朝日のごとくさわやかに

シグマンド・ロンバーグが作曲した歌

朝日のごとくさわやかに」(あさひのごとくさわやかに、英語: Softly, as in a Morning Sunrise)は、オスカー・ハマースタイン2世作詞、シグマンド・ロンバーグ作曲のジャズ・スタンダードとして知られる楽曲[1][2]1928年オペレッタニュー・ムーン英語版』のために書かれた[1][2]。歌詞の内容は、失恋を悔やむものである。当初は物憂げなタンゴの曲調で演奏されていたが、1940年ごろアーティー・ショウ楽団などによりスウィング・ジャズのリズムで演奏されるようになった[3]。1950年ごろには一旦ジャズ・プレイヤーから忘れられていたが、モダン・ジャズ・カルテットが取り上げて以降、クール・ジャズモード・ジャズフリー・ジャズなど様々な解釈の可能性が試され、ジャズ・スタンダードして定着するに至っている[3]

演奏史編集

この曲は当初のオペレッタニュー・ムーン英語版』(1928年)においては、物憂げなタンゴのリズムで演奏され、主人公の親友であるフィリップ(英語: Philippeテノール[4]によって歌われていた。同時期にナット・シルクレットによるSPが発売されており、同様の演奏を聴くことができる。1940年版の映画『ニュウ・ムウン』では、ネルソン・エディバリトン)が歌唱している[1]

1930年代には、アーティー・ショウ楽団がレパートリーに加え、タンゴのリズムから4/4拍子スウィングのリズムに変化している。その後、ベニー・グッドマンウディ・ハーマンも演奏したが、1950年ごろにはジャズ・プレイヤーからほとんど忘れ去られていた[3]

1950年代中ごろこの曲は再発見され、多くのモダン・ジャズの演奏者によって可能性を試されることとなった。モダン・ジャズ・カルテットカノン対位法を導入し、ほかのクール・ジャズの奏者を触発した。暗い短調の雰囲気により、ソニー・ロリンズソニー・クラークリー・モーガンといったハード・バップの奏者にも積極的に採用された。ジョン・コルトレーンの演奏からは、そのシンプルなコード進行がモード・ジャズに適していることも聴き取れる[3]。また、このころから女性ジャズ・シンガーによってもしばしば録音されるようになっている。

1960年代に入ると、エリック・ドルフィーアルバート・アイラーといったフリー・ジャズの演奏者による新たな解釈も示された。その他、ラテン・ジャズスムース・ジャズなどとしても演奏され、ジャズ・スタンダードとして定着するに至っている[3]

日本語の訳題編集

原題「Softly, as in a Morning Sunrise」は、コーラス冒頭(その前にヴァースがあるが、しばしば省略される)そのままであるが[5][6]、日本語では「朝日のごとくさわやかに」とされることが多く、また、文体を改め「朝日のようにさわやかに」とされることもある。「朝日のごとく さわやかに」は、明治天皇の御製(1909年)に見える語句である[7]

村井 2004, p. 17 はモダン・ジャズ・カルテットによる演奏を評して『さわやかに』のイメージにピッタリ」であるが、原題は「朝日のようにそっと」なので、「別にさわやかである必要もないわけだが……と述べ、またソニー・ロリンズによる演奏については、『さわやか』とは正反対の濃厚な味わいと評している。

主なカヴァー編集

男声ボーカル編集

アーティスト 発売年 /

録音年

収録アルバム等 YouTube

[註 1]

ナット・シルクレットCond.)

ヴィクター管弦楽団

フランクリン・バウアー英語版Ten.

1929 シングル盤[1][8]
ジャック・ハイルトン英語版楽団

ft. ジョージズ・メタクサー(英語: George Metaxa[9]

1929 シングル盤[10]
ネルソン・エディBar. 1940 シングル盤[11]
ウディ・ハーマン 不明 /

1944

放送録音[3][12]
ビング・クロスビー

w/ バディ・コール英語版・トリオ

1957 ニュー・トリックス英語版 💽
ボビー・ダーリン 1959 ザッツ・オール英語版 💽
ジミー・ジャスティス 1962 The Two Sides of Jimmy Justice[13] 💽
リチャード・タッカー(Bar.)

w/ スキッチ・ヘンダーソン英語版

1963 The Fabulous Voice of Richard Tucker[14][15] [註 2]
フランク・シナトラJr英語版 2006 That Face! 💽


女声ボーカル編集

アーティスト 発売年 収録アルバム等 YouTube

[註 1]

