メインメニューを開く

朝比奈 藤兵衛(あさひな とうべえ、生没年不詳)は、江戸時代前期の侠客[1]。姓は山中[1]

経歴・人物編集

大坂の人物で阿部左馬助の臣[1]。大力なことから和田合戦朝比奈義秀に擬せられ、朝比奈と称された[1]。鶴の丸の親分とも呼ばれた[1]荒木又右衛門に剣を学び、東軍流の達人であったと伝わる[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『朝比奈藤兵衛』 - コトバンク