朝倉正昭(あさくら まさあき[1]1941年3月[2] - )は、日本の教育学者、国士舘大学体育学部名誉教授、元同大学学長。専門分野:体育科教育学。学位:体育学(学士)、経済学(学士)。

来歴・人物編集

鹿児島県出身[1][2]鹿児島県立加治木高等学校卒業[3]1963年3月、国士舘大学体育学部卒業[1][2]1967年3月国士舘大学政経学部二部卒業[1][2]

1963年より国士舘大学体育学部助手、1970年より講師、1973年より助教授[4]1986年より国士舘大学体育学部教授[1][2][4]1992年国士舘大学体育学部教務主任、同年日本体育学会体育科教育学専門分科会理事長、1996年日本体育科教育学会理事長、2000年国士舘大学体育学部附属体育研究所長、2003年全日本学生体操連盟会長、2004年国士舘大学生涯学習センター長、2006年国士舘大学学生部長、2007年国士舘大学就職センター長を歴任し、2009年12月より国士舘大学学長[1][2]2013年国士舘大学名誉教授。また、1996年アトランタオリンピックシドニーオリンピックの新体操監督をつとめた[1][2]2006年藍綬褒章受章、2018年瑞宝中綬章受章[2]

所属学会等編集

  • 日本体育学会
  • 日本スポーツ方法学会
  • 日本スポーツ法学会
  • 日本体育科教育学会
  • 日本ゴルフ学会

関連項目編集

先代:
若林克彦
国士舘大学学長
2009年 - 2012年
次代:
三浦信行
  1. ^ a b c d e f g 国士舘要覧2011 学長挨拶 2020年1月2日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h 国士舘大学同窓会「元国士舘大学学長 朝倉正昭先生『瑞宝中綬章』を受章 平成30年11月12日」 2020年1月2日閲覧
  3. ^ 鹿児島県立加治木高等学校ブログ(2012年4月20日) 2020年1月2日閲覧
  4. ^ a b ResearchMap 朝倉正昭 2012年12月3日更新、2020年1月2日閲覧