メインメニューを開く

朝鮮の外来帰化氏族(ちょうせんのがいらきかうじぞく)は、歴史上の各時期に多くの外国人が移住し朝鮮民族帰化した。そして新しい姓氏あるいは新しい本貫をもたらした。外国人の朝鮮への帰化は三国時代に始まって、に至って、多くの漢民族が移住して朝鮮に帰化した。高麗時代は、大量の宋人が朝鮮に入り、その中には、女真契丹ベトナムモンゴルウイグルアラビアも含まれる。朝鮮王朝時代には、明朝日本などから来る外国人が朝鮮に帰化した。高麗時代における流入した異民族の数は23万8000人余りに達する[1]。あるいは契丹が滅亡した後に、高麗に渡来した契丹人は100万に達するという記録もある[2]。定住した漢人は国際情勢に明るく、文芸にたけていて官僚にたくさん進出した。流入した渤海人契丹との戦争に大きな功績を立てた。崔茂宣に火薬製造技術を伝えた人物の李元も中国江南出身である[1]。また流入した女真族は北方情勢を提供したり城を築いたり、軍功をたてた者もいる。李氏朝鮮を建国した李成桂は東北面出身でこの地域の女真族を自身の支持基盤とした。開国功臣だった李之蘭はこの地域出身の女真族指導者として同北方面の女真族と朝鮮の関係を篤実にするのに重要な役割を担当した。李氏朝鮮時代、同北方面の領域で領土拡張が可能だったことは女真族包容政策に力づけられたことが大きい[1]

帰化した動機の大部分は政治亡命のためだが、宣教降伏援助商売戦乱を避けるため、犯罪から逃れるため、降嫁のために帰化した。

外国姓氏の主要は中国系であるが、他にモンゴル系女真系ウイグル系アラビア系アヨーディヤー系ベトナム系日本系である。

韓洪九によると、朝鮮の氏族の数えて約40%から50%が帰化人である[3]。同じく金光林によると、朝鮮の氏族の半分は外国人起源であり、大半は中国人に起源に持つ[4]

岸本美緒宮嶋博史によると、朝鮮の一族には、中国から帰化した帰化族が相当存在しており、代表的なものでは慶州偰氏延安李氏南陽洪氏海州呉氏安東張氏豊川任氏咸従魚氏居昌愼氏原州邊氏などであり、なかでも延安李氏南陽洪氏豊川任氏は、李氏朝鮮時代屈指の名家であり、これらの帰化氏族の朝鮮への移民時期は、伝承的な性格の場合と、移民時期・移民者が明確な場合とに分類でき、特に宋朝元朝時代、なかでも元朝から支配されていた時代に移民しているが、しかし李氏朝鮮時代には見られなくなり、高麗時代までは移民を容易に受け入れていた極めて弛緩した社会であった[5]。 多数の韓国の学者たちは中国を統一した北魏の鮮卑族の例と菜山,丁若鏞が主張したように多くの朝鮮半島の土着民は新羅の時代に模華思想で中国の苗字を使い始めたと主張している。[6]

目次

主要帰化氏族編集

中国系編集

日本系編集

モンゴル系編集

女真系編集

ウイグル系編集

アラビア系編集

ベトナム系編集

アヨーディヤー系編集

オランダ系編集

ドイツ系編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 初等教科書、高麗の時「23万流入」言及もしない京郷新聞』2007年8月21日
  2. ^ “권두논단 국민의식 선진화가 시급하다”. 時代精神. (2015年9月). オリジナルの2017年8月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170821215548/http://www.sdjs.co.kr/read.php?quarterId=SD201505&num=838 
  3. ^ 韓洪九 (2006). 21세기에는 바꿔야 할 거짓말 Lie should be changed in the 21st century. 한겨레출판사 ハンギョレ. ISBN 8984311979. http://book.daum.net/detail/book.do?bookid=KOR9788984311978. 
  4. ^ 金光林 (2014). A Comparison of the Korean and Japanese Approaches to Foreign Family Names. Journal of Cultural Interaction in East Asia Vol.5 東アジア文化交渉学会. http://www.sciea.org/wp-content/uploads/2014/05/03_JIN.pdf. 
  5. ^ 岸本美緒宮嶋博史『明清と李朝の時代 「世界の歴史12」』中央公論社、1998年。ISBN 978-4124034127p17
  6. ^ https://terms.naver.com/entry.nhn?docId=547423&cid=46622&categoryId=46622

参考文献編集