メインメニューを開く

朝鮮鉄道株式会社(ちょうせんてつどう)は、日本統治時代朝鮮半島に存在した鉄道会社である。

目次

概略編集

1923年9月1日、それまで朝鮮にあった朝鮮中央鉄道南朝鮮鉄道西鮮殖産鉄道朝鮮森林鉄道朝鮮産業鉄道両江拓林鉄道の6社が合併して発足した。資本金は5,450万円。社長には製紙王と呼ばれた大川平三郎が就任する一方、朝鮮総督府鉄道局から継続的に人材が重役として送り込まれるなど、公との結びつきが強い会社であった。建設した路線及び地域的な広がり等も含め、当時の朝鮮における最大の私有鉄道であった。朝鮮総督府鉄道が「鮮鉄」と略称されていたのに対し、朝鮮鉄道は「朝鉄」と略称された。

保有していた路線のうち慶東線や慶北線などは後に朝鮮総督府が買収し、また他の民営鉄道会社に売却された路線もあった。終戦時まで朝鮮南部に所有していた路線も、米軍軍政期に国有化された。現在もKORAILなどの路線の一部区間に残り、営業を続けている。

主な路線編集

終戦当時に所有していた路線編集

かつて所有していた路線編集

標準軌編集

狭軌編集

参考文献編集

  • 『朝鮮交通回顧録』(鮮交会)
  • 鉄道省 編, 「鉄道停車場一覧 昭和12年10月1日現在」, 川口印刷所出版部, p506~511、1937年。
  • 国分隼人(2007年). 『将軍様の鉄道 北朝鮮鉄道事情』, 新潮社. ISBN 9784103037316

関連項目編集