明治詩人集 二』 筑摩書房、1975年、446頁
  3. ^ 『随筆 早稲田の半世紀』、18頁
  4. ^ 『関西大学百年史』 人物編、344-345頁
  5. ^ 『関西大学百年史』 人物編、347頁
  6. ^ a b 『詩歌人名事典』 日外アソシエーツ、2002年、553頁
  7. ^ 一般社団法人日本詩人クラブ 歴代会長・理事長 2018年6月14日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集