メインメニューを開く

望月寒川(もつきさむかわ)は、石狩川水系月寒川支流北海道札幌市を流れる一級河川である。「も」はアイヌ語で「小さい」という意味で、月寒川の支流を意味する。月寒の読みはもと「つきさっぷ」であったが、1940年代前半に「つきさむ」に変更になった。開拓時は「最月寒川」と表記されていた。

望月寒川
望月寒川 2004年3月29日撮影
月寒公園4号橋から西望
水系 一級水系 石狩川
種別 一級河川
延長 14.3 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 -- km²
水源 札幌市豊平区
水源の標高 -- m
河口・合流先 月寒川(札幌市白石区
流域 北海道札幌市
テンプレートを表示

目次

地理編集

北海道札幌市豊平区西岡の低い丘陵地に源を発する。北から北北東に流れて白石区に入り、さらに北東に進路をとり、月寒川に合流する。流路の大半は市街地で、河川敷を持たない小さな川である。

略歴編集

明治時代からすぐに水が溢れるやっかいな川で[1]1960年代に改修工事が行なわれるまでは、しばしば氾濫した。かつてほどではないにせよ、現在も豪雨があると溢れることがある。最近でも、3・4月の雪解けの時期には増水し、溢れたこともある。

  • 2008年 流域の札幌市立澄川中学校で大規模なグラウンド工事を実施。望月寒川増水時、グランド地中に、水を溜め、水が引き次第放水するようになる。
  • 2014年9月11日 大雨特別警報が発表され、国道36号線付近で道路が冠水した。
  • 2017(平成29)年5月 望月寒川から豊平川への放水路トンネル掘削開始予定(2019(平成31)年度末完成予定)。このトンネルにより、望月寒川の流量は最大1/10になると見込まれている。同時に約5.4kmに渡る望月寒川拡幅も行っており、総事業費は約200億円。[2]

流域の自治体編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 札幌市教育委員会『明治の話』233-234頁、236頁。
  2. ^ 北海道新聞(2017(平成29)年3月17日 朝刊)

参考文献編集

  • 札幌市教育委員会・編『明治の話』(さっぽろ文庫26)、北海道新聞社、1983年。