朝日自動車株式会社(あさひじどうしゃ、英称:ASAHI Motor Corporation)は、埼玉県茨城県などでタクシー及び路線バス事業を営む会社東武グループに属し、東武鉄道連結子会社であるとともに、現在では東武グループのバス・タクシー事業者による朝日自動車グループをまとめる統括事業者に位置づけられている。タクシーは埼玉県などの東武鉄道沿線、路線バスは主に埼玉県東部の東武伊勢崎線日光線沿線を中心とした地域で事業展開する。

朝日自動車株式会社
ASAHI Motor Corporation
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 朝日自動車、朝日バス、朝日タクシー
本社所在地 日本の旗 日本
343-0032
埼玉県越谷市袋山1119
本店所在地 131-0045
東京都墨田区押上1-1-2
設立 1941年1月11日(アサヒ自動車)
業種 陸運業
法人番号 6010601008303 ウィキデータを編集
事業内容 一般乗用旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
一般乗合旅客自動車運送事業
特定旅客自動車運送事業
代表者 神﨑 満
資本金 4,912万円
純利益 1億4296万3000円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 152億1450万7000円(2020年03月31日時点)[1]
従業員数 616名
主要株主 東武鉄道
主要子会社 朝日自動車グループを参照
外部リンク http://www.asahibus.jp/
特記事項:本店は登記上
テンプレートを表示
東武鉄道グループのバス事業者(東武ダイヤルバスは2008年に日光交通に統合)

埼玉県より「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律(国民保護法)」に基づく指定地方公共機関にバス事業者として指定されている。

沿革編集

 
創業路線のあった北条。昔の面影を色濃く残す。(2012年撮影)
  • 1941年1月11日 - 茨城県土浦市にて創業(アサヒ自動車)、乗合・乗用旅客事業を営業。
  • 1944年 - 太平洋戦争下の陸運統制令により、乗合部門を常総鉄道(現在の関東鉄道)に統合。残った乗用部門は埼玉県へ移転。
  • 1949年 - 貸切事業開始。
  • 1954年 - 東武鉄道駅構内のタクシー事業を一部譲受。
  • 1993年 - 茨城県五霞村(現:五霞町)より、幸手駅 - 五霞間の廃止代替バスを受託。
    • この時点では、貸切免許(いわゆる21条バス)であった。東武バス境営業所(茨城県)の移転により余剰となった旧車庫を利用。
  • 1994年 - 東武鉄道から一部路線(古河駅西口 - 境車庫)の移管を受け、乗合免許によるバス事業を開始。
  • 1995年4月 - さくら観光自動車を合併。
  • 1999年から2002年にかけて、次々と東武バスから営業所が移管。2002年10月の菖蒲営業所開設以降は、東武バス自体の分社化により一段落している。
  • 2008年11月30日をもって、境営業所、杉戸営業所での貸切バス事業を終了。朝日自動車本体での貸切バス事業はなくなった(グループ傘下では継続)。
  • 2018年3月31日をもって、一部路線で導入されていた初乗りワンコイン(100円)運賃区間を廃止、翌4月1日付で通常初乗り運賃に変更[2]
  • 2019年12月23日 - バスロケーションシステム『朝日自動車バスナビ』を導入[3]


事業所編集

  • 管理本部:東京都墨田区向島一丁目33番12号 第2東武館5階(グループ会社の統轄業務を行う)
  • 本社事務所:埼玉県越谷市袋山1119

営業所編集

  • 越谷営業所(乗合バス、貸切バス)現在地に営業所を開設した当初は、草加営業所のタクシーの無線配車も行っていた。
  • 北越谷営業所(タクシー)
  • 杉戸営業所(乗合バス、貸切バス、タクシー)
  • 加須営業所(乗合バス、貸切バス、タクシー)
  • 久喜営業所(乗合バス、貸切バス、タクシー、労働組合)タクシーの無線配車は加須営業所。
  • 本庄営業所(乗合バス、貸切バス、タクシー)
  • 境営業所(乗合バス、タクシー)
  • 太田営業所(乗合バス、タクシー)
  • 菖蒲営業所(乗合バス、貸切バス)
  • 野田営業所(タクシー)

