望海 風斗(のぞみ ふうと、10月19日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する男役。雪組トップスター。

のぞみ ふうと
望海 風斗
生年月日 10月19日
出生地 神奈川県横浜市
身長 169cm
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台宝塚歌劇
活動期間 2003年 -
活動内容 2003年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2014年:雪組へ異動
2017年:雪組トップスター就任
公式サイト 望海風斗 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
エリザベート
ファントム
ONCE UPON A TIME IN AMERICA
テンプレートを表示

神奈川県横浜市[1]法政大学女子高等学校出身[1]。身長169cm[1]。愛称は「だいもん」、「ふうと」、「のぞ」[1]

来歴編集

2001年、宝塚音楽学校入学。

2003年、宝塚歌劇団に89期生として次席入団[2][3][4]月組公演「花の宝塚風土記シニョール・ドン・ファン」で初舞台[5][3][6][7][4]。その後、花組に配属[2][3][6][7][4]

2009年、「太王四神記」で新人公演初主演[6][2][3][8][7][9]。同年、「外伝ベルサイユのばら」で2度目の新人公演主演[3]

2010年、桜乃彩音退団公演となる「虞美人」で、自身初となる女役を演じる[3][8]

2012年、「Victrian Jazz」でバウホール公演初主演[6][2][8][9]

2014年、明日海りお蘭乃はなトップコンビ大劇場お披露目となる「エリザベート」で、出世役となる[2]ルキーニに抜擢を受ける[2][7]。同年11月17日付で雪組へと組替え[2][8][4]

2015年、雪組2番手として「アル・カポネ」(ドラマシティ・赤坂ACTシアター公演)で、東上公演初主演[10]

2016年、「ドン・ジュアン」(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ公演)で、2度目の東上公演主演[8][7][11]。自身の出身地でもある横浜で凱旋公演を果たした[8]

2017年7月24日付で雪組トップスターに就任[12][9][2][4]。相手役に真彩希帆を迎え、「ひかりふる路/SUPER VOYAGER!」で大劇場トップコンビお披露目[2]

2021年4月11日、「fff/シルクロード」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団することが発表された[13][14]新型コロナウイルス感染拡大による公演休止に伴うスケジュールの変更により、当初の予定より半年遅れての退団となる[15][13]予定。同時退団となる相手役の真彩とのコンビは、劇団随一の歌唱力を誇り[16]、平成・令和を代表するトップスターと評された[11]

エピソード編集

入団前からの熱心な宝塚ファンであり、元月組トップスター・天海祐希に語りかけるようにして日記を書いていたことがある[9]

東京五輪の聖火リレーで、自身の出身である神奈川県内の走者の1人に決定していた[9]

2020年5月に発売となった「an・an」では、現役トップスターとして初めて同誌の表紙を飾った[17]

主な舞台編集

初舞台編集

花組時代編集

雪組時代編集

雪組トップスター時代編集

出演イベント編集

  • 2003年6月、『TCAスペシャル2003 ディア・グランド・シアター』
  • 2004年1月、『逸翁デー-タカラヅカ・ホーム・カミング-』
  • 2004年9月、『レビュー記念日』
  • 2005年4月、『TCAスペシャル2005 ビューティフル・メロディー ビューティフル・ロマンス』(コーラス)
  • 2005年7月、『宝塚パリ祭2005-Souvenir Pour Aurevoir-』
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2006年4月、蘭寿とむディナーショー『Sensation!』
  • 2007年1月、小林一三没後50年追悼スペシャル『清く正しく美しく』-この教え護り続けて-
  • 2009年12月、『タカラヅカスペシャル2009〜WAY TO GLORY〜』
  • 2010年4月、桜乃彩音ミュージック・サロン『evergreen-春風のように-』
  • 2010年12月、『タカラヅカスペシャル2010〜FOREVER TAKARAZUKA〜』
  • 2011年3月、真飛聖ディナーショー『For YOU』
  • 2011年12月、『タカラヅカスペシャル2011〜明日に架ける夢〜』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ』〜プレ・プレ・センテニアル〜
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』
  • 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』
  • 2016年5月、『井上芳雄シングスディズニー〜ドリーム・ゴーズ・オン!』(外部出演)[7][12][9]
  • 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』
  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年5月、『凱旋門』前夜祭
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年12月、『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』

TV出演編集

広告・CM出演編集

受賞歴編集

  • 2009年、『阪急すみれ会パンジー賞』 - 新人賞
  • 2010年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2009年度新人賞
  • 2015年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2014年度努力賞
  • 2017年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2016年度努力賞
  • 2019年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2018年度優秀賞
  • 2020年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2019年度特別賞

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、67頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 怪人のバトン受け臨む「ファントム」/望海風斗日刊スポーツ
  3. ^ a b c d e f g h i j フェアリーインタビューウィズたからづか
  4. ^ a b c d e 宝塚史上屈指の“歌うまトップコンビ”雪組・望海風斗&真彩希帆が10月に退団へスポーツ報知
  5. ^ a b 望海風斗プロフィールかんぽドリームシアター
  6. ^ a b c d e f g h i j k 望海風斗さんインタビュー宝塚歌劇団プロジェクト
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m 『井上芳雄シングスディズニー〜ドリーム・ゴーズ・オン!〜』第2回ゲスト:望海風斗さんオモシィより
  8. ^ a b c d e f g h i j k レオ様の寂しげな目で演じるプレーボーイ/望海風斗日刊スポーツ
  9. ^ a b c d e f g h i 雪組トップコンビ望海風斗&真彩希帆10・11退団日刊スポーツ
  10. ^ a b 望海風斗の圧倒的な歌唱力が光る異色作『アル・カポネ』宝塚ジャーナル
  11. ^ a b c d e f 宝塚歌劇雪組・望海風斗が退団会見「すごく早い“退団ブルー”が訪れて…」スポーツ報知
  12. ^ a b c 雪組トップ、望海風斗さんが就任へ 相手役は真彩希帆さん産経WEST
  13. ^ a b c 雪組トップ望海風斗と真彩希帆退団は来年4月11日日刊スポーツ
  14. ^ a b 凪七瑠海のバウホール公演決定、月組トップコンビの退団日・今後のスケジュールも明らかにステージナタリー
  15. ^ 宝塚雪組トップ望海風斗、月組トップ珠城りょうらが異例の退団日変更デイリースポーツ
  16. ^ a b c 望海風斗 宝塚退団を決意した瞬間 舞台に立つ仲間の姿に「涙がツーっと…」スポニチAnnex
  17. ^ “望海風斗さんの表紙撮影の様子を紹介! 『ジャパンエンタメの底力。』anan2201号” (日本語). ananニュース - マガジンハウス. https://ananweb.jp/news/290252/ 2020年8月15日閲覧。 
  18. ^ 望海風斗×浅田真央、『SWITCHインタビュー』で響きあうオリコンニュース
  19. ^ POND’S×宝塚歌劇キャンペーンユニリーバ・ジャパン

外部リンク編集