朝鮮仏教徒連盟(ちょうせんぶっきょうとれんめい)は、1945年12月26日に結成された朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)の宗教団体。「北朝鮮仏教徒連盟」が前身である。1965年頃に一旦、解散させられるが、1972年に再び結成された。韓国の仏教団体との交流窓口となっている。朝鮮仏教徒連盟中央委員会委員長は康寿麟

朝鮮仏教徒連盟
各種表記
ハングル 조선불교도련맹
発音 チョソンブギョドリョンメン
テンプレートを表示

厳しい宗教統制編集

北朝鮮は社会主義国のため宗教活動が厳しく統制(実質的に禁止)されている。僧侶朝鮮労働党によって党員の中から選ばれている。信徒(信者)も朝鮮労働党の思想審査に合格した党員しかなれない。妙香山には普賢寺という寺院があるが、外国人観光客のための見学コースになっている。

関連項目編集

参考資料編集