メインメニューを開く
前橋八幡山古墳全景

朝倉・広瀬古墳群(あさくらひろせこふんぐん)は現在の群馬県前橋市内に位置し、赤城山山麓に広がる前橋台地に形成された八幡山古墳前橋天神山古墳を中心とする古墳群である。

目次

概要編集

朝倉・広瀬古墳群を形成する古墳は4世紀から6世紀にかけて造られた。最も古い八幡山古墳は4世紀後半に造られた前方後円墳で全長130mあり東日本最大の規模である。前橋天神山古墳も4世紀頃に造られた古墳で全長129mある。6世紀には全長104mの天川二子山古墳が造られ、その他にも前方後円墳や円墳など推定200基がひしめくように造られ群馬県最大の古墳群が形成されている。現在は史跡になっている6基など10基ほどが残るのみとなっている。

主要古墳

天川二子山古墳

・不二山古墳(全長55mの前方後円墳)

前橋八幡山古墳

前橋天神山古墳

・朝倉2号墳(直径23mの円墳)消滅

・鶴巻塚古墳(全長約75mの前方後円墳)消滅

・長山古墳(全長75mの前方後円墳)消滅

・上川淵村86号墳(全長推定80m)消滅

・飯玉神社古墳(墳丘形、規模不明。円墳か)

・大屋敷古墳(全長81mの前方後円墳)消滅

・鶴巻山古墳(全長80mの前方後円墳)消滅

・上両家二子山古墳(全長80mの前方後円墳) 消滅

・オトウカ山古墳(直径30mの円墳)消滅

・亀塚山古墳(全長63mのホタテ貝型古墳)

・大塚北古墳(14m四方の方墳)消滅

・文珠山古墳(直径50mの円墳)

・阿弥陀山古墳(全長25mの帆立貝型古墳)

・山王金冠塚古墳(全長53mの前方後円墳)

・山王大塚古墳(直径44mの円墳)消滅

・薬師山古墳(直径24mの円墳)消滅

なお、長山古墳、大屋敷古墳、鶴巻山古墳は未調査のまま消滅したため、全容は分かっていないが、長山古墳、大屋敷古墳は墳丘の削平中にブロック状に加工された安山岩と思われる石材が多数見つかっていることから、埋葬施設は横穴式石室だったと思われる。

上両家二子山古墳は、墳丘破壊前から周堀内から多数の埴輪片が採集されており、調査の結果、4世紀後半~5世紀前半に築造された可能性が高い。

朝倉2号墳は、数少ない消滅前に発掘された古墳で、鉄剣や鉄鏃が見つかった。盗掘はほとんど受けていなかった。築造年代は前橋天神山古墳の直後と思われる。

上川淵村86号墳は墳丘を大正以前に破壊されていたため、詳細はほとんど分かっていない。

脚注編集

参考文献編集

  • 前橋市教育委員会『新版 前橋の文化財』前橋市教育委員会管理部文化財保護課、2011年。

関連項目編集

外部リンク編集