メインメニューを開く
菖蒲営業所所属車両

朝日自動車菖蒲営業所(あさひじどうしゃしょうぶえいぎょうしょ)とは、朝日自動車株式会社の営業所の一つで、東武バス上尾営業所菖蒲出張所を移管して開設された営業所である。

概要編集

2002年4月1日開設の比較的新しい営業所である。朝日自動車としては最後に開設したバス営業所である。元々は東武バス上尾営業所菖蒲出張所であった。運行エリアは旧菖蒲出張所のエリアに加え、東武バス上尾営業所が運行していた上尾駅東口発着路線(大宮駅東口・夏季臨時のさいたま水上公園行きを除く)も担当している。

所在地編集

沿革編集

・東武バス菖蒲出張所

  • 1995年5月:富士重工線運行開始。
  • 1998年3月:富士重工線を川越観光バスに移管。
  • 2000年4月:加須営業所管轄から上尾営業所管轄に組織変更。
  • 2002年3月:菖蒲出張所閉所。

・朝日自動車菖蒲営業所

  • 2002年4月:朝日自動車菖蒲営業所発足。
  • 2003年4月:上尾駅東口 - 平塚線を「平塚循環」に変更。
  • 2003年4月:「岩槻駅 - 太田新井 - 国民年金春日部エミナース」線と「岩槻駅 - 岡泉 - 白岡駅」線を廃止。
  • 2006年9月:蓮田駅発着路線の変更。「蓮田駅西口 - 井沼・根金 - 蓮田駅東口」線と「蓮田駅西口 - 伊奈学園」線の新設。
  • 2008年4月:上尾駅東口 - 上尾車庫間を廃止。東武バスも同時廃止。
  • 2008年11月15日:PASMO利用開始。
  • 2009年2月:「岩槻循環」線の新設。それに伴う、「国立東埼玉病院」線及び「菖蒲仲橋 - 白岡駅」線の改正。
  • 2010年7月1日:「(急行)久喜駅西口 - モラージュ菖蒲中央口」線を新設。
  • 2010年11月25日:「岩槻循環」線廃止。
  • 2011年4月1日:「久喜駅西口 - 菖蒲仲橋」線に久喜総合病院経由を新設。
  • 2011年12月19日:「(急行)桶川駅東口 - モラージュ菖蒲滝のコート南入口」線を新設。
  • 2014年1月6日:埼玉県立がんセンターの新病棟完成に伴う路線変更を実施。
  • 2017年4月1日:「岩槻駅~国立東埼玉病院」線を岩槻駅東口発着から西口発着へ変更。

車両編集

  • 東武バスからの移管時は元東武バスの車両で占められていた。(現在は全廃。)
  • 朝日自動車で唯一、三菱ふそう車輌(2203 - 2205・2219 - 2222・2230)が配置されている。
  • 久喜線・桶川線・江ヶ崎(東埼玉病院)線・平塚線にはノンステップ車輌が定期運用されている。
  • 朝日自動車では中型車両のみの導入(東武バスからの移籍車や特定を除く)であったが、2015年には阪東バスからブルーリボンシティー(元255号車)が導入された。社番は5000番台が付与され、同車は5001号車となる[注 1]
  • 2016年春には大型車・新型エルガ(QKG-LV290N1)5002号車、5003号車が導入された。久喜駅西口発着路線で運用され、臨時輸送にも運用される。
  • 配置車輌のナンバーは2010年3月の合併前に導入した車両は大宮ナンバー、合併後に導入した車両は春日部ナンバーである。

引退車輌編集

  • 当営業所発足の際に比較的高年式の大型車は、三郷営業所西柏営業所沼南営業所などに転属し、その代わりに各所から経年車が集められた。
  • 上尾駅東口発着路線移管分として東武バス上尾営業所から日野自動車製の大型車(2146〜2152号車)と中型車(2153〜2158号車)が菖蒲営業所に転属した。
  • NOx法対策として導入された元東武バスの車輌は、2187号車を除いて子会社に転属している。(その後、境営業所に転属後除籍)
  • 自社発注車輌で太田営業所から転属した2022号車・2023号車はノンステップ車輌導入の際に代替された(東武ダイヤルバスへ転属)。

輸送人数編集

  • 6,028人(2005年度、1日平均、久喜営業所と合算)[1]

現有路線編集

上尾駅東口発着路線編集

  • 【平塚循環】上尾駅東口 - 平塚住宅前 - 上尾駅東口
  • 上尾駅東口 - 平塚住宅前

上尾駅東口から上尾市平塚・上尾村地区を結ぶ路線である。1時間あたり3本程度の運行。

上尾駅東口からニューシャトルの羽貫駅を経由して伊奈学園まで結ぶ路線である。伊奈学園発着は主に通学時間帯のみの運行。学園祭などの際には臨時直通便が運行されることもある。

