木下 俊治(きのした としはる)は、江戸時代前期の大名豊後日出藩2代藩主。官位従五位下伊賀守

 
木下俊治
時代 江戸時代前期
生誕 慶長19年(1614年
死没 万治4年4月3日1661年5月1日
戒名 天沢院
墓所 大分県速見郡日出町の松屋寺
官位 従五位下伊賀守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
豊後日出藩
氏族 木下氏
父母 父:木下延俊、母:某氏
兄弟 長左衛門、小左衛門、俊治
松平忠重正室、北野松梅院某室、
木下利当正室、四女、延由、五女、
吉田元智室、堀吉庵室、俊之俊重
千松、八女、古沢左衛門室
正室:松平忠利
継室:西尾忠永
側室:安藤氏
俊長長治
テンプレートを表示

略歴編集

初代藩主・木下延俊の三男として誕生。

寛永19年(1642年)、父の死去により跡を継ぐ。このとき、弟・延次に5000石を分与した。江戸府内火番役などを務め、明暦2年(1656年)の豊後府内藩主・日根野吉明改易では、松平英親と共に在番を務めた。藩政では薩摩藩から「七島蘭」を導入して、その国産化に努めている。

万治4年(1661年)4月3日、参勤交代途中の三河二川において急死した。享年48。死後、家督は長男・俊長が継いだ。墓所は大分県速見郡日出町の松屋寺。法号は天沢院。

系譜編集

脚注編集