メインメニューを開く

望月 充(もちづき みつる、1948年10月6日 - )は静岡県富士市出身[1]の元プロ野球選手、コーチ、スコアラー。

望月 充
基本情報
出身地 日本の旗 日本 静岡県富士市
生年月日 (1948-10-06) 1948年10月6日(71歳)
身長
体重
181 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1971年 ドラフト3位
初出場 1972年4月9日
最終出場 1977年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

経歴編集

静岡高では1965年、2年生の時に佐藤竹秀投手の控えとして春の甲子園に出場。登板機会はなく、準々決勝で岡山東商に敗れた[2]。1年上のチームメートに佐藤の他、小田義人服部敏和がいた。翌1966年春季中部大会ではエースとして決勝に進むが、三重高水谷孝と投げ合い完封を喫する。同年夏も県予選で敗れ、甲子園には出場できなかった。

立教大学へ進学し外野手に転向。東京六大学リーグでは優勝には届かなかったが、1年下のエース横山忠夫を擁し、中心打者としてリーグ通算63試合出場、207打数44安打、打率.213、7本塁打、20打点を記録。卒業後は大昭和製紙に入社する。

1971年には小田義人・阪口正晴とクリーンアップを組み、都市対抗野球に出場。1回戦で今西和男日本熱学から補強)がいた電電近畿に敗れる。しかし秋の産業対抗野球では首位打者となる活躍を見せ、エース加藤初の好投もあって、決勝で熊谷組を降し大昭和製紙3度目の優勝を飾る。同年には社会人ベストナインに選出された。

1971年ドラフト3位で阪神タイガースに入団[1]。入団1年目の1972年にはオープン戦で活躍し、新人ながら左翼手、六番打者に定着。後半戦は失速したが92試合に出場、打率.207、7本塁打の成績を挙げた。また、この年にはオールスターにファン投票で選出されている。

その後も外野手の準レギュラーとして活躍するが、1976年に、江夏豊と共に江本孟紀長谷川勉池内豊島野育夫との交換トレードで、南海ホークスに移籍。移籍後は故障もあってあまり出場機会がなく、1977年限りで現役引退した。

打率は低いが、パンチ力のある打撃で左投手にも強く、左打者の多い阪神外野陣で重宝された。

引退後は、フロントに入り、スコアラーなどを務めていた。阪神時代の同僚田淵幸一が監督だった1990年1992年(1990年は一軍、1991年~1992年は二軍)はダイエーのコーチも務めた[3]

その後もダイエーに残り、チームスタッフ・スコアラーと歴任。2000年にはシドニーオリンピック野球日本代表対策のスコアラーとして派遣される。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1972 阪神 92 255 232 22 48 12 0 7 81 21 1 1 3 2 15 1 3 36 4 .207 .262 .349 .611
1973 95 331 294 27 63 8 2 7 96 25 3 3 7 1 22 1 7 48 5 .214 .284 .327 .610
1974 88 273 251 20 58 11 2 9 100 32 0 0 4 0 11 0 7 38 7 .231 .283 .398 .681
1975 76 169 154 9 33 6 1 4 53 12 0 1 1 1 10 3 3 31 1 .214 .274 .344 .618
1976 南海 33 80 72 4 12 2 0 3 23 9 1 0 1 0 5 0 2 19 1 .167 .241 .319 .560
1977 14 25 22 1 2 2 0 0 4 1 0 0 0 0 2 0 1 8 1 .091 .200 .182 .382
通算:6年 398 1133 1025 83 216 41 5 30 357 100 5 5 16 4 65 5 23 180 19 .211 .272 .348 .620

記録編集

初記録
その他記録

背番号編集

  • 29 (1972年 - 1975年)
  • 10 (1976年 - 1977年)
  • 89 (1990年 - 1992年)
  • 101 (1993年 - 1998年)

脚注編集

  1. ^ a b プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、573ページ
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 『ホークス九州20年史―1989-2008 飛翔!若鷹軍団』P99

関連項目編集