メインメニューを開く

朝香 孚彦(あさか たかひこ、1912年大正元年)10月8日 - 1994年平成6年)5月6日)は、日本の元皇族陸軍軍人朝香宮鳩彦王の第1王子で、旧名は孚彦王1947年(昭和22年)10月14日に皇籍離脱陸軍軍人で、皇族として初めて操縦桿を握った。士候45期、陸大53。最終階級は陸軍中佐昭和天皇は従兄、上皇は従甥、今上天皇は従姪孫にあたる。

孚彦王
朝香孚彦
大勲位菊花大綬章
Prince Takahiko Asaka.jpg
続柄
身位 → 皇籍離脱
敬称 殿下 → 皇籍離脱
出生 1912年10月8日
日本の旗 日本 東京府
死去 (1994-05-06) 1994年5月6日(81歳没)
配偶者 千賀子
子女
父親 朝香宮鳩彦王
母親 鳩彦王妃允子内親王
役職 陸軍中佐
テンプレートを表示
婚儀にて

生涯編集

大正元年10月8日午前5時5分、朝香宮鳩彦王と同妃允子内親王(第122代明治天皇の第八皇女)の第一王子として生を受ける。14日に孚彦と命名。陸大卒業後航空兵科に異動し、航空本部教育部部員、第51航空師団参謀等をつとめた。戦後は公職追放を経て[1]、聴講生として東京大学航空工学を学び、1952年(昭和27年)には日本航空運航部に就職。この間、1950年(昭和25年)に妻千賀子が自らの結核の快癒を願ってカルメル会に入りカトリック信者となったのを機に家族全員で受洗。1952年(昭和27年)暮れに千賀子が病死した後も敬虔なクリスチャンであり続け、75歳になってからも愛車のBMWで足繁く東京都世田谷区カトリック上野毛教会の早朝ミサに通う姿が『週刊読売1988年(昭和63年)5月29日号に報じられた。

年譜編集

栄典編集

血縁編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇竹田宮恒久王
 
昌子内親王北白川宮成久王
 
房子内親王朝香宮鳩彦王
 
允子内親王東久邇宮稔彦王
 
聡子内親王昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇竹田恒徳永久王朝香孚彦盛厚王
 
成子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明仁上皇
 
竹田恒正
 
 
 
 
 
北白川道久
 
 
 
朝香誠彦東久邇信彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現皇室
 
 
竹田家
 
 
 
 
男系断絶
 
 
 
 
朝香家東久邇家


脚注編集

  1. ^ 『朝日新聞』1947年10月17日二面。
  2. ^ 『官報』第5822号、昭和21年6月13日。
  3. ^ 『官報』第2634号「叙任及辞令」1935年10月11日。
  4. ^ 『官報』第849号「叙任及辞令」1929年10月28日。p.672
  5. ^ 『官報』第2043号「叙任及辞令」1933年10月21日。p.497
  6. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」1941年10月23日。
  7. ^ 『官報』第5048号「叙任及辞令」1943年11月9日。p.197
  8. ^ 戦後、1947年(昭和22年)父に従い皇籍離脱。朝香冨久子となり、女子美術大学に学ぶ。皇太子妃の候補ともなった。旧盛岡藩主南部家南部利久に嫁いで離婚。のち、日清製粉に勤務する一般人と再婚し、二児を儲けた。また、SF同人誌宇宙塵』に参加し、ペンネーム「美苑ふう」(ディエンビエンフーの戦いに由来)あるいは「南部ふう」名義で小説を発表した(『日本SF・原点への招待「宇宙塵」傑作選2』講談社に収録)。同誌には「朝香冨久子」「南部冨久子」名義でカットを発表したこともある。2009年2月19日、心不全により67歳で死去。(『週刊新潮』2009年4月2日号より)
  9. ^ あさか・ともひこ。東京藝術大学音楽学部チェロを専攻した後、CBSソニーに勤務。東京都庭園美術館館長特別顧問を務める。
  10. ^ 岐阜県美濃町で誕生したことから「みのこ」と名付けられる。のち日新製糖勤務の一般人と結婚し、三児を儲ける。

参考文献編集

  • 上法快男監修,外山操編『陸海軍将官人事総覧』陸軍篇(芙蓉書房、昭和56年)

外部リンク編集