メインメニューを開く
前橋八幡山古墳全景

朝倉・広瀬古墳群(あさくらひろせこふんぐん)は現在の群馬県前橋市内に位置し、赤城山山麓に広がる前橋台地に形成された八幡山古墳前橋天神山古墳を中心とする古墳群である。

目次

概要編集

朝倉・広瀬古墳群を形成する古墳は4世紀から6世紀にかけて造られた。最も古い八幡山古墳は4世紀後半に造られた前方後円墳で全長130mあり東日本最大の規模である。前橋天神山古墳も4世紀頃に造られた古墳で全長129mある。6世紀には全長104mの天川二子山古墳が造られ、その他にも前方後円墳や円墳がひしめくように造られ群馬県最大の古墳群が形成されている。

脚注編集

参考文献編集

  • 前橋市教育委員会 『新版 前橋の文化財』 前橋市教育委員会管理部文化財保護課、2011年。

関連項目編集

外部リンク編集