朝鮮語族(ちょうせんごぞく、: 조선어족 (朝鮮語族), (北朝鮮での呼称) ) および 韓国語族(かんこくごぞく、: 한국어족 (韓國語族), (韓国での呼称), : Koreanic)は、主に朝鮮半島で話される、朝鮮語とそれと同系の諸言語等からなる語族

韓国語族・朝鮮語族
民族朝鮮民族
話される地域朝鮮半島 (韓国北朝鮮), 満州
言語系統世界の主要語族の一つ
(韓国語族・朝鮮語族)
祖語朝鮮祖語
下位言語
Glottologkore1284
Koreanic.svg
主な地域
韓国語族 (韓国の表記)
各種表記
ハングル 한국어족
漢字 韓國語族
発音 ハングゴジョク
日本語読み: かんこくごぞく
RR式 Hangugeojok
MR式 Han'gugŏjok
英語表記: Koreanic
テンプレートを表示
朝鮮語族 (北朝鮮の表記)
各種表記
チョソングル 조선어족
漢字 朝鮮語族
発音 チョソノジョク
日本語読み: ちょうせんごぞく
RR式 Joseoneojok
MR式 Chosŏnŏjok
英語表記: Koreanic
テンプレートを表示

概要編集

朝鮮語は系統において様々に議論があるものの、比較言語学的にいずれかの他言語と共通の語族に属すことは証明されておらず、孤立言語とする立場がある。ただし済州道言葉を、別の言語である「済州語」とする考えもあり、その論をとれば朝鮮語の同系言語が存在することになる。

下位言語編集

朝鮮語族は、2つの語派(あるいは2つの言語、2つの方言)に分類されるが、細部での区分は諸説ある。

古代朝鮮の言語編集

古代に朝鮮半島に分布した言語には2つの系統があると考えられる。

現代朝鮮語は新羅語の系統に位置するとされる。扶余諸語(高句麗語)は、朝鮮語族と同系とする説[1][2][3]日琉語族と同系とする説[4] 、両者の中間の言語とする説[5]などがある。

脚注編集

  1. ^ Kim, Nam-Kil (2009), "Korean", in Comrie, Bernard (ed.), The World's Major Languages (2nd ed.), London: Routledge, pp. 765–779, ISBN 978-0-415-35339-7.
  2. ^ Vovin, Alexsander (2013), "From Koguryo to Tamna: Slowly riding to the South with speakers of Proto-Korean", Korean Linguistics, 15 (2): 222–240, doi:10.1075/kl.15.2.03vov.
  3. ^ Unger, J. Marshall (2009), The role of contact in the origins of the Japanese and Korean languages, Honolulu: University of Hawaii Press, ISBN 978-0-8248-3279-7.
  4. ^ Christopher Beckwith, 2004. Koguryo, the language of Japan's continental relatives
  5. ^ Lee, Ki-Moon; Ramsey, S. Robert (2011), A History of the Korean Language, Cambridge University Press, ISBN 978-1-139-49448-9.

外部リンク編集