上尾駅東口から伊奈町役場を結ぶ路線である。一部はがんセンターを経由し伊奈役場へ向かう便とがんセンター止まりの便がある。

  • 上尾駅東口 - 県営砂団地 - 東大宮駅
  • 上尾駅東口 - 尾山台団地 - 東大宮駅

上尾駅東口から東大宮駅を結ぶ路線。上尾市運行バス[2]として運行。尾山台団地経由と県営砂団地経由の2系統が存在。各8便合計16便が運行される。

桶川駅東口発着路線編集

  • 桶川駅東口 - 細谷 - 菖蒲車庫
  • 桶川駅東口 - 細谷 - 菖蒲総合支所 - 菖蒲車庫
  • 桶川駅東口 - 西窪台 - 加納公民館 - 菖蒲車庫

桶川駅と久喜市菖蒲町の中心部とを埼玉県道12号川越栗橋線経由で結ぶ路線で、本数は1時間に2 - 4本と比較的多い。また、平日には日中1時間に1本、役場対策として途中の久喜市菖蒲総合支所(旧:菖蒲町役場)に立ち寄る便がある。西窪台経由は加納循環線の出入庫便という位置づけが強く、本数はほとんどない。

  • (急行)桶川駅東口 - モラージュ菖蒲(滝のコート南入口)(前乗り、運賃先払い、現金のみ扱い)

2011年12月19日より、それまで菖蒲仲橋で久喜駅行きに乗り継ぎが必要だったモラージュ菖蒲行きの直通急行バスが開通した。久喜駅からの急行バスと同様、桶川駅東口 - 下栢間 間を往路は乗車のみ、復路は降車のみを扱う。運賃は片道310円[注 2]の特定運賃。

  • 桶川駅東口 - 西窪台 - 加納公民館
  • 桶川駅東口 - みの木 - 加納公民館 - 坂田弁天公園 - 桶川駅東口(加納循環)
  • 桶川駅東口 - みの木 - 加納公民館 - 坂田弁天公園
  • 桶川駅東口 - 坂田弁天公園 - 加納公民館 - みの木

桶川駅の北東、坂田東周辺を回り、桶川駅へ戻る循環路線である。桶川駅発14時台を境に循環する向きが逆転する。13時台までは坂田弁天公園先回り(右回り)、14時台以降はみの木先回り(左回り)。一部、みの木止まりおよび坂田弁天公園始発がある。なお、「加納循環」と呼ばれるが、地名としての「桶川市加納」は通過しない[注 3]

蓮田駅発着路線編集

  • 蓮田駅東口 - 宿下 - 国立東埼玉病院
  • 蓮田駅東口 - 宿下 - 国立東埼玉病院 - 江ヶ崎馬場(みずほ団地)
  • 蓮田駅東口 - 橋場 - 国立東埼玉病院
  • 蓮田駅東口 - 橋場 - 国立東埼玉病院 - 江ヶ崎馬場(みずほ団地)

蓮田駅から蓮田市東部の国立病院機構東埼玉病院、江ヶ崎地区を結ぶ路線である。途中、藤の木団地を通るためか宿下経由の方が本数が1時間に2 - 3本と多く、橋場経由は1時間に1本程度である。

  • 蓮田駅東口 - 宿下 - 根金 - 下大崎 - 菖蒲仲橋
  • 蓮田駅東口 - 宿下 - 根金 - 下大崎
  • 蓮田駅東口 - 宿下 - 根金
  • 蓮田駅東口 - 宿下 - パルシー
  • 蓮田駅東口 - 宿下 - 根金 - 井沼 - 蓮田駅西口

蓮田駅から蓮田市中心部を抜けて市北部の根金地区、白岡工業団地方面を結ぶ路線。途中の「中閏戸」[注 4]までは平日1時間4本、土休日1時間3本前後と高頻度で運行されている。ちなみにパルシーとは、蓮田市の総合市民体育館の名称である。

  • 蓮田駅西口 - 井沼 - 八幡神社 - 丸谷 - 菖蒲車庫
  • 蓮田駅西口 - 井沼 - 八幡神社 - 丸谷
  • 蓮田駅西口 - 井沼 - 八幡神社
  • 蓮田駅西口 - 井沼 - 伊奈学園

