服部氏

日本の氏族

服部氏(はとりうじ、はとりべうじ、はっとりうじ)は、「服部」をまたは苗字とする日本氏族。「はとり」は「はたおり」(機織)の音約であり、元は機織り(服部)を職掌とした品部を指す。なお、促音を交えた「はっとり」は更に後世のものである[1]

服部氏編集

服部氏
氏姓 服部連
始祖 天御桙命
出自 伊豆国造
氏祖 麻羅足尼
種別 神別天神
本貫 不明
著名な人物 弥蘇足尼
麻羅足尼
服部三船
服部近利
凡例 / Category:氏

出自編集

古代伊豆国を支配した伊豆国造一族の出身で、『新撰姓氏録』によれば熯之速日命十二世孫の麻羅宿禰(国造若多祁命の孫)が允恭朝に織部司に任じられ、諸国の織部を管掌したことから服部連と号されたと伝わる。

概要編集

機織りを管掌する服部伴造の古代氏族。一族の者はあまり史料に登場しないが、最古の記録として『播磨国風土記讃容郡中川里条には、執政大臣である服部彌蘇連と因幡国造族の阿良佐加姫との子である宇奈比売・久波比売の姉妹が登場し、「伊豆宿禰系図」[2]ではこの二人と麻羅宿禰が兄妹とされる。

大阪府高槻市宮之川原元町の神服神社では熯之速日命、麻羅宿禰を祭神としており、同府豊中市服部元町鎮座の服部天神宮とも関係が深い。

系譜編集

加理波夜須多祁比波預命
賀茂県主三島溝橛耳神長子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
多祁美加々命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天足別命
(武乳速命、速経和気命、天見通命、麻刀方命)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天御桙命
(天蕤桙命、伊刀麻命、天御中主命十一世孫)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
国忍多気命
(国忍男命)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
意保名豆命
(押勝命)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
由多祁命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彦振根命
武甕槌命十五世孫)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
波刈禰命
(葉刈命、崇神朝
武磐咋命
(五十功根命、川原忌寸祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
磐表主命
(磐表廣根命)
美加々比売命
中臣連上祖神聞勝命妻)
 
 
 
 
 
 
 
古美呂伎命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
若多祁命
神功皇后摂政期伊豆国造
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田狭乃直
仁徳朝為大日下部、日下部直
弥蘇足尼麻目古乃直
(同朝定賜壬生部、大生部直)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
波背古乃直麻羅足尼
允恭朝服部連祖)
久波比売宇奈比売

伊賀国服部氏編集

服部氏
(千賀地氏)
 
源氏車に矢筈げんじぐるまにやはず
矢車やぐるま
本姓 桓武平氏忠正流
家祖 服部家長
種別 武家
出身地 伊賀国阿拝郡服部郷
主な根拠地 伊賀国阿拝郡服部郷
伊勢国
著名な人物 服部正成(2代目服部半蔵
服部小平太(徳川家臣)
服部康成(陸奥弘前藩家老)
支流、分家 阿波氏(武家)
旗本服部家(武家)
大服部家(武家)
小服部家(武家)
服部図書家(武家)
服部伊織家(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

出自編集

伊賀国阿拝郡服部郷(府中村服部、現・三重県伊賀市服部町服部川あり)が発祥地とされ、小宮神社神主と伝わる(『延喜式』・『伊賀考』等々)。

服部氏の系譜は諸説があり、『平家物語』によると桓武平氏忠正流とされ、その一族なる服部六郎時定(服部家長と同人物?)なるものが、源氏方の伊豆右衛門少尉有綱を討ち取ったとされる記述があったり、清和源氏義綱流とも称していたりする。

それ以外の説としては楠木氏伊予橘氏)、あるいは忌寸の末流とされる(秦氏説については『三国地誌』・『永閑記』によると「服部氏を秦氏の裔とするは、非なり」と記されている)。

しかしながら、服部氏の系譜はいずれも確証が明確ではないので信憑性に乏しい。伊賀地方土豪神官も兼務とされる)の出であると思われる。

概要編集

服部氏族のうち桓武平氏流を称する服部氏の祖は、平安時代武将服部家長内左衛門尉)『源平盛衰記』であり、伊賀平内左衛門尉家長とも称される。家長は平氏側につくも、壇ノ浦の戦いで戦死したとされる。しかし家長は生き延びており、出身地の伊賀へ戻ったが生地の阿拝郡服部郷荒木を避け、隠れ里であった花垣郷余野に一族郎党と移り住んだ。家長は「千賀地」と名乗り、長男と次男を伊賀北西部と南部に住ませたという[3]。しかしながら、これらはあくまで異説であり信憑性に乏しい。