ジューン・クリスティ

w/ ピート・ルゴロ英語版楽団

1954 サムシング・クール英語版(モノラル) 💽
1960 サムシング・クール(ステレオ再録) 💽
ヘレン・メリル 1958 ザ・ニアネス・オブ・ユー 💽
アビー・リンカーン 1959 アビー・イズ・ブルー英語版 💽
ロレツ・アレキサンドリア英語版 1962 ディープ・ルーツ英語版 💽
ナンシー・ウィルソン

w/ グレート・ジャズ・トリオ

1982 ホワッツ・ニュー
ダイアン・リーヴス 1991 I Remember[16] 💽
ロザンナ・ヴィトロ英語版 1993 Softly
ジェニー・エヴァンス英語版

w/ ダスコ・ゴイコヴィッチ

1997 シャイニー・ストッキングス(英語: Shiny Stockings[17]
カトリーヌ・マドセン英語版 2006 Supernatural Love 💽
ケイコ・リー 2009 フラジャイル英語: Fragile[18]
ドリーン・シャファー英語版

w/ the Moon Invaders

2009 Groovin’ [19]
ヒラリー・コール英語版

w/ ベニー・グリーン

2010 ユー・アー・ゼア~デュエッツ(英語: You Are There[20]
渚ようこ 2014 シングル盤[21]

混声ボーカル編集

アーティスト 発売年 収録アルバム等 YouTube
レイ・コニフ楽団&合唱団 1960 Say It with Music (A Touch of Latin)[22][註 3] 💽
ロバート・ショウ (Cond.)

ロバート・ショウ合唱団英語版

RCAビクター交響楽団英語版

1962 Yours Is My Heart Alone[23][24]

インストゥルメンタル編集

アーティスト 発売年 /

録音年

収録アルバム等 YouTube

[註 1]

アーティ・ショウ楽団 1938 シングル盤[25][26][註 4]
ベニー・グッドマンCl. 不明 /

1939年

放送録音[3][27]
マントヴァーニ楽団 1954 Plays The Music of Sigmund Romberg[28] 💽
モダン・ジャズ・カルテット 1955 コンコルド英語版[25][29][註 5][註 6] 💽
穐吉敏子Pf.トリオ 1956 ザ・トシコ・トリオ英語版 💽
リー・モーガンTp.

w/ ハンク・モブレー・カルテット

1956 イントロデューシング・リー・モーガン 💽
アル・コーンSax.

w/ オーシー・ジョンソン英語版ミルトン・ヒントン英語版ハンク・ジョーンズフランク・リハク英語版

1957 コーン・オン・ザ・サキソフォン英語版 💽
ソニー・ロリンズ(Sax.) 1957 ヴィレッジ・ヴァンガードの夜[25][31] 💽
テリー・ギブス英語版Vib. 1957 ジャズ・バンド・ボール(セカンド・セット)(英語: A Jazz Band Ball (Second Set) 💽
バディ・デフランコ楽団 1979 /

1957年

クローズド・セッション(英語: Closed Session[32] 💽
バド・シャンク英語版(Sax.)・カルテット

ft. クロード・ウィリアムソン英語版

1957 バド・シャンク・カルテット英語版 💽
ソニー・クラーク(Pf.)

w/ ポール・チェンバース、フィリー・ジョー・ジョーンズ

1958 ソニー・クラーク・トリオ英語版[25] 💽
ビンス・ガラルディ英語版(Pf.)・トリオ 1958 A Flower Is a Lovesome Thing 💽
ポール・チェンバースBa.・クインテット

w/ ドナルド・バードクリフ・ジョーダントミー・フラナガンエルヴィン・ジョーンズ

1958 ポール・チェンバース・クインテット英語版 💽
ウィントン・ケリー(Pf.)

w/ ポール・チェンバース、ジミー・コブ

1959 ケリー・ブルー英語版 💽
スタンリー・ブラック(Pf.) 1959 南国のセレナード(英語: Friml & Romberg: in Cuban Moonlight[33] 💽
ソニー・クリス(Sax.) 1959 アット・ザ・クロスロード(英語: At the Crossroads 💽
ウィル・デイヴィス英語版(Pf.)・トリオ 1959 ハヴ・ムード・ウィル・コール(英語: Have Mood Will Call....[34][35] 💽
アーネット・コブ(Sax.) 1960 Movin’ Right Along 💽
アート・ペッパー(Sax.)

