メインメニューを開く

朝のヒットスタジオ

朝のヒットスタジオ』(あさのヒットスタジオ)は、フジテレビ(FNN・FNS)系列で放送されている平日朝のワイドショー・情報番組『情報プレゼンター とくダネ!』の1コーナーである。番組内での通称は朝ヒット。コーナー進行は長谷川豊アナウンサー。2007年10月4日より2009年3月26日まで毎週木曜日のレギュラー企画として放送された。

当初、レギュラー終了後にも「不定期でコーナーを行う予定」と伝えられていたが長らく実現に至らず[1]、根強い人気からコーナー復活の要望が多数寄せられていた[2]が、2010年2月11日の放送において一日限りの復活を果たし、更に3ヶ月後の5月27日にも復活、以降は不定期に放送されることになっていた[3]が、近年は放送していない。

目次

コーナー趣旨編集

このコーナーでは、昭和・平成と一世風靡した曲を、オリジナルのミュージシャンを迎え、スタジオで生演奏で披露する。また、その曲がヒットしていた年度の世相を振り返るほか、ゲストミュージシャンの曲にまつわる伝説を紐解いて行く。

コーナー題は、同局のヒット番組「夜のヒットスタジオ」(1968年11月4日1990年10月3日放送、全1133回)から由来しており、タイトルロゴも本家初代(〜1985年3月25日)と同じものを使用。また、タイトルバックは本家初代のものをCGで再現(2008年10月2日よりタイトル音楽を変更)。オープニングバックの後、BGMで当時の「夜ヒット」のエンディングのオリジナルテーマ曲(作曲:広瀬健次郎)が流れる。

コーナーの最後にゲストアーティストが歌声で天気担当の天達武史「天達(君、さん)〜(お願いします、など)!!」と呼ぶのがお約束である[4]

出演者編集

放送日 曲名 歌手
07.10.04 悲しみがとまらない 杏里
07.10.11 ダンシング・オールナイト もんた&ブラザーズ
07.10.18 何も言えなくて…夏 JAYWALK
07.10.25 唇よ、熱く君を語れ
かもめが翔んだ日
渡辺真知子
07.11.01 ガンダーラ
銀河鉄道999
ゴダイゴ
07.11.08 You may dream シーナ&ザ・ロケッツ
07.11.15 燃えろいい女
銃爪
世良公則
(元世良公則&ツイスト)
07.11.22 ひだまりの詩 藤田恵美
Le Couple
07.11.29 Get Along Together
〜愛を贈りたいから〜
山根康広
07.12.06 シクラメンのかほり 小椋佳
07.12.13 いつまでも変わらぬ愛を 織田哲郎
07.12.20 クリスマスキャロルの頃には 稲垣潤一
07.12.27 Mr.サマータイム
アメリカン・フィーリング
サーカス
08.01.10 ボヘミアン 葛城ユキ
08.01.17 最後の雨 中西保志
08.01.24 My Revolution 渡辺美里
08.01.31 シルエット・ロマンス 大橋純子
08.02.07 夏の日の1993 class
08.02.14 ヒーロー 麻倉未稀
08.02.21 安奈 甲斐よしひろ
08.02.27 なごり雪 イルカ
08.03.06 てんとう虫のサンバ チェリッシュ
08.03.13 ふたりの夏物語
-NEVER ENDING SUMMER-
杉山清貴
08.03.20 You're the Only… 小野正利
08.03.27 贈る言葉 海援隊
08.04.03 CRAZY GONNA CRAZY
EZ DO DANCE
TRF
08.04.10 想い出がいっぱい 中沢堅司
(元H2O)
08.04.17 青葉城恋唄 さとう宗幸
08.04.24 Woman 中西圭三
08.05.01 飛んでイスタンブール 庄野真代
08.05.08 会いたい 沢田知可子
08.05.15 True Colors シンディ・ローパー
08.05.22 カリフォルニア・コネクション 水谷豊
08.05.29 翼の折れたエンジェル 中村あゆみ
08.06.05 このまま君だけを奪い去りたい DEEN
08.06.12 ペガサスの朝 五十嵐浩晃
08.06.19 そして僕は途方に暮れる 大澤誉志幸
08.06.26 知床旅情 加藤登紀子
08.07.03 私のハートはストップモーション 桑江知子
08.07.10 岬めぐり 山本コウタロー
ウイークエンド
08.07.17 モンロー・ウォーク 南佳孝
08.07.31 Time goes by Every Little Thing
08.08.07 TOMORROW 岡本真夜
08.08.28 谷村新司
08.09.04 きみの朝 岸田敏志
08.09.11 突然 浅岡雄也
(元FIELD OF VIEW)
08.09.18 SHOW ME 森川由加里
08.09.25 君は薔薇より美しい 布施明
08.10.02 春夏秋冬 泉谷しげる
08.10.09 TAXI 鈴木聖美
08.10.16 誰より好きなのに 古内東子
08.10.23 まちぶせ 石川ひとみ
08.10.30 Give me a Shake MAX
08.11.06 シャイニン・オン 君が哀しい 鈴木トオル
(元LOOK)
08.11.13 部屋とYシャツと私 平松愛理
08.11.20 サイレント・イヴ 辛島美登里
08.11.27 翼をください 山本潤子
08.12.04 Sweet Emotion 相川七瀬
08.12.11 冬のファンタジー カズン
08.12.18 悲しい色やね 上田正樹
08.12.25 White Love(Re Track) SPEED
09.01.08 WON'T BE LONG バブルガム・ブラザーズ
09.01.15 私鉄沿線 野口五郎
09.01.22 タッチ 岩崎良美
09.01.29 ハイスクールララバイ イモ欽トリオ
09.02.05 あなただけ見つめてる 大黒摩季
09.02.12 SACHIKO ばんばひろふみ
09.02.19 Hold On Me 小比類巻かほる
09.02.26 CHA-CHA-CHA 石井明美
09.03.05 KNOCKIN' ON YOUR DOOR 黒沢健一
(L⇔R)
09.03.12 限界LOVERS SHOW-YA
09.03.19 それが大事 大事MANブラザーズオーケストラ
09.03.26
(レギュラー
最終回)
燃えろいい女 世良公則
何も言えなくて…夏 JAYWALK
My Revolution 渡辺美里
10.02.11
(不定期)
何も言えなくて…夏 JAYWALK
ワインレッドの心 安全地帯(VTR出演)
大きな玉ねぎの下で 〜はるかなる想い サンプラザ中野くん爆風スランプ
ら・ら・ら 大黒摩季
10.05.27 そのままの君でいて 岡本真夜
10.06.10 関白宣言 さだまさし
10.06.24 アコースティック・メドレー
(ワインレッドの心〜恋の予感
〜悲しみにさよなら)
安全地帯
10.07.08 赤道小町ドキッ 山下久美子
10.08.05 タイガー&ドラゴン クレイジーケンバンド
11.02.16 栄光の架橋
Hey和
ゆず

