メインメニューを開く

歴史編集

1929年、朝日賞の一部門として創設。1975年には朝日賞から独立し、朝日体育賞として再出発した。1989年には受賞対象をプロにも拡大した。 最初の受賞者は競泳入江稔夫である。また最初の女性受賞者は1933年の前畑秀子である。1937年は受賞者なし。1940年代半ばに中止になった時期があったが、1946年に山内リエが受賞。以降は1950~1951年の受賞者なしを除き、複数の競技者に授与されている[1]。2005年度より2009年までの5年間は、大賞に該当する「スーパーアスリート賞」が設けられ、高橋尚子谷亮子北島康介イチローが受賞。この中でもイチローは2001年に、高橋尚子は小出義雄とともに2000年に「特別賞」に選出された。 2010年(平成22年)より、毎年1名または1組に授与されている[2]

2010年代の受賞者編集

2010年代より基本的に1名または1組に授与されている。

受賞者 ジャンル 備考
2010年 FIFAワールドカップ日本代表チーム サッカー W杯南アフリカ大会で16強入り
2011年 FIFA女子ワールドカップ日本代表チーム「なでしこジャパン サッカー W杯ドイツ大会で初優勝
2012年 吉田沙保里 レスリング ロンドン五輪で3連覇を達成
2013年 東北楽天ゴールデンイーグルス 野球 プロ野球日本シリーズを初制覇
2014年 羽生結弦 フィギュアスケート ソチ五輪でアジア人男子初の金メダル
2015年 ラグビー日本代表 ラグビー W杯イングランド大会で初めて1次リーグ3勝を達成
2016年 伊調馨 レスリング リオデジャネイロ五輪で女子個人種目史上初の4連覇
日本財団パラリンピックサポートセンター パラリンピック パラリンピック競技団体の活動を支援
2017年 桐生祥秀 陸上 100m走で9秒98の日本新記録を樹立
2018年 大坂なおみ テニス テニスの全米オープンで日本勢初となるシングルス4大大会初優勝
日本ブラインドサッカー協会 サッカー 普及活動を通して「共生社会」への理解を促進

歴代受賞者編集

競泳編集

陸上編集

重量挙げ編集

レスリング編集

卓球編集

体操編集

登山編集

バレーボール編集

柔道編集

バドミントン編集

スピードスケート編集

スキー編集

ヨット編集

サッカー編集

ラグビー編集

野球編集

市民スポーツ編集

  • 沢登貞行(1975年)
  • 神戸市垂水区団地スポーツ協会(会長:蓮沼良造)(1977年)
  • 熊本走ろう会(会長:加地正隆)(1978年)
  • 梅村清明(1979年)
  • 挽地喬子(1979年)
  • 松任スタークラブ(代表:山田三吉)(1981年)
  • 八幡八郎(1982年)
  • 社団法人日本歩け歩け協会(会長:金子智一)(1984年)
  • 川内村体育協会(会長・川内村村長:遠藤一雄)(1986年)
  • 岩手県大東町体育協会(会長:金康弘)(1988年)
  • 京都障害者スポーツ振興会(1995年)

探検編集

相撲編集

テニス編集

ゴルフ編集

フィギュアスケート編集

パラリンピック編集

シンクロナイズドスイミング編集

その他編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集