w/ ウィントン・ケリー、ポール・チェンバース、ジミー・コブ

1960 ゲッティン・トゥゲザー英語版 💽
シャーリー・ホーン(Pf.) 1960 Embers and Ashes[註 7] 💽
ジャッキー・デイヴィス英語版Org. 1960 Tiger on the Hammond[36] 💽
ルー・ドナルドソン(Sax.) 1960 サニー・サイド・アップ英語版 💽
ハワード・マギー(Tp.)

w/シェリー・マンフィニアス・ニューボーンリロイ・ヴィネガー英語版

1961 マギーズ・バック・イン・タウン英語版 💽
ボビー・ティモンズ(Pf.)・トリオ 1961 イン・パーソン英語版 💽
ロン・カーター(Ba.)

w/ エリック・ドルフィーマル・ウォルドロン

1961 ホエア英語版 💽
ジョン・コルトレーン(Sax.) 1962 ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード[25][註 8] 💽
アルバート・アイラー(Sax.) 不明[註 9]/

1962年

ザ・ファースト・レコーディング(英語: The First RecordingsVol.2[37] 💽
エリック・ドルフィー(Sax.)

w/ ハービー・ハンコックエディー・カーン英語版J.C.モーゼズ英語版

1999 /

1963年

伝説のイリノイ・コンサート英語版 💽
チャック・ウェイン英語版Gt. 1964 タペストリー(英語: Tapestry[38][39] 💽
ラリー・ヤング(Org.)

w/ ウディ・ショウジョー・ヘンダーソン、エルヴィン・ジョーンズ

1966 ユニティ英語版[25] 💽
エリック・クロス(Sax.) 1967 Grits & Gravy 💽
寺内タケシとバニーズ 1967 世界はテリーを待っている[40]
リチャード・デイヴィス英語版(Ba.) 1970 ミューゼズ・フォー・リチャード・デイヴィス英語版 💽
本田竹曠(Pf.)トリオ 1972 ジス・イズ・ホンダ 💽
ジム・ホール&ロン・カーター 1973 アローン・トゥゲザー英語版 💽
ズート・シムズ(Sax.)・カルテット

w/ ルイ・ベルソン英語版、ハンク・ジョーンズ

1973 ズート・アット・イーズ(英語: Zoot at Ease 💽
渡辺貞夫 1974 ライヴ・アット・ピット・イン[41]
ザ・グレイト・ジャズ・トリオ 1977 アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード英語版
バーニー・ケッセル(Gt.) 1977 ライブ・アット・サムタイム(英語: Live at Sometime[42]
ジョン・スコフィールド (Gt.)

w/ リッチー・バイラークジョージ・ムラーツジョー・ラバーベラ英語版

1978 ジョン・スコフィールド・ライヴ英語版 💽
ジョン・クレマー英語版(Sax.)

w/ カール・ブルネット(英語: Carl Burnett

1979 ネクサス(英語: Nexus for Duo and Trio[43]
チェット・ベイカー(Tp.)&ウォルフガング・ラッカーシュミッド英語版(Vib.) 1979 バラッズ・フォー・ツー英語版 💽
ジャック・シェルドン英語版(Tp.)&ヒズ・ウェスト・コースト・フレンズ 1980 エンジェル・ウィングス(英語: Angel Wings[44] 💽
ワーレン・ヴァシュ英語版Cort.

w/ ハンク・ジョーンズ、 ジョージ・デュヴィヴィエアラン・ドーソン英語版

1981 Iridescence[45]
クエスト

デイヴ・リーブマンリッチー・バイラーク、ジョージ・ムラーツ、アル・フォスター

1982 /

1981年[46]

QUEST[25][47]
フレディ・ハバード(Tp.) 1999 /

1982年

Above & Beyond[25] 💽
クヌード・ヨリエンセンドイツ語版(Pf.)& Bengt Hanson(Ba.) 1996 /

1983年

Bojangles[48] 💽
J.J.ジョンソンTb.&アル・グレイ英語版(Tb.) 1984 シングス・アーゲッティング・ベター・オール・ザータイム英語: Things Are Getting Better All the Time[49]
ドロシー・アシュビーHarp 1984 朝日のようにさわやかに英語版
ケニー・ドリュー(Pf.) 1985 バイ・リクエスト(英語: By Request[50]
ジョン・ラーキン(Pf.、a.k.a. スキャットマン・ジョン 1986 John Larkin[51]
チャーネット・モフェット英語版(Ba.) 1987 チャーネット・モフェット英語: Net Man[52] 💽
エミリー・レムラー英語版(Gt.)