蓮田駅西口から旧国道122号埼玉県道77号行田蓮田線埼玉県道5号さいたま菖蒲線を通り、蓮田市北西部の上平野地区・菖蒲町柴山地区方面とを結ぶ路線である。途中の八幡神社前までは1時間に2 - 3本程、丸谷までは1時間に1本運転されている。菖蒲車庫行きは完全な出入庫便で、朝昼夜とそれぞれ2 - 3本運転される程度である。また、かつて再開発されるまでは蓮田駅西口前の道路が狭かったことから、中学校入口 - 蓮田駅西口間は、蓮田駅西口着と蓮田駅西口発でルートが異なっている。

白岡駅発着路線編集

白岡駅を起点に、白岡市篠津、久喜市除堀、同菖蒲町台を経由、旧国道122号線を通り、菖蒲仲橋へ向かう路線である。本数は1時間に1〜2本と少ないが、久喜市菖蒲町南部と白岡駅を結ぶ重要な路線である。また蓮田駅、岩槻駅発着系統の入出庫の役割も果たしている。

久喜駅西口発着路線編集

  • 久01 久喜駅西口 - 新久喜総合病院前 - 川妻 - モラージュ菖蒲前 - 菖蒲仲橋
  • 久02 久喜駅西口 - 新久喜総合病院(玄関) - 川妻 - モラージュ菖蒲前 - 菖蒲仲橋
  • 久03 久喜駅西口 - (旧道) - 川妻 - モラージュ菖蒲前 - 菖蒲仲橋
  • 久04 久喜駅西口←久喜上町←新久喜総合病院前←川妻←モラージュ菖蒲前←菖蒲仲橋
  • 久喜駅西口←モラージュ菖蒲前(直行 休日最終便のみ運行)

菖蒲営業所の主要路線の一つで、旧・菖蒲町の中心部である菖蒲仲橋と久喜駅を埼玉県道12号川越栗橋線埼玉県道146号六万部久喜停車場線経由で結ぶ路線である。住宅地内を通ること、久喜駅がJR宇都宮線・東武伊勢崎線の発着駅であることから、平日は15分間隔、土休日は20分間隔とかなりの頻度で運行されている。2011年4月1日から久喜総合病院[注 5]の開院に伴い、病院経由の系統が開通した。平日昼間は病院の玄関を経由(久02)し、平日の早朝、夜間と土休日は玄関に入らず病院の前の県道を経由(久01)する。土休日の久喜駅行きは病院前から旧道の久喜上町へ向かう便(久04)とそのまま県道を上早見交差点へ向かう便(久01)とがある[注 6][注 7]。旧道経由(久03)は菖蒲仲橋行きが平日の17時台以降と土休日の14時台以降に、久喜駅行きが平日に、それぞれ設定されている[注 8]。系統記号は2016年3月26日ダイヤ改正以降「久西」から「久」へ変わっている。

  • (急行)久喜駅西口 - 高木病院前 - モラージュ菖蒲中央口(前乗り、運賃先払い、現金のみ扱い)

2010年7月1日に開通。モラージュ菖蒲の買い物客向けに、中央玄関へ直結する路線である。久喜駅西口 - 高木病院間を往路は乗車のみ、復路は降車のみを扱う。運賃は片道210円[注 9]の特定運賃。

2009年7月19日から島田観光バス(菖蒲町)の20人乗りマイクロバスにより久喜駅西口 - モラージュ菖蒲中央口間で無料シャトルバスの運行を開始[3] 。午前中の便を中心に久喜駅西口で積み残しが多発したため、2010年5月10日から同年6月30日まで朝日バス(50人乗り中型車)の運行に切り替わった。同年7月1日から有料化し現在に至る。またこの他に、モラージュ菖蒲開店時から2009年年始の多客期に、久喜駅西口⇔モラージュ菖蒲前間に臨時直行バス(通常運賃)が運行される場合があった。

岩槻駅発着路線編集

  • 岩槻駅西口 - 城北小学校入口 - 観音入口 - 蓮田新道 - 国立東埼玉病院
  • 岩槻駅西口←赤坂←観音入口←蓮田新道←国立東埼玉病院(休日夜間のみ運行)

岩槻駅西口を基点に、埼玉県道65号さいたま幸手線埼玉県道154号蓮田杉戸線経由で国立東埼玉病院へ向かう路線である。2017年3月31日までは岩槻駅東口からの発着だった。現在は1時間1本の運行本数である。かつては白岡駅、春日部エミナース発着もあり(2003年4月廃止)、蓮田新道バス停までは合わせて1時間2本程度運行されていた。また2009年2月1日から2010年11月24日まではさいたま市岩槻区北部を循環する岩槻循環が運行されており、城北小学校入口周辺では1時間2本だった。

