メインメニューを開く
木下尚江

木下 尚江(きのした なおえ、1869年10月12日明治2年9月8日[1])- 1937年昭和12年)11月5日[1])は、日本社会運動家、作家。男性。尚江は本名。

生涯編集

信濃国松本城下(現長野県松本市)に松本藩に代々使えた下級武士であった木下廉左衛門秀勝の子として生まれる。生来病弱で、5歳の時には重い熱病を患い生死の間をさまよった。父は1876年(明治7年)には巡査となっている。開智学校に入学し、啓蒙主義教育を受ける。1877年に松本で自由民権運動が始まり、祖母に連れられて演説会を聞いていた。また在学中には福沢諭吉学問のすゝめ』を読んで感動する。1881年に長野県中学校松本支校入学。この頃オリバー・クロムウェルを知って革命を意識、また飯田事件の被告が裁判所に送られる姿を見て怒りを覚える。1886年に東京の英吉利法律学校に入学したが、英国憲法の講座がなかったため東京専門学校に転校、クロムウェルの影響で法律を学び、1888年(明治21年)に卒業した[2]

松本に戻り、しばらくは地元でローカル紙「信陽日報」の記者や社会運動家、弁護士などの活動をする。この頃、政治小説の習作的な作品が数篇残されている[3]。『信陽日報』は県庁問題で排斥されてつぶれ、さらに『信濃毎日新聞』に県庁問題の長論文を寄稿するなどしたこと地元の怒りを買い郷里を離れる。1893年『信府日報』入社、百瀬興政らと聖書の研究会をもち、その後内村鑑三不敬事件での教会の立場への義侠もあり、25歳で松本美以教会中田久吉牧師より洗礼を受ける[4]。1894年には『信府日報』は尚江による社説のために治安妨害を理由に発行停止処分を受ける。1896年に『信濃日報』主筆。1897年、県議選関連の疑獄事件で拘引され、翌年重禁錮8か月・罰金10円・監視6か月の判決を受けてたが、控訴のために東京に護送されての鍛冶橋監獄に収容、無罪判決となって出所した。

1899年(明治32年)に毎日新聞(旧横浜毎日新聞)に入り、廃娼運動、足尾銅山鉱毒問題、普通選挙期成運動などで論陣を張る。

1901年(明治34年)には幸徳秋水片山潜堺利彦らの社会民主党の結成に参加する。日露戦争前夜には非戦論の論者として活躍。1904年に『毎日新聞』で、キリスト教社会主義の立場から非戦論を盛り込んだ小説「火の柱」を連載[4]

1906年(明治39年)の母の死をきっかけに、社会主義から次第に離れるようになる。田中正造の死期に立ち会い、看護を行っている。後年は人間主義の著作活動を行う。

教文館より『木下尚江全集』全20巻が刊行されている。また、松本市の松本市歴史の里内に木下尚江記念館がある。

1937年(昭和12年)死去。享年69。

年譜編集

 
1901年の木下(中央)。向かって右隣は片山潜、左隣は幸徳秋水で、左端は安部磯雄

分県騒動とのかかわり編集

1876年(明治9年)に松本を県庁所在地とする筑摩県が廃止されると、以後、松本町民(当時)はことあるごとに「県庁が北に偏りすぎている」として松本への移転を叫ぶようになった。木下の帰郷後の1890年(明治23年)、「移庁建議書」が県議会に上程され、否決されると、町の世論は「移庁論」から、筑摩県の再設置を求める「県分割論」へと変わった。

木下は当初、移庁論を積極的に推進したが、斯様な世論のすり替わりに対しては痛烈な批判をした。旧筑摩県全体ではなく、松本のみの都合を考えた「我田引水」とみたからである。

彼の言論は反発を呼び、松本の民衆から石を持って故郷から追い出された。この事件は地元住民の視野や価値観の狭隘さが如実に現れたもので、石川安次郎宛の手紙でも「松本の人が木を見て森を見なかったのは、山河に隔てられて狭いところでしか物事を考えられなかったから」としている。しかしこのことは、木下を一地方都市に留まらせずに中央の言論界で活躍させるきっかけを作ったといえる。

著作リスト編集

小説

  • 『火の柱』平民社 1904年(『毎日新聞』1904年1月1日-3月20日)
  • 『良人の自白』東京毎日
    • 前編 1904年(『毎日新聞』1904年8月15日-11月10日)
    • 中編 1905年(『毎日新聞』1905年4月1日-6月3日)
    • 後編 1905年(『毎日新聞』1905年7月1日-10月16日)
    • 続篇 金尾文淵堂 1906年(『毎日新聞』1906年1月1日-6月9日「新曙光」)
  • 『霊か肉か』(上・下)金尾文淵堂 1907-08年年
  • 『乞食』昭文堂 1908年
  • 『墓場』昭文堂 1908年(『東京毎日新聞』1908年9月、その後中絶、加筆して刊行)
  • 『労働』昭文堂 1909年
  • 『家宅』弘学館 1910年

その他

  • 『懺悔』1906年(自伝)
  • 『飢渇』1907年(文集)
  • 『荒野』1909年(評論)
  • 『日蓮論』1910年(評伝)
  • 『法然と親鸞』1911年(評伝)
  • 『野人語』(1-3)1911年(文集)
  • 『創造』1912年(文集)
  • 『田中正造翁』1921年(評伝)
  • 『神・人間・自由』1934年(文集)
  • 『木下尚江集』(全4巻)春秋社 1929年

脚注編集

  1. ^ a b 東京堂年鑑編輯部編『出版年鑑 昭和13年版』東京堂、1938年、p.110
  2. ^ 『早稲田大学校友会会員名簿 〔昭和10年用〕』早稲田大学校友会、1934年、p.224
  3. ^ 柳田泉「「火の柱」雑記」(『火の柱』岩波文庫 1954年)
  4. ^ a b 荒正人「人と文学」(『日本文学全集5 徳富蘆花 木下尚江 岩野泡鳴集』)
  5. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)120頁
  6. ^ 木下尚江研究 Webページ(清水靖久・九州大学教授のページ)から抜粋

参考文献編集

  • 『明治文学全集6 明治政治小説集2』筑摩書房 1967年
  • 『日本文学全集5 徳富蘆花 木下尚江 岩野泡鳴集』筑摩書房 1970年

関連項目編集

外部リンク編集

  • 木下尚江:作家別作品リスト - 青空文庫
  • 早稲田と文学(木下尚江) - 早稲田大学
  • 木下尚江研究 Webページ(清水靖久・九州大学教授のページ)
  • 藤田美実「木下尚江--その発想と回心について」『明治大学教養論集』第45号、明治大学教養論集刊行会、1968年、 1-47頁、 NAID 120002723880