メインメニューを開く

朝霞地区一部事務組合(あさかちくいちぶじむくみあい)は、埼玉県朝霞市志木市和光市及び新座市の4市が設立している一部事務組合

目次

概要編集

事務所編集

  • 朝霞市溝沼一丁目2番27号(朝霞消防署の中)

主な事務内容編集

  • 消防事務
  • 障害者支援施設の設置及び管理運営
  • し尿処理

組織編集

  • 組合議会
    • 議員定数:20人(朝霞市:5人、志木市:5人、和光市:5人、新座市:5人)
  • 組合執行機関
    • 管理者:1人(組合市の長の協議により組合市の長から定める)
    • 副管理者:4人(組合市の長の協議により組合市の長から定める)
      • 副管理者のうち、1人は常任の副管理者とし、管理者が組合議会の同意を得て選任
    • 監査委員:2人

沿革編集

  • 1961年(昭和36年)12月22日 朝霞町(現朝霞市)、足立町(現志木市)、大和町(現和光市)と新座町(現新座市)の四町により朝霞地区し尿処理組合を設立。
  • 1964年(昭和39年)5月1日 組合名称を朝霞地区衛生組合に変更。
  • 1988年(昭和63年)11月15日 組合名称を朝霞地区一部事務組合に変更。

消防事務編集

朝霞地区一部事務組合埼玉県南西部消防本部
 
本部・朝霞消防署庁舎
情報
設置日 1998年(平成10年)10月1日
管轄区域 朝霞市、志木市、和光市及び新座市
管轄面積 61.28km2
職員定数 424人
消防署数 4
分署数 4
所在地
朝霞市溝沼一丁目2番27号
法人番号 3000020118109
リンク 埼玉県南西部消防本部
テンプレートを表示

消防事務を処理するため、消防組合消防本部)として朝霞地区一部事務組合埼玉県南西部消防本部を設置している[1]

概要編集

沿革編集

  • 1990年(平成2年)11月21日 埼玉県南西部4市まちづくり協議会を設置し、消防体制について協議を開始。
  • 1993年(平成5年)8月 4市まちづくり協議会の防災消防部会に消防資機材相互活用検討委員会を設置し、消防資機材相互活用の調査研究を開始。
  • 1995年(平成7年)3月30日 消防庁より「平成6年度モデル広域消防」の指定を受ける。
  • 1996年(平成8年)7月 和光市役所内に消防職員5名で広域消防準備室を設置。
  • 1997年(平成9年)5月 朝霞市消防本部内に消防職員5名、市役所職員3名で埼玉県南西部広域消防設立準備室を設置。
  • 1997年(平成9年)11月13日 朝霞地区市長会(組合構成4市の市長会)にて、消防事務の広域化について4市長の合意を得る。
  • 1997年(平成9年)12月 組合構成4市の議会で組合規約変更の議決を得る。
  • 1998年(平成10年)6月 組合議会に関連条例等を上程し可決。
  • 1998年(平成10年)10月1日 朝霞市消防本部志木市消防本部和光市消防本部及び新座市消防本部が朝霞地区一部事務組合に移行し、1本部4消防署4分署、職員数390名の体制で朝霞地区一部事務組合埼玉県南西部消防本部が発足。
  • 1998年(平成10年)12月 埼玉県南西部消防音楽隊が発足。
  • 2000年(平成12年)4月 消防職員の定数を409名とする。
  • 2000年(平成12年)4月 和光消防署を移転。
  • 2003年(平成15年)5月 アルジェリア民主人民共和国地震災害に国際消防救助隊を派遣した。
  • 2004年(平成16年)10月 消防職員の定数を424名とする。
  • 2008年(平成20年) 平成19年度に日本消防設備安全センターへ委託した消防態勢力調査の報告書がまとめられる。はしご車3台で運用が可能、和光消防署白子分署の移転、志木消防署宗岡分署(仮称)の新設などが主な内容[2]
  • 2009年(平成21年)4月 消防本部に設置した高機能消防指令システムの運用を開始。これに伴い指令第1課と指令第2課を指令統括課に改組し、新座消防署内の指令通信室を廃止[2][3]
  • 2009年(平成21年)12月25日 和光消防署を新築移転。
  • 2011年3月11日 東日本大震災緊急消防援助隊を派遣する。
  • 2012年(平成24年)10月1日 埼玉県では2番目の設置となる高度救助隊が朝霞消防署に発足する。
  • 2016年(平成28年)3月 高度救助隊を埼玉県特別機動援助隊埼玉SMART)に登録。

組織編集

  • 本部-消防総務課、予防課、警防課、救急課、指令統括課
  • 消防署-消防課、消防活動課

相互応援協定編集

管轄境界付近で発生した災害(救急含む)や管轄区域内で発生した大規模災害等に対して迅速に活動できるよう、隣接する消防機関等と応援協定を締結し、日頃から近隣市等で発生した災害へ出動している。

消防相互応援協定
その他の応援協定

消防署編集

消防署 住所 分署
朝霞消防署 朝霞市溝沼一丁目2番27号 浜崎分署:朝霞市大字浜崎字川端666番1
志木消防署 志木市本町一丁目3番1号 なし
和光消防署 和光市広沢1番3号 白子分署:和光市白子二丁目25番10号
新座消防署 新座市野火止二丁目9番45号 片山分署:新座市片山一丁目21番30号
大和田分署:新座市大和田五丁目7番14号

障害者支援施設編集

知的障害者の保護や社会生活へ適応するための訓練などを行うため、障害者支援施設として朝霞地区一部事務組合立障害者支援施設すわ緑風園を設置している。

概要編集

  • 名称:朝霞地区一部事務組合立障害者支援施設すわ緑風園
  • 所在地:和光市南二丁目3番2号

沿革編集

  • 1990年(平成2年)6月1日 開所。

し尿処理編集

し尿を衛生的に処理するため朝霞地区一部事務組合し尿処理場を設置し、構成4市より収集運搬されたし尿と浄化槽汚泥の処理を行っている。

概要編集

  • 名称:朝霞地区一部事務組合し尿処理場
  • 所在地:朝霞市大字根岸770番地

沿革編集

  • 1964年(昭和39年)5月 処理能力72キロリットルの処理施設により、し尿処理を開始。
  • 1972年(昭和47年) 収集し尿の一部の海洋投棄処分を開始。
  • 1974年(昭和49年)3月 施設増設工事の完了により海洋投棄処分を中止。
  • 2004年(平成16年)4月1日 し尿処理水の公共下水道投入を開始。

参考文献編集

  • 「平成17年版消防年報」 埼玉県南西部消防本部、2006年
  • 平成19年版消防年報」 埼玉県南西部消防本部、2008年

脚注編集

  1. ^ 朝霞地区一部事務組合埼玉県南西部消防本部及び消防署の設置等に関する条例で、消防本部と消防署の名称として「朝霞地区一部事務組合」を前置するものが定められている。しかし字数が長くなってしまうので、車両への標記や一般への広報等では「朝霞地区一部事務組合」を省略している。
  2. ^ a b 平成21年第2回朝霞地区一部事務組合議会定例会会議録」 朝霞地区一部事務組合議会
  3. ^ 平成20年第4回朝霞地区一部事務組合議会定例会会議録」 朝霞地区一部事務組合議会

外部リンク編集