朝日新聞社 > 朝日学生新聞社 > 朝日中高生新聞

朝日中高生新聞(あさひちゅうこうせいしんぶん、英文:Asahi Student Newspaper)は、朝日新聞社子会社である朝日学生新聞社が毎週日曜日に発行している、中学生および高校生向けのタブロイド新聞である。略称は朝中(あさちゅう)。

朝日中高生新聞
種類 週刊紙
サイズ タブロイド判

事業者 株式会社朝日学生新聞社
本社 【東京本社】
〒104-8433
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社新館9階
【大阪支社】
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島2-3-18
中之島フェスティバルタワー
代表者 沖浩
創刊 1975年4月5日
言語 日本語
価格 1部 310円
月極 1,200円
発行数 4万1166部(2022年4月現在)[1]
ウェブサイト https://www.asagaku.com/shimen2.html
テンプレートを表示

発行部数は2022年時点で41,166部である[2]。購読料は月極め1,200円、1部売りは310円となっている。また、ジュニア朝日海外電子版では海外向けの電子版サービスが展開されている。

概要編集

1975年4月5日創刊。当初は中学生向けの新聞としてスタートしたため、タイトルは『朝日中学生ウイークリー』というものであった。

中学生向け新聞であった当時には世界の最新ニュースを朝日新聞の記者が中学生向けに解説した記事や、中学生が特に注目するファッションイベント芸能高校受験などの記事が掲載され、読者の投書による、いじめの実態やいじめっ子、いじめられた子の本音を紹介するコーナー「いじめ伝言板」が注目を集めていた。また2008年12月20日付の朝日小学生新聞に見本紙として折り込みされていた。

朝日学生新聞社に対して高校生やその保護者、高等学校の教師などから『高校生向けの新聞も欲しい』という声が寄せられたこともあって、朝日学生新聞社は高校生向けの新聞を別に発行するか、『朝日中学生ウィークリー』を高校生にも読めるようにするかを検討した結果、後者を採用することとし、2014年10月に読者対象を高校生にも拡大して紙面の大幅リニューアルに踏み切った。このためタイトルも『朝日中高生新聞』と改め、装いを新たにして再スタートし[1]、2014年10月5日発行号から現行の『朝日中高生新聞』として発行されている。

主なコーナー編集

ニュース関係編集

  • 1面の記事から
  • NEWS WATCHER
  • 5分でわかる ニュース1週間

学習・受験関係編集

  • 学Vロード
  • 英検 合格への道
  • 漢検 卒業までに3級を
  • 数検 3級合格の定理
  • 勉強が楽しくなるコラム
  • 天声人語で200字作文
  • エンスタナビ

学校生活編集

  • 読者投稿欄
  • いじめ伝言板
  • ニュース捜査班

その他編集

キャリア教育編集

  • 夢ナビ! 事リポート

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集