メインメニューを開く

朧谷 寿(おぼろや ひさし、1939年3月27日[1] - )は、日本の歴史学者同志社女子大学名誉教授。

新潟県生まれ。同志社大学文学部文化学科文化史学専攻卒業、平安博物館助教授、同志社女子大学短期大学教授。2009年定年、名誉教授。京都府文化功労賞受賞。平安朝史、特に邸宅研究を専門とするが、一般向けの著書でも知られる。旧姓は鮎沢。

目次

著書編集

共著・監修編集

  • 『素麺史料集』五島邦治共編 三輪そうめん山本 1985
  • 『平安京の邸第』加納重文・高橋康夫共編 望稜舎 1987
  • 『源氏物語五十四帖を歩く』監修 日[ビ]貞夫写真 JTB キャンブックス 1999
  • 光源氏が見た京都 千年の古都に『源氏物語』がよみがえる』福嶋昭治共著 中田昭写真 学習研究社 ムック・美ジュアル日本 2003
  • 『藤原道長』監修 ポプラ社 徹底大研究日本の歴史人物シリーズ 2003
  • 『秋京都 2006』監修 扶桑社 2006(ほか夏、春、冬)
  • 『源氏物語を歩く』監修 JTBパブリッシング 2008
  • 『日本の歴史 1 旧石器~平安時代』山岸良二瀧浪貞子共監修 ポプラ社 ポプラディア情報館 2009
  • 平安京とその時代』山中章共編 思文閣出版 2009

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』