メディア展開編集

ライブ・コンサート編集

朝のヒットスタジオLIVE編集

朝のヒットスタジオコンサート編集

コンピレーションCD編集

  • 歴代出演者によるコンピレーションアルバムとして「とくダネ! 朝のヒットスタジオ」シリーズが、曲の所有権を持つ各レコード会社がひとつのシリーズ作品を順番にリリースしていくという趣旨により、2008年12月から2009年8月まで5枚がリリースされた。
  • TVCMには、小倉と番組で天気予報を担当している天達武史が登場した(Vol.1初回生産分に限り小倉の声による「アマタツ〜!」携帯着声プレゼントキャンペーンを実施した)。またCMのBGMには水谷豊の「カリフォルニア・コネクション」が使用された。
  • 今まで発売されたシリーズ5作品と、特典CD(オリジナルカラオケ10曲収録)1枚をセットにした合計6枚のCDボックスセット「とくダネ!朝のヒットスタジオDX」が2009年12月7日に限定発売された[7]

ラインナップ編集

2008年5月8日9月4日に出演したアーティスト(一覧参照)の曲を収録。
  1. 会いたい沢田知可子
  2. True Colors/シンディ・ローパー
  3. カリフォルニア・コネクション水谷豊
  4. 翼の折れたエンジェル中村あゆみ
  5. このまま君だけを奪い去りたいDEEN
  6. ペガサスの朝/五十嵐浩晃
  7. そして僕は途方に暮れる/大沢誉志幸
  8. 知床旅情加藤登紀子
  9. 私のハートはストップモーション/桑江知子
  10. 岬めぐり/山本コウタローとウィークエンド
  11. モンロー・ウォーク/南佳孝
  12. Time goes byEvery Little Thing
  13. TOMORROW岡本真夜
  14. 谷村新司
  15. きみの朝/岸田智史
  1. 悲しみがとまらない杏里
  2. ダンシング・オールナイトもんた&ブラザーズ
  3. 何も言えなくて…夏/JAYWALK
  4. 唇よ、熱く君を語れ/渡辺真知子
  5. かもめが翔んだ日 (スタジアム・バージョン)/渡辺真知子
  6. ガンダーラゴダイゴ
  7. 銀河鉄道999/ゴダイゴ
  8. You may dream/シーナ&ロケッツ
  9. 銃爪世良公則&ツイスト
  10. 燃えろいい女/ツイスト
  11. ひだまりの詩Le Couple
  12. Get Along Together 〜愛を贈りたいから〜山根康広
  13. シクラメンのかほり小椋佳
  14. いつまでも変わらぬ愛を(セルフカバーver.)/織田哲郎
  15. クリスマスキャロルの頃には稲垣潤一
  16. Mr.サマータイム/サーカス
  17. アメリカン・フィーリング/サーカス
  18. ボヘミアン葛城ユキ
  19. 最後の雨中西保志
  1. My Revolution渡辺美里
  2. シルエット・ロマンス大橋純子
  3. 夏の日の1993class
  4. ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO麻倉未稀
  5. 安奈/甲斐バンド
  6. なごり雪イルカ
  7. てんとう虫のサンバ/チェリッシュ
  8. ふたりの夏物語 -NEVER ENDING SUMMER-杉山清貴&オメガトライブ
  9. You're the Only…小野正利
  10. 贈る言葉海援隊
  11. CRAZY GONNA CRAZYTRF
  12. EZ DO DANCE/TRF
  13. 想い出がいっぱいH2O
  14. 青葉城恋唄さとう宗幸
  15. Woman中西圭三
  16. 飛んでイスタンブール庄野真代