桐生朝日自動車担当営業所編集

グループの桐生朝日自動車も、朝日自動車と同様に「朝日タクシー」のブランド名でタクシー事業を行っている。

  • 桐生営業所(桐生朝日自動車本社)
  • 大間々営業所

廃止された営業所編集

以下は公式サイトの営業所一覧に無いため、廃止されたものとして扱う。

  • 草加営業所(タクシー)無線配車は北越谷営業所、開設当初は南越谷駅 - 花田・越谷市立図書館線のバス運行も担当していた。
  • 羽生案内所(タクシー)運行管理及び無線配車は加須営業所。
  • 古河営業所(タクシー)運行管理及び無線配車は境営業所。
  • 薮塚営業所(タクシー)無線配車は太田営業所。
  • 大泉案内所(タクシー)運行管理及び無線配車は太田営業所。
  • 韮川案内所(タクシー)運行管理及び無線配車は太田営業所。
  • 川越営業所(タクシー)
  • 館林営業所(タクシー)
  • 本中野駅構内案内所(タクシー)運行管理及び無線配車は館林営業所。
  • 足利営業所(タクシー)
  • 助戸営業所(タクシー)運行管理及び無線配車は足利営業所。
  • 江戸川台営業所(タクシー)無線配車は野田営業所。2015年1月25日に野田営業所に統合。

コミュニティバス編集

東京都編集

埼玉県編集

2020年1月24日より越谷営業所が運行受託開始(既存ルートは東武バスセントラル草加営業事務所が担当)。

千葉県編集

茨城県編集

車両編集

 
朝日自動車のタクシー(朝日タクシー)
車種:日産・セドリック営業車
 
朝日自動車のバス(朝日バス)

2020年6月現在の車両数は、路線バス314両、貸切バス6両、 特定バス21両、タクシー100両[4]

タクシー編集

クラウンコンフォート・デラックスAパッケージとセドリック・カスタム(1999年まではグロリア)の両車が主力だが、群馬県内の一部営業所では小型料金のコンフォートも在籍する。クラウンコンフォートは一部営業所で黒塗りも導入されているほか、かつては法人タクシーでは珍しい6気筒エンジン搭載のセドリック/グロリア・クラシック(黒塗り)が存在した。

路線バス編集

中型車が主流である。ほとんどがオートマチック車で、マニュアル車は少ない[要出典]

メーカー別では日野いすゞが大半を占める。他は三菱ふそう車が菖蒲営業所に少数在籍する。日産ディーゼル車は本庄太田に導入されたが現存しない。コミュニティバス用にはトヨタ車(ハイエース)も使用される。

車両デザインは白地に赤い半円(だ円)を窓下に配し、その周りに青い線が巻かれている。赤い部分に白抜き斜体で「ASAHI」と入る。1998年に登場したデザインで、翌1999年末頃からは旧塗装車(1993年以降に製造された車両)の塗り替えもされている。初期に新塗装化された車両については、「ASAHI」の文字が小ぶりだったが、2001年以降の新塗装化施工車および増備車については「ASAHI」の文字が大きめになった。

旧塗装は濃い青と薄いグレーだった。東武バスから路線とともに移管された車両には、東武バスカラーのまま表記のみ「朝日バス」と書きかえて使われたものもあった。

なお、現行路線車と共通のデザインは同じ東武系列(朝日自動車グループ)の川越観光自動車1998年から)、国際ハイヤー(現・国際十王交通熊谷営業所、同所でバス事業開始の2001年から)でも導入している。また関越交通国際十王交通伊勢崎営業所(旧十王バス)・日光交通でもグループ内移籍等により導入されている。一方、グループ内でも茨城急行自動車阪東自動車では朝日カラーは導入されていない。

2015年3月末時点で、国土交通省「ノンステップバス導入率が高い事業者ベスト30(全国・導入比率順)」の第28位にランクインした[5]。(ちなみに第1位は東京都交通局都営バス))

廃車車両は関越交通、日光交通など朝日グループ内や弘南バスグリーン観光バスなど地方のバス事業者に移籍している。また朝日自動車内で経年車を置き換えるため、自動車NOx・PM法の規制対象区域内から規制対象外地域の営業所への移籍もされている。

社番編集

2 262
記号 固有番号
  • 記号
    1000番台・3000番台…小型車
    2000番台…中型車
    5000番台…大型車
  • 固有番号
    • 001から999までの連番

上記の法則により、「2262」は中型車の262号車ということになる。

参考文献編集

  1. BJエディターズ『BJハンドブック R54 朝日自動車』BJエディターズ、2005年1月1日、ISBN 4-4340-5322-1
  2. BJエディターズ『BJハンドブック S91 朝日バス』BJエディターズ、2016年5月1日、ISBN 978-4-434-21882-8

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集