メインメニューを開く

朝鮮労働党対外連絡部(ちょうせんろうどうとうたいがいれんらくぶ)は、かつて存在した朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の情報機関。2009年の情報機関改革で、内閣附属の内閣第225部(室)(対外交流局(대외교류국))に縮小改編された後[1][2]、再び党所属に復帰し、現在では第225部(室)は朝鮮労働党統一戦線部の傘下機関となっている[3]

概要編集

朝鮮労働党対外連絡部は、韓国内に浸透して秘密地下組織(地下党)を構築し、スパイや地下組織を管理する機関であった。かつては連絡部社会文化部と呼ばれていた。俗に他の党諜報機関とともに「三号庁舎」とも呼ばれる。また、韓国内の反韓国勢力(親北朝鮮勢力)を糾合し、反北朝鮮勢力に対するテロと拉致を行っていた。数百名の工作員を擁していた。

烽火政治大学編集

烽火政治大学(110連絡所)は、1989年に新設された。烽火政治大学は、金正日政治軍事大学の工作員分校が発展したもので、対外連絡部の対南工作員養成機関である。

活動内容編集

  • 要人暗殺
  • 日本人拉致
  • 政治・経済・社会・軍事情報収集
  • 流言飛語の流布
  • 工作員の獲得
  • 韓国、日本の政治団体、社会団体、キリスト教など宗教団体への浸透工作
  • 工作員の密封教育、韓国への侵入、地下組織構築
  • 工作員による貿易会社の運営
  • 麻薬密売等の非合法活動
  • 日本から核開発やミサイル開発に必要な部品の密輸

組織編集

傘下の組織

部長編集

主導ないし関与したとされる作戦・事件編集

有名な工作員編集

脚注編集

  1. ^ 北軍部「対韓国通」キム・ヨンチョル氏、工作総責に 中央日報 2010年2月18日
  2. ^ 北대남해외공작기구 '정찰총국'으로 통합(2009年5月10日付連合ニュース)
  3. ^ 総連、北朝鮮での発言力低下? 指導機関が別組織傘下に 朝日新聞 2013年10月17日
  4. ^ 『宿命』P.223
  5. ^ 『朝鮮総連工作員』P.100
  6. ^ 『【やばいぞ日本】第1部 見えない敵(6)科協(カーギー)がさらう頭脳と技術』産経新聞2007年7月21 日
  7. ^ 『北朝鮮のスパイ戦略』P.215
  8. ^ 『宿命』P.252
  9. ^ 『宿命』P.414
  10. ^ 『北朝鮮のスパイ戦略』P.121
  11. ^ 『北朝鮮のスパイ戦略』P.121
  12. ^ 『決定版! 北朝鮮ワールド』P.76

参考資料編集

関連項目編集