メインメニューを開く

朝鮮民主主義人民共和国国家保衛省

国家保衛省(こっかほえいしょう、朝鮮語국가보위성)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の秘密警察で、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会の直属機関。事実上は朝鮮労働党中央委員会組織指導部の執行機関であるとされる[1]

朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
国家保衛省
국가보위성
Emblem of North Korea.svg
組織の概要
設立年月日 1973年
管轄 朝鮮民主主義人民共和国政府
行政官
  • (国家保衛相)
朝鮮民主主義人民共和国国家保衛省
各種表記
ハングル 국가보위성
漢字 國家
英語表記: State Security Department of North Korea
2000年式 Gukga bowibu
MR式 Kukka powibu

国家安全保衛省の主任務はスパイ反体制派の摘発である。国外では中国東北地方香港マカオ等でも活動し、脱北者の摘発も行っている。政治犯を収容する管理所の管理業務も行っている。

目次

歴史編集

1973年内務省(警察担当省庁)に相当する社会安全部から、政治犯を専門とする国家政治保衛部が分離され、部長には金炳夏が任命された。金日成は国家政治保衛部を通して反体制派を粛清し、住民が反抗できないように北朝鮮社会に恐怖感を作り出した。その後、弾圧の行き過ぎを感じ取った金日成は、責任を金炳夏に負わせて粛清した。

1982年、国家政治保衛部から「政治」の言葉が外され、国家保衛部に改称された。部長には李鎮洙が任命されたが、部の全般的な指導は金日成の後継者として台頭してきた金正日が行った。

1987年の李鎮洙死亡以後は部長は任命されず、部の実務は第一副部長のキム・ヨンリョンが担当することになる。しかし1998年、キム・ヨンリョンは、金正日から反革命分子のレッテルを貼られ自殺した。この間の1993年に国家保衛部は国家安全保衛部に改称されている。

金日成死去後に金正日体制が確立してからも国家安全保衛部長職は永らく空席で、金正日が直接この機関を指揮・指導し、実務は国家安全保衛部第一副部長の禹東測が取仕切っていた。

2011年に金正日が死去して金正恩体制が発足すると、2012年4月に金元弘が国家安全保衛部長に就任した。

消息筋によると、2016年6月に開催された第13期最高人民会議第4回会議で人民武力部人民保安部とともに部から省へと格下げされ国家安全保衛省に名称変更したとみられていたが[2]、同年12月の朝鮮中央テレビの報道で名称が国家保衛省に変更されていたことが判明した[3]

2017年2月3日、韓国統一省は金元弘が1月下旬に党組織指導部の検閲を受けて拷問などの人権侵害、様々な越権行為、不正行為を理由に国家保衛相を解任され、大将から少将に降格されていたことを発表した。これと同時に、国家保衛省の次官級の幹部が多数処刑されていたことも発表した[4]

2017年5月5日、国家保衛省は米国の中央情報局(CIA)と韓国の国家情報院が金正恩党委員長の暗殺を試みたと発表し[5][6][7]、正式な謝罪を要求した[8]

歴代保衛部長・保衛相編集

  • 金炳夏 (1973年 - 1982年2月)
  • 李鎮洙 (1982年 - 1987年10月)
  • 金元弘 (2012年 - 2017年1月)
  • 鄭敬沢(チョン・ギョンテク)[9] (現任)

出典編集

関連項目編集