東武バス菖蒲出張所編集

 
閉所後に東武バスセントラル三郷営業所に転属された車両

東武バス菖蒲出張所は、平成14年3月31日をもって閉所された東武バスの営業所である。JR高崎線とJR宇都宮線の間の広大な地域をエリアとしており、東武バスにおける広域エリアを持つ営業所の起こりともなった。また、出張所としては比較的規模が大きく、2000年まで傘下となった加須営業所より規模が大きい出張所であった。2000年に加須営業所の移管に伴い、上尾営業所管轄へと組織変更され、これによって「熊谷」ナンバーから「大宮」ナンバーに変更された。

車両編集

閉所時には35台程度が在籍。全車いすゞ車の配置で、他営業所からの転属車が多く占められていた。 晩年は上尾営業所傘下となり新車の投入が増えたが、上尾営業所は日野車配置営業所であったが、閉所までいすゞ車の投入が続けられ、上尾営業所の管轄でありながら閉所時までいすゞ車配置あった。2000年には越谷営業所の閉所に伴ってノンステップバス2台が菖蒲出張所に転属し国立東埼玉病院線に運用された。

路線編集

系統番号 路線名 菖蒲出張所時代の動き
桶02 桶川駅東口 - 細谷 - 菖蒲車庫 2002年4月1日:朝日自動車菖蒲営業所に移管。
桶川駅東口 - 細谷・菖蒲町役場前 - 菖蒲車庫
桶川駅東口 - 加納公民館 - 菖蒲車庫
桶川駅東口 - 西窪台 - 加納公民館
北02 北本駅西口→小学校前→団地東→北本駅西口 2002年4月1日:川越観光自動車森林公園営業所に移管。
北本駅西口→小学校前→団地東
北本駅西口→小学校前
蓮01 蓮田駅東口 - 下大崎 - 菖蒲仲橋 2002年4月1日:朝日自動車菖蒲営業所に移管。
蓮田駅東口 - 西新宿 - 下大崎
蓮02 蓮田駅西口 - 柴山・丸谷 - 菖蒲車庫 2002年4月1日:朝日自動車菖蒲営業所に移管。
蓮田駅西口 - 八幡神社前 - 丸谷
蓮田駅西口 - 上平野 - 八幡神社前
蓮03 蓮田駅東口 - 国立東埼玉病院 2002年4月1日:朝日自動車菖蒲営業所に移管。
蓮04 蓮田駅東口 - 西新宿 2002年4月1日:朝日自動車菖蒲営業所に移管。
久01 久喜駅西口 - 川妻 - 菖蒲仲橋 2002年4月1日:朝日自動車菖蒲営業所に移管。
白01 白岡駅 - 除堀 - 菖蒲仲橋 2002年4月1日:朝日自動車菖蒲営業所に移管。
岩02 岩槻駅 - 観音入口・太田新井 - 国民年金春日部エミナース 2002年4月1日:朝日自動車菖蒲営業所に移管。
岩03 岩槻駅 - 観音入口 - 国立東埼玉病院
岩05 岩槻駅 - 観音入口 - 白岡駅

朝日自動車への移管編集

菖蒲出張所は、2002年4月に朝日自動車へ移管され同社の菖蒲営業所となった。その際にエリアの調整が行われ、菖蒲出張所の路線のうち高崎線の西側の路線(北本団地線)は川越観光バス森林公園営業所に移管された。川越観光バスには既に1998年に富士重工線が移管されているが、この路線のみ高崎線の東側ながら川越観光バスの路線のままとなった。また、上尾営業所の路線のうち上尾駅東口発の路線も全て朝日バスに移管されている。

出典編集

注釈編集

  1. ^ のち越谷営業所境営業所へ転属している。
  2. ^ 2014年3月31日までは300円。
  3. ^ 当線内に「加納小学校」、「加納公民館」バス停は存在するが、「加納」バス停は桶川駅 - 菖蒲車庫線に所在する。
  4. ^ この停留所の先で、根金・下大崎方面とパルシー行きが分岐する。
  5. ^ 2016年4月1日からは運営者が変わり新久喜総合病院。
  6. ^ 2016年3月25日以前は、久喜駅行きはすべて病院前(または玄関)から久喜上町へ向かう経路を取っていた。病院玄関から久喜上町を経由する便(久西02→久05。平日のみ)は、2017年7月30日まで運行されていた。
  7. ^ 病院前(または玄関)経由の菖蒲仲橋行きは、すべて上早見交差点経由である。
  8. ^ 2017年7月30日以前は、旧道経由は菖蒲仲橋行き方向のみの運行であった。
  9. ^ 2014年3月31日までは200円。

外部リンク編集