朝鮮総督府政務総監(ちょうせん そうとくふ せいむ そうかん)は、朝鮮総督の下に置かれた親任官であり、総督に次ぐ第二の地位にあった。軍事権を除く行政立法司法の実務を統括し、主に官僚や政治家が任命された。前身は韓国統監府の副統監である。

前半期は内務省(特に警察畑)出身者の起用が目立ったが、後半期は他省出身者や朝鮮総督府生え抜きの人物も登用された。

1910年に朝鮮総督府官制の第8条に基づいて設置され、1945年太平洋戦争終結により日本が主権及び朝鮮半島の統治権を喪失したことに伴い連合国の指示により廃止された。

歴代政務総監編集

氏名 写真 着任 離任
1 山縣伊三郎   1910年10月1日 1919年8月12日
2 水野錬太郎   1919年8月12日 1922年6月12日
3 有吉忠一   1922年6月12日 1924年7月4日
4 下岡忠治   1924年7月4日 1925年11月22日
5 湯浅倉平   1925年11月22日 1927年12月23日
6 池上四郎   1927年12月23日 1929年4月4日
7 児玉秀雄   1929年4月4日 1931年6月19日
8 今井田清徳   1931年6月19日 1936年8月5日
9 大野緑一郎   1936年8月5日 1942年5月29日
10 田中武雄   1942年5月29日 1944年7月24日
11 遠藤柳作   1944年7月24日 1945年10月24日