w/ ハンク・ジョーンズ、バスター・ウィリアムスマーヴィン・“スミティ”・スミス英語版

1988 イースト・トゥ・ウエス英語版 💽
レイ・アレクサンダー英語版(Vib.)・カルテット

w/ ペッパー・アダムスアルバート・デイリー英語版ハービー・シュワルツ英語版、レイ・モスカ(英語: Ray Mosca

1988 Cloud Patterns 💽
ミシェル・カミロ(Pf.) 1989 オン・ファイア英語版
ニック・ブリグノーラ英語版(Sax.)

w/ ケニー・バロン、 デイヴ・ホランドジャック・ディジョネット

1990 On a Different Level[25][53] 💽
デイヴ・ウェックルDr. 1990 マスター・プラン英語版 💽
スティーヴ・グロスマン(Sax.)

w/ マッコイ・タイナーエイヴァリー・シャープ英語版アート・テイラー

1991 In New York 💽
ドン・ブレイデン英語版(Sax.)・カルテット

w/ トム・ハレル英語版、ベニー・グリーン、クリスチャン・マクブライドカール・アレン英語版

1991 The Time Is Now[54] 💽
スタン・ゲッツ(Sax.)&ケニー・バロン(Pf.) 1992 ピープル・タイム英語版 💽[註 10]
ビレリ・ラグレーン(Gt.)

w/ アンドレ・チェッカレリ英語版ニールス=ヘニング・エルステッド・ペデルセン

1992 枯葉(英語: Standards 💽
ジュニア・マンス英語版・トリオ 1994 朝日のようにさわやかに(英語: Softly as in a Morning Sunrise[55]
ビレリ・ラグレーン・トリオ

w/ アンドレ・チェッカレリ、 クリス・ミン・ドーキー

1994 Live in Marciac[56] 💽
ロイス・キャンベル英語版(Gt.)

ft. デイブ・ストライカー英語版

1994 6×6[57] 💽
ジオバーニ・イダルゴ英語版Perc.

ft. ミシェル・カミロ

1997 Hands of Rhythm 💽
エド・シグペン(Dr.)・リズム・フィーチャーズ 1998 It’s Entertainment 💽
マーク・リボー(Gt.) 1999 Yo! I Killed Your God[58]
ジャン=ミシェル・ピルク(Pf.)・トリオ 2000 Together: Live at Sweet Basil 💽
ケニー・バロン(Pf.)&レジーナ・カーター英語版Vn. 2001 フリーフォール英語版 💽
チャールズ・ガイル英語版(Pf.) 2001 Jazz Solo Piano 💽
エリス・マルサリス英語版(Pf.) 2004 On the First Occasion[59]
ジョージ・ベンソン(Gt.) 2004 イリプレイサブル英語版[註 11]
上原ひろみ(Pf., Key., Syn. 2008 ビヨンド・スタンダード 💽
ドクター・ロニー・スミス英語版(Org.) 2009 The Art of Organizing 💽
フレッド・ハーシュ英語版(Pf.)・トリオ 2012 アライブ・アット・ザ・ヴァンガード英語: Alive at the Vanguard[60] 💽

関連楽曲編集

脚注編集

  1. ^ a b c 💽:YouTube Music の表中のアルバムの当該トラックへのリンク。♬:YouTube Music の表中とは異なるアルバムの当該トラックへのリンク。
  2. ^ リンク先はオムニバス盤に収録された音源だが、2013年のソニー・ミュージックのアルバム・コレクション(8876544474-2)と聴き比べると、同一であることが確認できる。
  3. ^ 歌詞のないヴォカリーズによる合唱である。
  4. ^ タンゴのリズムからスウイングのリズムに変化した最初期の例であると考えられる。
  5. ^ MJQの演奏以降、他のクール・ジャズの奏者もこの曲を取り上げるようになった[3]
  6. ^ イントロの旋律はバッハの『音楽の捧げもの』の「2つのヴァイオリンのための同度カノン(イタリア語: Canon 2, a 2 Violini in unisono)」からの引用である[30]
  7. ^ シャーリー・ホーンはボーカル&ピアノとしてクレジットされているが、この曲はインストゥルメンタルとなっている。
  8. ^ テッド・ジオイア英語版は、もっとも重要な解釈の例であると指摘している。
  9. ^ AllMusicでは、1991年となっているが、DiscogsRate Your Musicでは、1963年となっている。
  10. ^ リンク先は2001年発売のPeople Time: The Complete Recordingsだが、1992年発売のオリジナル盤にも収録されている。
  11. ^ 2003年の1st edtionから大幅に曲目が変更された2004年の2nd editionに収録。

