朝課外(あさかがい)とは、主に九州地方(特に福岡県)の高等学校における早朝の課外授業のことである。公立/私立問わず大半の高校で実施されており、1時間目、1時限目の授業に先立って行われることから、高校によっては「0時間目」、「0時限目」などと称すこともある。

福岡県の朝課外編集

福岡県教育委員会によると、福岡県では遅くとも1970年代に始まり[1]、月曜日から金曜日、つまり平日の午前7時30分頃から約1時間、いわゆる5教科と呼ばれる国語数学理科生物物理化学)、社会日本史世界史地理)、英語の補習を行っている。2017年時点で県立高校(全94校)の約9割で実施されている。「保護者の経済力に依存せずに生徒の進路を保証するシステム」として定着しており、福岡県では塾・予備校にかける費用が全国平均より少ない[2]

一方で、朝「課外」という名目ながら、ほとんどの高校で通常の授業と同じように出欠が取られ、強制参加となっている(不参加の場合は遅刻扱いとなる)。そのため、遠方より通学する生徒のなかには、夜が明け切らぬうちに自宅を出発しなければならないケースもある[3]。また、朝課外を実施する教員に対する時間外手当が支給されない(あるいは、別途生徒より徴収する)ケースも目立つ。

2017年9月、福岡県議会において朝課外の強制性を問う質問がなされたことをきっかけに[4]、福岡県教育委員会は2018年新学期より生徒に対し参加の意思を確認することにより強制性を排除する方針を決定したが、各高校において教員から朝課外に参加するよう圧力を受ける生徒が多々おり、事実上の強制状態が続いている状況である[1]

その他の課外編集

  • 宮崎県の県立高校(普通科)においては、朝課外に加えて、夕課外(ゆうかがい)も合わせて実施されることが多い。これは通常の7時間授業のあと、「8時間目」の授業として、45 - 50分の授業が行われる。(外部リンク参照) また北陸地方の高校では、朝課外はないものの夕課外に相当する7時限目が存在する[5]
  • 福岡県の高校でも、朝課外に加えて夕課外夏課外冬課外も全て同時、または複数個行われるところも多い。 そのため夏休みの半分以上が夏課外で埋まっていることも珍しくない。

出典編集

  1. ^ a b “高校の“朝課外”「強制された」生徒の声相次ぐ 本来は任意のはずが… 福岡の県立高”. 西日本新聞. (2018年4月18日). https://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/409407/ 2018年4月29日閲覧。 
  2. ^ “福岡の高校でおなじみ「朝課外」 家計の一助、議論の余地も”. 日本経済新聞. (2017年10月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22510800Q7A021C1MLY000/ 2018年4月29日閲覧。 
  3. ^ 福岡の高校生が受ける「朝課外」がめんどくさすぎる! 実質「0時限目」って一体どういうことだよ”. キャリコネ (2016年11月12日). 2018年4月29日閲覧。
  4. ^ “憂楽帳:朝課外の前提”. 毎日新聞. (2017年9月26日). https://mainichi.jp/articles/20170926/ddg/041/070/011000c 2018年4月29日閲覧。 
  5. ^ おおたとしまさ (2018年4月28日). “九州では「0限目」、北陸では「7限目」、「課外授業」の是非”. BLOGOS. 2018年4月29日閲覧。

外部リンク編集