メインメニューを開く

朝鮮総督府政務総監(ちょうせん そうとくふ せいむ そうかん)は、朝鮮総督の下に置かれた親任官であり、総督に次ぐ第二の地位にあった。軍事権を除く行政立法司法の実務を統括し、主に官僚や政治家が任命された。1910年に朝鮮総督府官制の第8条に基づいて設置され、1945年太平洋戦争終結により日本が主権及び朝鮮半島の統治権を喪失したことに伴い連合国の指示により廃止された。前身は韓国統監府の副統監である。

歴代政務総監編集