服部 敬雄(はっとり よしお、1899年(明治32年)12月10日 - 1991年(平成3年)3月14日)は山形県実業家山形県山形市出身。

目次

来歴・人物編集

新潟県新発田市出身の民権運動家で山形日報発行人、服部敬吉の長子として生まれる。父の敬吉はその後山形新聞に主筆として迎えられ、後に社長となる。

山形県立新庄中学校を経て早稲田大学政経学部経済科卒業後、同大学大学院へ進学する。在学中は早稲田大学新聞発刊に関わっている。卒業後、朝日新聞社記者を経て、1928年(昭和3年)に父が社長を務める山形新聞の専務取締役として迎えられる。山形新聞は戦時下、県内の中小他紙を吸収合併し県内一の報道機関に成長する。また、父敬吉と戦時下に進められた県内交通会社の合併の裁定をし、山形交通庄内交通2社にまとめる。これを契機に山形交通にも強い影響力を持つ。終戦後、公職追放労働争議により、服部父子は一時社を追われるも後に復帰する。

山形新聞、山形放送山形テレビ、山形交通(現山交バス)などグループ企業の社長・会長を歴任。メディアを中心に山形県政財界に影響を及ぼした[1][2]。 現に彼の死後の1993年(平成5年)に行われた山形県知事選挙は当選した高橋和雄を始めとする5人の立候補となり保守分裂選挙となったという。

服部は山形の首領(ドン)などと揶揄されることがあった[3]

服部の「罪」としての逸話編集

  • 朝日ジャーナル』(1992年(平成4年)廃刊)で、1985年(昭和60年)に「山形の首領(ドン)」として、服部のことで特集が組まれたことがある。その後「続・山形の首領」「続々山形の首領」として掲載された(当時の編集長は筑紫哲也)。その掲載の度に、山形県内で『朝日ジャーナル』が発売日から売り切れが相次いだ。
  • 「山形花笠まつり」は服部の発案で始まった祭りである。かつては初代山形藩主・最上義光を祭る「義光祭(きごうさい)」が開かれていたが、これに代えたものである。
  • 祭りのエピソードに見るように、最上義光に批判的で、『山形新聞』や、当時編纂の進んでいた『山形市史』『山形県史』にもその意向が反映されたという。
  • 山形市の中心部に、山形新聞グループが経営している山形グランドホテルがある。同ホテルで開催されるイベントは、小規模なイベントであっても山形新聞グループのマスコミ各社が取材に訪れる。逆に山形グランドホテルで発生した食中毒事件は、山形新聞グループでは報道されることはなかった。
  • 山形グランドホテルのライバルとされているホテルキャッスルは、1981年(昭和56年)の開業時に山形新聞、山形放送に広告を拒否されて以来、1989年(平成元年)のテレビユー山形開局まで山形県内でマスコミを通じての広告を出すことができず、また大きなイベントがあっても山形新聞グループが取材に来ることはほとんどないため、「ホテルキャッスル」という言葉が山形の報道機関で報じられることは全くなかった。
  • 戦後一時期、労働争議により追放された経験からか、労働運動への警戒感が強く、配下の企業では組合の存在が認められない(当然のことながらこれは不当労働行為)ところが多かった。社員への訓辞では「アカは嫌いだ。組合運動をするなら会社を辞めろ」が口癖だったという。その影響で山交バスの労働組合は、民営バスの労働組合のほとんどが加盟する旧総評系の私鉄総連ではなく、旧同盟系の交通労連に加盟している。

服部の「功」としての逸話編集

  • 山形空港の開港や山形大学医学部の開設に寄与したといわれている。

係累編集

服部には正妻との間に子がなく、養女の夫を後継者として帝王学を授けるも、その婿が服部の不興を買い、放逐され養子縁組解消となってしまった。その後、1991年(平成3年)の服部逝去の際、喪主を務めた服部恒男(旧姓・大久保)は、実のところ庶子であるということは、関係者公然の秘密であった(庶子はさらに、もう一人いた)[4]

服部恒男は1945年(昭和20年)生。早大商学部卒業。山形テレビ常務、山形新聞常務を経て同社社主を務めていたが、2006年(平成18年)、61歳で病死している[5]

旧服部邸「洗心庵」編集

山形市緑町に所在する旧服部邸には洗心苑と呼ばれる2,000平米に及ぶ日本庭園がある。赤坂離宮和風館庭園などの作庭をした庭師岩城亘太郎が作庭した。岩城は「東北一の庭園」と評した。服部の死後、遺族が管理しきれずに山形県に寄贈したが放置されていた。しかし、このたび庭園部分は再整備をはかり邸宅は取り壊した上で多目的施設を建設。2013年(平成25年)7月16日から一般開放された。庭や和室は午前9時から午後9時まで無料で入場可能だが、多目的ホールの利用の際には有料で予約が必要である[6]

主な著書編集

  • 『情報化社会と新聞放送』 時事通信社、1970年。
  • 『変革の新時代に直言』 時事通信社、1978年。
  • 『報道の自由と責任』 潮出版社、1980年。
  • 『現代日本地方新聞論 多層性とその機能』 講談社、1980年。
  • 『言論六十年の軌跡』 山形中央図書館、1987年。

追悼録編集

  • 服部敬雄追悼録刊行委員会編 『追悼服部敬雄』 服部敬雄追悼録刊行委員会、1992年。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 服部敬雄とは - コトバンク
  2. ^ 「「言論商人」服部敬雄「山形の天皇」への道――地元マスコミを独占し、県政市政を壟断する権力者の実像に迫る 立石泰則」『プレジデント』1990年10月号。
  3. ^ 「山形に権力腐敗の縮図を見た! 最後の"地方首領"服部敬雄山形新聞社主の光と影 ルポライター 伊勢暁史」『現代』1986年11月号。
  4. ^ 「山形のドン「服部天皇」死去で囁かれる後継者をめぐる確執」『創』 1991年5月号。
  5. ^ “服部恒男氏死去 山形新聞社社主”. 共同通信. (2006年10月29日). http://www.47news.jp/CN/200610/CN2006102901000213.html 2013年10月20日閲覧。 
  6. ^ 山形県緑町庭園文化学習施設「洗心庵」開園式の御案内 (PDF)”. 山形県企画振興部県民文化課 (2013年7月5日). 2013年10月20日閲覧。[リンク切れ]

関連項目編集

外部リンク編集