メインメニューを開く

朝服(ちょうふく)は、飛鳥時代から平安時代にかけて、官人朝廷に出仕するときに着用した衣服である。

上衣であるには脇の縫われた文官用の縫腋袍と、袖付けから下が縫い合わさせておらず、脇が開いている武官用の闕腋袍とがあった。

の服飾に影響されて制定されたもので、制定されてからしばらくの間は、唐風の見栄えであったと想像されている。しかし後に国風文化の影響を受けて束帯衣冠直衣などに変化していった。また、唐においては日本の朝服に相当するものを「常服」と呼んだ。唐の「朝服」は裳をともなう日本の「礼服」に相当する衣服である。

目次

概要編集

孝徳天皇の時代には既に制定されていたが、天武天皇の時代に一時期廃された。文武天皇の時代に大宝令の制定とともに服飾も一新され、新たに礼服(らいふく)・朝服・制服の制が定められた。

奈良時代の『養老律令』の「衣服令」が定めるところによると、文官の袍が「衣」と呼ばれるのに対し、武官の袍は「襖」と呼ばれ、この「襖」が闕腋袍であったとみられる。

位階と服色・構成編集

令制によれば、一品親王以下、臣下の五位に至るまでは、当色(とうじき)[注 1]は礼服と同じで、親王は深紫、二位以下五位以上は浅紫。臣下は一位深紫、二位・三位は浅紫、四位は深緋、五位は浅緋、六位は深緑、七位は浅緑、八位は深縹、初位は浅縹と定められた。五位以上は、皀羅頭巾(くりのうすはたのときん・くりのらのときん)、牙、金銀装腰帯、白袴、烏皮履(くろかわのくつ・うひり)を着け、六位以下は、皀縵頭巾(くりのかとりのときん)、木笏、烏油腰帯、白袴、白襪(しろしとうず)、烏皮履を着けた。

袍を締める際には、後の束帯と同様に石帯を用いた。この石帯に付けられていた石が、日本各地の官衙跡地の遺跡から出土している。

時代の変遷とともに編集

時代を経ると次第に束帯へと変化していき、それに伴い、官人の勤務服から儀式の際の式服や正装へと地位の昇格が起きた。

当色は宝亀5年正月に大臣で二位は中紫とし、大同元年7月には七位を六位と同じく深緑とし、初位を八位と同じく深縹とし、弘仁元年9月に諸王二位以下の浅紫を中紫に、大臣で二位を中紫から深紫に、二位三位の浅紫を中紫に改めるなどのことがあったが、染色技術の変遷とあいまって寛弘年間以降は四位以上は黒、五位は蘇芳、六位及び六位以下はの3色となった。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 服の色目のこと

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集