一般的に知られる服部半蔵の家系の由来については、戦国時代に千賀地保長(半蔵保長)が服部姓に復し服部保長と称したという。保長は、はじめ将軍足利義晴に仕え(北面武士就任の説もある)、のちに三河へ移り住み松平清康広忠に仕えた。以後服部家は代々松平氏(徳川氏)に仕えている。保長の子である服部正成徳川家康に仕え、譜代家臣として伊賀衆伊賀同心を率い活躍した。正成や配下が居住した麹町付近の江戸城の門は「半蔵門」と呼ばれ、現在も皇居に現存している。

しかし、正成の祖である千賀地家の家格から、伊賀同心らは正成を格下と見て従いたがらなかったという。正成の死後、跡を継いだ長男服部正就と伊賀同心もそれらの確執が元で対立し、正就は些事を咎められ改易となった。次に跡を継いだ正就の弟服部正重は金山奉行である大久保長安の娘婿であったが、長安の死の直後に起きた大久保家の不正蓄財疑惑(大久保長安事件)の影響か、些事を咎められ改易となった。しかし、正重は身柄を預けられた村上藩で以後29年間を村上家堀家に仕えた。村上藩が一時廃藩になると正重は息子と甲州に隠棲していたが、兄・正就と松平定勝の長女・松尾の次男であり桑名藩久松松平家に仕えていた服部正辰が彼らを探し出し、桑名藩へ招かれると、当時の桑名藩主であった松平定綱に上席家老の身分で召し抱えられた。以降、服部半蔵の家系は桑名藩の家老職家(大服部家)として存続する。

明治時代には、桑名藩家老であった十二代服部半蔵正義が三重県の区長等を務め、県の発展に尽くした。

系譜編集

庶流編集

現在も続く庶流として、阿波氏がある。『三国地誌』には阿波越後守の名が見え、この系統は現在も阿波氏館(下ノ館)に居住している。

その他の服部氏編集

本願寺配下の服部氏は、前述の服部氏とは別系統で、伊勢国奄芸郡が発祥とされる。戦国時代の「服部党」当主の服部友貞が有名。尾張国河内を領して伊勢長島城の城主も務めたが、1568年織田信長の謀略にかかり討ち取られ、服部一門は長島一向一揆に参加し織田氏に抵抗し続けた。長島一向一揆崩壊後、服部正友ら服部一門が織田氏の許可を得て復帰し、市江島(現在の弥富市)を開墾。江戸時代には尾張藩の元で大庄屋として存続し、子孫として服部擔風などを輩出した。

陸奥弘前藩の服部氏は、関ヶ原の戦いの時に津軽為信に仕えた服部康成大垣城攻めで功を上げ、筆頭家老となったのが始まりである。系譜の詳しいことは不明だが、本多政重が米沢藩や加賀藩に送りこまれ幕府と折衝をもった点、服部正成の庶子との伝承がある点から家康による津軽藩監視の密命を帯びた可能性も指摘される。

服部党編集

その他編集

芥川賞受賞作家で東京都知事をつとめた石原慎太郎は自身の家系について佐野眞一との対談の中で

うちの本家はそもそも石原ではなく服部なんです。そんな大家でもないけれど、元は、落魄 (らくはく) した士族です。先祖は武田の残党でそれが松山に流れて服部姓を名乗った。弓の名人だったらしく、戦 (いくさ) で七人殺したか、まあ七十人は殺さなかったでしょうが (笑) 、それで七つ矢車の家紋を許された。歴代、服部勘助を名乗った服部本家の血筋をひいている親父の親父が石原家に入って、それ以来石原姓を名乗った — 石原慎太郎、[4]

と述べている。慎太郎の祖父石原信直(警察官)は服部信義の二男である[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 太田亮「服部」『姓氏家系大辞典』第二巻、国民社、1944年、4795-4803頁。
  2. ^ 笹川賢「伊豆国造再論」[1]
  3. ^ 「伊賀天正の乱」(横山高治/新風書房)
  4. ^ 佐野 2003, p. 28.
  5. ^ 佐野 2003, p. 29.

参考文献編集

  • 佐野眞一 『てっぺん野郎 : 本人も知らなかった石原慎太郎』講談社、2003年8月。ISBN 4062119064 
史料
  • 『延喜式』
  • 『伊賀考』
  • 『三国地誌』
  • 『永閑記』
  • 『平家物語』
  • 『源平盛衰記』

外部リンク編集