メインメニューを開く

朝妻 一(あさづま はじめ、1973年7月28日 - )は、フジテレビジョン編成局制作センター第2制作室所属のテレビプロデューサー東京都狛江市出身。日本大学櫻丘高等学校日本大学法学部新聞学科卒業後、1996年株式会社フジテレビジョン[1]入社。

朝妻一
生誕 1973年7月28日
東京都狛江市
職業 フジテレビジョン会社員/テレビプロデューサー
配偶者 あり

目次

来歴・人物編集

は、フジパシフィックミュージック代表取締役会長の朝妻一郎。以前は吉田正樹(現・ワタナベエンターテインメント代表取締役会長)が関わる番組制作に深く携わっていた。現在も吉田と関係の深いタレント(ネプチューンなど)と頻繁に仕事をしている。

AP(アシスタントプロデューサー)時代は「笑う犬の冒険」内のコント「アナウンサー学校」で先生役の堀内健が唱和させる発声練習の短文において、「AP朝妻、出世でスーツ」や「AP朝妻、子作り失敗」「AP朝妻、IMAGICAでぐっすり」「AP朝妻、接待ゴルフでぶっち切り優勝」「AP朝妻、そろそろAPのAの字を取ってもいいんじゃねえの宣言」「AP朝妻、週末は嫁と一緒にマンション建設反対運動」などと毎回のようにいじられ、このコントでは準レギュラー扱いであった(2008年に放送された笑う犬の復活スペシャルでは「プロデューサー(P)朝妻」として再びネタにされた)。その後他番組のAPを経て、「トーキョープラズマボーイズ」でプロデューサーに昇格。

また、プロデューサー昇格後の「お台場明石城-YAMATO-」で報道記者(当時)の高田圭太とプレゼン対決をするも敗北。その後の「お台場明石城-NOMAD-」では山本布美江ディレクターと対決。山本のプレゼンは朝妻よりも酷評されていたにも関わらず敗北している。なお、「お台場明石城-NOMAD-」プロデューサーの朝倉千代子と、テレビプロデュースユニット「W Morning」を一時的に組んだ事も。

最近では、「初詣!爆笑ヒットパレード」などの大型特別番組のプロデューサーを任されている。

2017年7月1日付で改称。以前は、編成制作局バラエティー制作センター、2016年6月28日からは制作局第2制作センターだった。

現在の担当番組編集

過去の担当番組編集

チーフプロデューサー編集

レギュラー
特番

プロデューサー編集

レギュラー
特番

AD・ディレクター編集

レギュラー

脚注編集

  1. ^ 法人格は現在のフジ・メディア・ホールディングス
  2. ^ 開始当初から2014年6月まで担当し、その後一時離脱していたが、2015年10月より復帰。

関連項目編集