メインメニューを開く

服間村(ふくまむら)は福井県今立郡にあった。現在の越前市の北東端にあたる。

ふくまむら
服間村
廃止日 1955年3月31日
廃止理由 新設合併
粟田部町、南中山村服間村粟田部町
現在の自治体 越前市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 福井県
今立郡
総人口 3,445
国勢調査1950年
隣接自治体 南中山村、北中山村河和田村岡本村池田村
服間村役場
所在地 福井県今立郡服間村
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

  • 山岳 : 八幡山、高雄山、権現山
  • 河川 : 服部川

歴史編集

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、市野々村・柳村・炭焼村・赤谷村・南中村・大谷村・殿村・長谷村・北坂下村・室谷村・高岡村・朽飯村・藤木村・領家村・東樫尾村・春山村・波垣村・寺地村・横住村・清根村・相ノ木村・西河内村の区域をもって発足。
  • 1955年昭和30年)3月31日 - 粟田部町・南中山村と合併し、改めて粟田部町が発足。同日服間村廃止。

経済編集

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば服間村の篤農家は、「山田權藏、若泉孝治郎、飯田治左衛門、上阪忠七郎、成田伊助、國久榮治郎、為永與左衛門、長谷川太右衛門、仲下彌左衛門、奥谷廣、服部乗誓、奥田豊和、市橋利平、石黒彌太郎、小柏惣左衛門、為永廣吉、石本長左衛門」などである[1]

脚注編集

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』482頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年2月1日閲覧。

参考文献編集

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 角川日本地名大辞典 18 福井県』。

関連項目編集