メインメニューを開く

朝鮮民主主義人民共和国最高指導者専用列車

朝鮮民主主義人民共和国最高指導者専用列車(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくさいこうしどうしゃせんようれっしゃ)は、朝鮮民主主義人民共和国の最高指導者が利用する特別編成の列車太陽号とも1号列車とも呼ばれる。

概要編集

ソビエト連邦の指導者スターリンから金日成(朝鮮民主主義人民共和国首相・国家主席)に贈られた列車が原型とされる。飛行機嫌いとされていた金正日国防委員長朝鮮労働党中央委員会総書記)が国内視察や海外訪問に頻繁に使っていたことで知られており、錦繍山太陽宮殿の解説によれば、「人民の現場」に赴く視察に用いられた回数は1,647回、延べ39万8千km。外国に列車で訪問した距離は、6万4千kmとされている[1]2011年金正日の死も列車内であったと報道されている。

金正日の死後、後継者の金正恩朝鮮労働党委員長)も専用列車を利用しており、2018年には初の外遊として中華人民共和国訪問を行った際にも運行された[2]。なお、同年3月26日北京駅に到着した時点では、中国側の東風11Z型(DF11Z)電気式ディーゼル機関車が専用列車を牽引していた[3]

2019年米朝首脳会談のため、ベトナム社会主義共和国に向けて行われた運行では、2月23日に中国に入り遼寧省河北省河南省湖北省湖南省広西チワン族自治区を南下。中国-ベトナムの国境を越えて2月26日ドンダン駅に到着するまで間、約4500キロメートルの運行となった。平均速度は時速67km/h程度であるため、中国側の高速鉄道は複数の列車が運休となった[4]。牽引する機関車は、金正恩がそれまで外遊で使用していた東風11Z型ではなく、中国国鉄東風4型ディーゼル機関車(DF4D)が牽引していた[5]。この時に専用列車は中国の憑祥駅で停車して南寧駅で整備を受けていた[6]

朝鮮民主主義人民共和国の鉄道#金正日専用の特別列車も参照のこと。

車両編集

通常、ディーゼル機関車2両と客車17-21両で運行されるが、指導者の乗車の有無をカモフラージュするために、外見が同じ編成の列車を複数運行することもある[7]。車体色は緑色で、黄色いライン入ったもので統一される。指導者が乗車する車両は、特に豪華な内装とセキュリティや最新の通信機器などが装備されており、2001年のロシア訪問の際に同乗したロシア大統領全権特使は、列車の床には防弾用鉄板が敷かれていること、映画鑑賞と電子地図に使われるスクリーンが2つあることが紹介されている。また、2011年のロシア訪問の際の記録映画では車内における金正日の執務風景が紹介されている[8]

また、かねてより列車編成の中には、要人輸送用の自動車を搭載する車両も連結されているとされてきた。2018年、金正恩訪朝の際に北京市内で使用された北朝鮮側の車両は、普段、金正恩が平壌市内で使用している防弾仕様のメルセデス・ベンツ・W221と外観等が同じであり、北朝鮮から中国へ専用列車で持ち込まれたものと考えられている[9]

列車への襲撃編集

2004年、専用列車が通過した後に発生した大爆発(龍川駅列車爆発事故)は、金正日の暗殺を狙い失敗したものとする説がある。また、2012年頃には金正恩乗車の列車転覆を狙い爆発物を集めていた元受刑者が摘発される事件も発生している[10]

脚注編集

  1. ^ 「地球10周分疾走」隠されたハイテク専用列車内 「3万4千キロ」空の旅の謎”. 産経新聞社 (2014年12月19日). 2018年3月28日閲覧。
  2. ^ 金正恩氏が電撃訪中か?…北京には「特別列車」が到着”. ZAKZAK (2018年3月27日). 2018年3月28日閲覧。
  3. ^ 金委員長「列車訪中」に込められた歴史的意味”. 東洋経済オンライン (2018年3月28日). 2018年4月5日閲覧。
  4. ^ 時速67キロ「のろのろ金正恩専用列車」に中国人が不満の声”. 朝鮮日報 (2019年2月26日). 2019年3月1日閲覧。
  5. ^ アングル:ハノイ米朝会談へ、金正恩氏「中国鉄道旅」の謎”. ロイター (2019年2月27日). 2019年2月28日閲覧。
  6. ^ 金正恩氏の列車は中国・南寧で整備中か 中朝首脳会談の可能性も”. 朝鮮日報 (2019年2月27日). 2019年2月28日閲覧。
  7. ^ 衛星電話に宴会場、ヘリも完備… 金一族の「特別装甲列車」”. AFP (2018年3月27日). 2018年3月28日閲覧。
  8. ^ 北朝鮮が金総書記の専用列車を公開”. 中央日報 (2011年9月1日). 2018年3月28日閲覧。
  9. ^ 金正恩氏 訪中時に平壌からベンツ持ち込みか”. Yonhapnews (2018年3月30日). 2018年4月5日閲覧。
  10. ^ 「正恩氏の列車 爆破計画」 昨年5月、北秘密警察報告”. 東京新聞 (2017年4月2日). 2018年3月28日閲覧。

関連項目編集