出典編集

  1. ^ a b c d Gioia 2012, p. 375.
  2. ^ a b 村井 2004, p. 17.
  3. ^ a b c d e f g h Gioia 2012, p. 376.
  4. ^ Gänzl, Kurt (2020ー01ー13). “THE NEW MOON: A Romantic musical play by Oscar Hammerstein & Sigmund Romberg”. Operetta Research Center. 2020年12月19日閲覧。
  5. ^ Abbey Lincoln – Softly, As In A Morning Sunrise Lyrics”. Genius Lyrics. 2020年12月19日閲覧。
  6. ^ Bobby Darin – Softly, As in a Morning Sunrise Lyrics”. Genius Lyrics. 2020年12月19日閲覧。
  7. ^ さしのぼる”. 関西吟詩文化協会. 2014年5月29日閲覧。
  8. ^ The Troubadours / Nat Shilkret And The Victor Orchestra - One Kiss / Softly, As In A Morning Sunrise (1929, Shellac)”. Discogs. 2020年12月19日閲覧。
  9. ^ Jack Hylton And His Orchestra - One Kiss / Softly As In A Morning Sunrise (1929, Shellac)”. Discogs. 2020年12月19日閲覧。
  10. ^ Discography 1927-1930”. Jack Hylton. Pete Faint. 2020年12月19日閲覧。
  11. ^ Softly, As In A Morning Sunrise / Lover, Come Back To Me”. Discogs. 2020年12月12日閲覧。
  12. ^ Woody Herman And Allan Jones - One Night Stand With Woody Herman And Allan Jones (Vinyl)”. Discogs. 2020年12月20日閲覧。
  13. ^ Jimmy Justice - The Two Sides Of Jimmy Justice (1962, Vinyl)”. Discogs. 2020年12月18日閲覧。
  14. ^ The Fabulous Voice Of Richard Tucker - Great Songs Of Love And Inspiration”. Discogs. 2020年12月19日閲覧。
  15. ^ リチャード・タッカー・Richard Tucker : The Song and Cantorial Album Collection(14CD)完全生産限定盤[EU輸入盤]”. Sony Music Shop. Sony Music Solutions. 2020年12月19日閲覧。
  16. ^ I Remember - Dianne Reeves | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月12日閲覧。
  17. ^ Shiny Stockings - Jenny Evans | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月19日閲覧。
  18. ^ ケイコ・リー、ケニー・バロンも参加したニューヨーク録音の新作”. CDJournal (2009年10月7日). 2020年12月20日閲覧。
  19. ^ Groovin' With The Moon Invaders”. Discogs. 2020年12月19日閲覧。
  20. ^ ヒラリー・コール | ユー・アー・ゼア~デュエッツ”. ビクターエンタテインメント. 2020年12月20日閲覧。
  21. ^ “朝日のようにさわやかに/実録・スケバン小唄” | 渚ようこ”. ORICON NEWS. 2020年12月20日閲覧。
  22. ^ Say It with Music (A Touch of Latin) - Ray Conniff | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月20日閲覧。
  23. ^ Yours Is My Heart Alone / All-Time Favorites”. Discogs. 2020年12月19日閲覧。
  24. ^ Chance-Rainwater, Susan (2005年5月30日). “Robert Shaw Discography”. 2020年12月19日閲覧。
  25. ^ a b c d e f g h i Gioia 2012, pp. 376–377.
  26. ^ Artie Shaw And His Orchestra - Softly, As In A Morning Sunrise / Copenhagen (1938, Shellac)”. Discogs. 2020年12月19日閲覧。
  27. ^ Small Groups: Class of '39 - Benny Goodman | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月20日閲覧。
  28. ^ MacKenzie, Colin (2005-09-01). Mantovani: A Lifetime in Music. Melrose Books. p. 307. ISBN 1905226195. https://books.google.co.jp/books?id=X0unFqqjhMAC&lpg=PA307&dq=Mantovani%20Plays%20The%20Music%20Of%20Romberg%20%22softly%20as%20in%20a%20morning%20sunrise%22&hl=ja&pg=PA307#v=onepage&q=Mantovani%20Plays%20The%20Music%20Of%20Romberg%20%22softly%20as%20in%20a%20morning%20sunrise%22&f=false 
  29. ^ 村井 2004, p. 19.
  30. ^ Crist, Stephen A. (2020-12-14). “Bach as Modern Jazz”. In Laura Buch. Bach Reworked. Bach Perspectives. University of Illinois Press. ISBN 9780252052514. https://books.google.co.jp/books?id=_-oHEAAAQBAJ&lpg=PA2017-IA5&ots=MLIEHCo8xR&dq=bwv%201079%20softly%20as%20in%20a%20morning%20sunrise&hl=ja&pg=PA2017-IA5#v=onepage&q=bwv%201079%20softly%20as%20in%20a%20morning%20sunrise&f=false 