  1. 突然FIELD OF VIEW
  2. SHOW ME森川由加里
  3. 君は薔薇より美しい布施明
  4. 春夏秋冬泉谷しげる
  5. TAXI鈴木聖美
  6. 誰より好きなのに古内東子
  7. まちぶせ石川ひとみ
  8. Give me a ShakeMAX
  9. シャイニン・オン 君が哀しい/LOOK
  10. 部屋とYシャツと私平松愛理
  11. サイレント・イヴ辛島美登里
  12. 翼をください赤い鳥
  13. Sweet Emotion相川七瀬
  14. 冬のファンタジー/カズン
  15. 悲しい色やね/上田正樹
  1. WON'T BE LONGバブルガム・ブラザーズ
  2. 私鉄沿線野口五郎
  3. タッチ岩崎良美
  4. ハイスクールララバイイモ欽トリオ
  5. あなただけ見つめてる(セルフカバーベスト「LUXURY 22-24pm」収録Ver.)/大黒摩季
  6. SACHIKO/ばんばひろふみ
  7. Hold On Me小比類巻かほる
  8. CHA-CHA-CHA石井明美
  9. KNOCKIN' ON YOUR DOORL⇔R
  10. 限界LOVERSSHOW-YA
  11. それが大事大事MANブラザーズバンド
  12. 燃えろいい女(セルフカバーアルバム「照」収録Ver.)/世良公則
  13. 何も言えなくて…夏 2008/JAYWALK
  14. My Revolution(セルフカバーアルバム「Dear My Songs〜うたの木」収録Ver.)/渡辺美里

他番組での宣伝編集

  • 2008年12月25日放送の「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングに小倉が出演、発売されたばかりのアルバムVol.1・2の2枚と宣伝用のポスターを持参。会場にいる100人の女性にアンケートを行う「100分の1アンケート」で「Vol.1と2両方購入した人」と質問したが、結果は0人だったため、景品のタモリストラップが貰えず、悔し紛れに「地雷だ、やっぱり地雷だった!」「こんな良いアルバムをこんだけ(100人)いて誰も買ってない!」と一言。ついでに「Vol.1と2のどちらか1枚購入した人」についても質問したがそれも0人だったため、小倉は「音楽に理解がないのか! 木曜日の朝ヒット見てないのか!」と言い放つ。さらに冗談混じりに「帰りに俺、そこで手売りするぞ」と発言したが、司会のタモリから「歌手じゃないですから」と突っ込まれた[8]

スペシャル番組編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ その理由として、2009年8月26日放送『情報プレゼンター とくダネ!』のエンディングにおいて「朝の時間に生出演、口パクは許さず、という条件のためなかなか難しい」 と述べられていた。
  2. ^ 2009年12月7日放送『スパイスTV どーも☆キニナル!』枠内「楠田枝里子のいいものプレミアム」コーナーにおける小倉智昭の発言より。
  3. ^ 2010年5月27日放送の朝のヒットスタジオ冒頭で小倉智昭が発表した
  4. ^ 2011年9月14日放送の同番組でも、ゲスト出演したミゲル・ゲレイロが、「消臭力のうた」をパロディにして「アマタツ〜」と呼びかけていた。
  5. ^ お台場合衆国2013:とくダネ!ライブ
  6. ^ ボーカルの中村耕一(当時)が覚せい剤取締法違反で逮捕されたため。
  7. ^ とくダネ!朝のヒットスタジオDX(ディノス)
  8. ^ その後、小倉はお友達紹介(当時の形式)で高橋尚子(元マラソン選手シドニーオリンピック女子マラソン金メダリスト)につないだ。

関連項目編集

外部リンク編集