メインメニューを開く

朝響 信親(あさひびき のぶちか、1897年1月3日 - 1960年2月22日)は、愛媛県西宇和郡三瓶町(現西予市)出身で1920年代に活躍した大相撲力士。本名は宮本 延近。身長173cm、体重90kg。最高位は東前頭2枚目(1927年5月場所)。引退後は年寄佐ノ山として後進の指導につとめた[1]

目次

来歴編集

同郷の大関朝汐佐ノ山部屋に入門し、1914年1月場所に初土俵を踏んだ。稽古熱心で順調に昇進し、1918年5月に、朝見藤と名乗って十両に昇進、1922年1月には朝見富士と改めて新入幕を果たした[1]。その間、師匠が亡くなったので本家の高砂部屋に移籍した。また、入幕後に朝響と改名している。

1926年5月場所、1927年1月場所と連続して8勝3敗と好成績を収めたのがピークであった。宮城山福松の土俵入りの際には太刀持ちを務めていた[1]

幕内では地味な取り口で、横綱大関を破る殊勲もなかったが、それでも1929年まで20場所連続して幕内を保った。1929年5月、十両に落ちたところで連続全休して9月場所限りで引退、年寄佐ノ山を襲名した[1]

引退後は長く高砂部屋で後進を指導していたが、1955年3月、独立して佐ノ山部屋を再興した。しかし、関取をだせないまま1960年2月に死去した。しかし、遺された弟子の中から、のちの幕内栗家山恵三が出た。

主な成績編集

  • 通算成績:130勝127敗4分3預54休 勝率.506
  • 幕内成績:75勝105敗2分2預32休 勝率.417
  • 現役在位:38場所
  • 幕内在位:20場所

場所別成績編集

朝響信親
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1914年
(大正3年)
(前相撲) x 西序ノ口33枚目
5–0 
x
1915年
(大正4年)
西序二段61枚目
5–0 
x 西序二段6枚目
4–1 
x
1916年
(大正5年)
西三段目44枚目
4–1 
x 東三段目9枚目
4–1 
x
1917年
(大正6年)
東幕下43枚目
4–1 
x 東幕下5枚目
3–2 
x
1918年
(大正7年)
西幕下筆頭
3–2 
x 東十両12枚目
3–2 
x
1919年
(大正8年)
東十両5枚目
2–4
1預
 
x 東十両14枚目
3–1
1分
 
x
1920年
(大正9年)
東十両7枚目
3–2 
x 東十両6枚目
3–1
1分
 
x
1921年
(大正10年)
東十両7枚目
4–1 
x 西十両筆頭
5–3 
x
1922年
(大正11年)
西前頭14枚目
5–5 
x 東前頭9枚目
4–4
2預
 
x
1923年
(大正12年)
西前頭7枚目
3–7 
x 東前頭15枚目
3–1–7 
x
1924年
(大正13年)
東前頭8枚目
5–5 
x 西前頭7枚目
5–4–1
1分
 
x
1925年
(大正14年)
西前頭2枚目
5–6 
x 東前頭6枚目
4–6
1分
 
x
1926年
(大正15年)
東前頭9枚目
4–7 
x 西前頭10枚目
8–3 
x
1927年
(昭和2年)
東前頭7枚目
8–3 
東前頭7枚目
2–9 
東前頭2枚目
2–9 
西前頭11枚目
0–2–9 
1928年
(昭和3年)
西前頭6枚目
6–5 
東前頭15枚目
1–6–4 
東前頭5枚目
3–8 
東前頭5枚目
0–0–11 
1929年
(昭和4年)
西前頭15枚目
3–8 
西前頭15枚目
4–7 
東十両2枚目
0–0–11 
東十両2枚目
引退
0–0–11
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)
  • 1924年5月の1休は相手力士の休場によるもの

四股名変遷編集

  • 朝見藤 信親(あさみふじ のぶちか)1914年1月場所 - 1921年5月場所
  • 朝見富士 信親(あさみふじ -)1922年1月場所 - 1923年5月場所
  • 朝響 信親(あさひびき -)1924年1月場所 - 1929年9月場所

脚注編集

  1. ^ a b c d ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p21

関連項目編集