  31. ^ 村井 2004, p. 16.
  32. ^ Closed Session - Buddy DeFranco | Songs, Reviews, Credits”. All Music. 2020年12月20日閲覧。
  33. ^ Stanley Black - Friml And Romberg In Cuban Moonlight (Vinyl)”. Discogs. 2020年12月20日閲覧。
  34. ^ Will Davis Trio - Have Mood Will Call….”. Discogs. 2020年12月20日閲覧。
  35. ^ Will Davis / ウィル・デイヴィス「Have Mood Will Call... / ハヴ・ムード・ウィル・コール<SHM-CD>」”. Warner Music Japan. 2020年12月20日閲覧。
  36. ^ Jackie Davis - Tiger On The Hammond”. Discogs. 2020年12月20日閲覧。
  37. ^ The Albert Ayler: The First Recordings, Vol. 2 - Albert Ayler | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月20日閲覧。
  38. ^ Tapestry - Chuck Wayne”. AllMusic. 2020年12月20日閲覧。
  39. ^ The Chuck Wayne Trio - Tapestry”. Discogs. 2020年12月20日閲覧。
  40. ^ 世界はテリーを待っている 寺内タケシ&ブルージーンズ”. KING RECORDS OFFICIAL SITE. 2020年12月18日閲覧。
  41. ^ 029. SADAO WATANABE AT "PIT INN"”. Sadao Watanabe Official Web Site. M&M Studio. 2020年12月20日閲覧。
  42. ^ Live at Sometime - Barney Kessel”. AllMusic. 2020年12月20日閲覧。
  43. ^ Nexus for Duo and Trio - John Klemmer | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月20日閲覧。
  44. ^ Jack Sheldon & His West Coast Friends - Angel Wings”. Discogs. 2020年12月20日閲覧。
  45. ^ Iridescence - Warren Vaché | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月20日閲覧。
  46. ^ Complete Discography (500+ titles)”. David Liebman Official Website. 2020年12月19日閲覧。
  47. ^ Quest - Quest | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月12日閲覧。
  48. ^ Bojangles - Knud Jorgensen | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月20日閲覧。
  49. ^ Things Are Getting Better All the Time - J.J. Johnson | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月19日閲覧。
  50. ^ By Request - Kenny Drew | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月20日閲覧。
  51. ^ John Larkin - John Larkin (1986, Vinyl)”. Discogs. 2020年12月20日閲覧。
  52. ^ Net Man - Charnett Moffett | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月12日閲覧。
  53. ^ On a Different Level - Nick Brignola | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月12日閲覧。
  54. ^ Cloud Patterns - Ray Alexander | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月19日閲覧。
  55. ^ Softly as in a Morning Sunrise - Junior Mance, Junior Mance Trio | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月20日閲覧。
  56. ^ Live in Marciac - Biréli Lagrène | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月20日閲覧。
  57. ^ Six by Six: A Jazz Guitar Celebration - Royce Campbell | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月19日閲覧。
  58. ^ Yo! I Killed Your God - Marc Ribot | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月19日閲覧。
  59. ^ On the First Occasion - Ellis Marsalis | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月19日閲覧。
  60. ^ Alive at the Vanguard - Fred Hersch, Fred Hersch Trio | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. 2020年12月12日閲覧。
  61. ^ Reinhart, Mark S. (2014-09-17). Chet Atkins: The Greatest Songs of Mister Guitar. McFarland Publishing. ISBN 978-0786478521. https://books.google.co.jp/books?id=pSGhBAAAQBAJ&lpg=PT74&ots=wpsuFCL1Rm&dq=Walk%2C%20Don't%20Run%20softly%20as%20in%20a%20morning%20sunrise&hl=ja&pg=PT74#v=onepage&q=Walk,%20Don't%20Run%20softly%20as%20in%20a%20morning%20sunrise&f=false 

参考文献編集

外部リンク編集