朝日ビルディング

日本の大阪府大阪市北区にある不動産会社
朝日新聞社 > 朝日ビルディング

株式会社朝日ビルディング(あさひビルディング)は、大阪市北区中之島中之島フェスティバルタワーにある、朝日新聞社関連のビルディング建築・運営に携わる会社である。

株式会社朝日ビルディング
The Asahi Building Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
530-0005
大阪市北区中之島2丁目3番18号中之島フェスティバルタワー
設立 1929年8月3日
業種 不動産業
法人番号 7120001059604 ウィキデータを編集
事業内容 不動産賃貸、劇場・ホールの運営、ホテル事業
代表者 代表取締役社長 阿部圭介
資本金 4億8,000万円
(2012年3月31日現在)
売上高 75億5,800万円
(2015年度)
総資産 374億8842万6000円
(2006年3月31日現在)
従業員数 104人
(2019年7月1日現在)
決算期 3月
主要株主 朝日新聞社99.13%
主要子会社 朝日エアポートサービス、宮本商行
外部リンク http://www.asahibuilding.co.jp/
テンプレートを表示

来歴編集

1929年8月、朝日新聞の創刊50年を記念して、朝日新聞の社屋などを管理する会社として設立。まず、東京有楽町の朝日ビルディングの建設を皮切りに、横浜市大阪市神戸市福岡市などの朝日新聞の社屋、あるいは、関連企業のビルディングを建設するようになる。特に、神戸市の「神戸朝日ビル」は1934年建築家渡辺節により設計された「神戸証券取引所」を元に戦後映画劇場「神戸朝日会館」として再生。その後、施設老朽化に伴う改修でオフィスビルとしての機能も追加。神戸のビジネスの中心としてその名残りをとどめている。

また、中之島大阪市北区)のビジネス街にあった新朝日ビルディングには、フェスティバルホールリサイタルホールが設けられ、クラシック音楽を始めとした各種音楽コンサートに利用されていた。新朝日ビルディングは、2009年に解体され、2010年1月9日にフェスティバルホールを含む高層ビル「中之島フェスティバルタワー」の建設工事が着工し、2012年11月6日に竣工した。

グループ会社として、関西国際空港機内食免税店事業などを行う朝日エアポートサービス(略称AAS)がある。なお、AASの名前が付いているエイエイエスケータリングは同社と日本航空の合弁会社だったが、2006年までに保有株式をすべてグルメ杵屋に売却したため、資本関係はなくなっている。

2006年3月期の売上構成は不動産賃貸75%、劇場・ホール11%、ホテル事業2%、その他12%となっている。

運営・管理しているビル編集

解体されたビル編集

  • 東京朝日ビルディング(東京都中央区) - 東京銀座朝日ビルに建て替え。
  • 新朝日ビルディング(大阪市北区、旧フェスティバルホール、リサイタルホール) - 中之島フェスティバルタワーに建て替え。
  • 朝日ビル(大阪朝日ビル、大阪市北区) - 2014年3月解体。
  • 朝日新聞ビル(大阪市北区) - 2014年3月解体。
  • 広島朝日ビルディング(広島市中区) - 解体後コインパーキング。

ギャラリー編集

外部リンク編集