メインメニューを開く

木下 半太(きのした はんた、1974年8月9日[1] - )は、日本小説家映画監督脚本家俳優。既婚。所属事務所はパパドゥ[2]

きのした はんた
木下 半太
生年月日 (1974-08-09) 1974年8月9日(45歳)
出生地 大阪府茨木市
血液型 O型[1]
ジャンル 小説家、映画監督、脚本家、俳優
活動期間 2006年 -
活動内容 2006年:作家デビュー
2006年:『悪夢のエレベーター
2007年:『悪夢のドライブ
2008年:『悪夢の観覧車
2009年:『東京バッティングセンター
事務所 パパドゥ
テンプレートを表示

目次

略歴

大阪府茨木市出身[3]。小学校から高校までは野球少年であった。18歳で予備校に通いながらパチプロになるが、大学受験は失敗[3]。映画監督を志し、映画専門学校に入学するも中退[3]。その後、劇団「プリティー・ママ」を旗揚げし[3]、脚本家、俳優として活動を始める。「プリティー・ママ」解散後、残った役者1名、スタッフ3名と劇団「SOULコンビニ」を結成[3]。活動を続けながら俳優養成所の講師となるが、その養成所がすぐに経営破綻。行き場をなくした生徒らと劇団「チームKGB」を結成する。[4]

演劇活動のかたわら、知人とバーを共同経営。家賃が安かったからという理由で選んだ場所であったが、開店後、周りが裏風俗店だらけだと知る。閉店までの約5年間、酒浸りの日々を送る。[5]

2006年7月、『悪夢のエレベーター』で作家デビュー。

大阪の占い師に「アナタ、売れるわよ。来年2月に東京に行きなさい」と言われたのを信じ、2008年2月に上京。するとその言葉通り、本当に売れ始める[3]。代表作でもある「悪夢シリーズ」は売上75万部を突破している[2]

作品リスト

小説

悪夢シリーズ

  • 悪夢のエレベーター(2006年7月 幻冬舎メディアコンサルティング / 2007年10月 幻冬舎文庫
  • 悪夢のドライブ(2007年7月 幻冬舎 / 2008年10月 幻冬舎文庫)
  • 悪夢の観覧車(2008年5月 幻冬舎文庫)
  • 奈落のエレベーター(2009年8月 幻冬舎文庫) - 「悪夢のエレベーター」続編
  • 悪夢のギャンブルマンション(2009年10月 幻冬舎文庫)
  • 悪夢の商店街(2010年10月 幻冬舎文庫)
  • 悪夢のクローゼット(2011年10月 幻冬舎文庫)
  • 悪夢の身代金(2012年10月 幻冬舎文庫)
  • 悪夢の六号室(2013年10月 幻冬舎文庫)
  • 悪夢の水族館(2016年10月 幻冬舎文庫)

吸血鬼シリーズ

  • 東京バッティングセンター(2009年5月 幻冬舎)
    • 【改題】美女と魔物のバッティングセンター(2012年4月 幻冬舎文庫)
  • 六本木ヒルズの天使(2011年3月 幻冬舎)
    • 【改題】天使と魔物のラストディナー(2013年4月 幻冬舎文庫)

オーシティシリーズ

  • オーシティ(2011年2月 新潮社
    • 【改題】オーシティ 絵本探偵 羽田誠の事件簿(2013年6月 新潮文庫
  • ジュリオ(2013年12月 新潮文庫)

赤羽健吾シリーズ

  • アヒルキラー 新米刑事 赤羽健吾の絶体絶命(2012年2月 幻冬舎 / 2014年8月 幻冬舎文庫)
  • 人形家族 熱血刑事赤羽健吾の危機一髪(2016年4月 幻冬舎文庫)

ブンノシリーズ

  • サンブンノイチ(2012年8月 角川書店 / 2013年8月 角川文庫
  • ゴブンノイチ(2013年5月 角川書店 / 2014年1月 角川文庫)
  • ナナブンノイチ(2014年2月 角川文庫)
  • サンブンノニ(2016年2月 角川文庫)

女王シリーズ

  • 女王ゲーム(2013年12月 文春文庫
  • 女王パズル(2015年1月 文春文庫)

GPSシリーズ

  • GPS:京都市役所 魔性の花嫁(2015年9月 PHP文芸文庫
  • GPS:鎌倉市役所 消えた大仏(2015年11月 PHP文芸文庫)
  • GPS:沖縄県庁 幽霊の告白(2016年1月 PHP文芸文庫)

極限シリーズ

  • 極限トランク(2016年7月 PHP文芸文庫)
  • 極限冷蔵庫(2017年1月 PHP文芸文庫)
  • 極限プリズン(2017年10月 PHP文芸文庫)

その他の作品

  • ギザギザ家族(2010年1月 講談社
    • 【改題】暴走家族は回り続ける(2012年7月 講談社文庫
  • 純喫茶探偵は死体がお好き(2010年8月 幻冬舎文庫)
  • 爆ぜるゲームメイカー(2012年9月 講談社文庫)
  • サバイバー23区 東京崩壊生存者(2013年1月 講談社ノベルス
    • 【改題】サバイバー(2015年1月 講談社文庫)
  • 宝探しトラジェディー(2013年5月 幻冬舎)
  • 裏切りのステーキハウス(2014年10月 幻冬舎文庫)
  • 恋する音川家(2015年5月 文藝春秋
  • 鈴木ごっこ(2015年7月 幻冬舎文庫)
  • フィーバー5(2015年8月 ハルキ文庫
  • D町怪奇物語(2015年10月 幻冬舎文庫)
  • きみは僕の宝物 史上最悪の夏休み(2017年8月 幻冬舎文庫)

連載中作品

漫画原作

メディア出演

映画

メディア・ミックス

テレビドラマ

舞台

映画

漫画

脚注

  1. ^ a b 木下半太のプロフィール、出演情報、スケジュール”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2017年10月5日閲覧。
  2. ^ a b PROFILE”. 木下半太 OFFICIAL WEBSITE. 2017年10月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 『ギザギザ家族』木下半太|木下半太のギザギザ人生”. 講談社ノベルス. 2013年1月24日閲覧。
  4. ^ 『papyrus』2009年12月号
  5. ^ 雑誌『フライデー』2009年2・9日号

外部リンク