服部 幸子(はっとり ゆきこ、1967年8月24日[2] - )は、日本女優声優劇団昴所属[4]三重県四日市市出身[1]

はっとり ゆきこ
服部 幸子
生年月日 (1967-08-24) 1967年8月24日(54歳)
出身地 日本の旗 日本三重県四日市市[1]
身長 160 cm[1][2]
血液型 O型[3]
職業 女優声優
ジャンル テレビドラマ舞台アニメ吹き替え
活動期間 1994年 -
所属劇団 劇団昴[4]
公式サイト 服部幸子|劇団昴
テンプレートを表示

来歴編集

三重県立四日市南高等学校明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業。大学卒業後、富士通のショールームを運営する会社に正社員として勤務。退職後、昴演劇学校に入学。三年間の研究生期間を経て1994年より劇団昴に在籍[1][3]

人物編集

趣味は謡曲仕舞[1]、演劇、映画テレビドラマドキュメンタリー番組鑑賞、部屋の模様替え、瞑想妄想[3]方言関西弁[1]三重弁[4]資格教員免許国語中学第一種・高校第二種)。英検2級普通自動車運転免許(筋金入りのペーパードライバー)[1]

出演作品編集

テレビドラマ編集

テレビ番組編集

映画編集

テレビアニメ編集

ゲーム編集

吹き替え編集

映画編集

ドラマ編集

アニメ編集

CM編集

ラジオ編集

  • サラリーマンの掟
  • 朗読
    • 若山牧水
    • 岸田隆生の銀座の話

ラジオドラマ編集

  • 火の鳥
    • 鳳凰編(速女)
    • 太陽編(ユリカ)

舞台編集

1994年
1995年
  • カモメたちの晩夏
1996年
  • 修道女(シスター・ソフィー/ソレイユ)
  • テムペスト(妖精)
1997年
  • 夏の夜の夢(1997年 - 2006年、ハーミア、森の木々、宮廷人、妖精)
1998年
  • 青い鳥(魔女、夜、ベランゴー)
  • プレイング・フォア・タイム-命を奏でて-(エタリーナ)
  • 三人姉妹(ナターシャ)
1999年
2001年
2002年
  • それから(梅子)
  • 白いライオン
2003年
  • マクベス(2003年 - 2019年、侍女)
  • ナイチンゲールではなく(エバ・クレイン)
2005年
  • アルジャーノンに花束を(2005年 - 2008年、アリス・キニアン)
  • ヒューマン・ダイナモ〜人間発動機 野口英世(斉藤ます子)
2006年
  • 夢〜歌舞伎町物語
2007年
2009年
  • SAMURAI高峰譲吉
  • 新宿パラダイス
2012年
  • 会議
2013年
  • 良い子にご褒美
2014年
  • BLUE(ケリー)
  • ラインの監視(サラ)
2016年
  • 街と飛行船(母)
  • THE GREEKS(クリュタイムメストラ、アテナ)
  • フィガロの結婚(2016年 - 2017年)
2017年
2018年
  • アシバー〜沖縄遊侠伝〜(宮下波子)
  • アンドロマック
2019年
  • ミュージカル ユタと不思議な仲間たち(ユタの母、クルミ先生)
2021年
  • ミュージカル 夢から醒めた夢(老夫人)

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g PROFILE”. 服部幸子オフィシャルサイト. 2020年5月31日閲覧。
  2. ^ a b 服部 幸子”. 日本タレント名鑑. 2020年5月31日閲覧。
  3. ^ a b c 服部幸子|スタ☆スケ”. 2021年2月23日閲覧。
  4. ^ a b c 服部幸子|劇団昴”. 2022年1月16日閲覧。

外部リンク編集