メインメニューを開く

朝倉等月

江戸時代の画家

朝倉 等月(あさくら とうげつ、元禄13年(1700年)- 宝暦10年(1760年6月)は、江戸時代の人物。徳山藩周防国)の御用絵師

朝倉家は代々徳山藩に御用絵師として仕え、等月はその2代目に当たる。初代・朝倉等収の長男で、子は三代・朝倉等泉。名は友信。左五郎、与門、記内、甚五郎、甚七と称し、等月と号した。

雲谷派雲谷等全に師事し、徳山藩に仕えたが、宝暦8年(1758年3月27日に家柄断絶となり、宝暦10年6月に61歳で没する。 等月の主な作品としては、父との合作である、遠石八幡宮の「昇降龍之図幟」があげられる。