メインメニューを開く

木下英夫(きのした ひでお、1942年5月10日 - 2002年12月1日)は日本の哲学者・倫理学者。

目次

来歴編集

東京葛飾区柴又生まれ。東京都立小山台高等学校卒。東京大学大学院文学研究科修士課程から名古屋大学大学院文学研究科博士課程入学、1973年同校を単位取得退学する。

1975年に立正大学講師[1]

1978年より横浜国立大学教育学部講師となり、後に教授となる。

1982年より1984年まで、反核ミニコミ誌「一寸の虫」(同時代社刊)刊行した。

2002年12月、胆管がんの術後のMRSA感染症による敗血症により死去。

思想編集

古在由重の開催していた、哲学研究会である、「古在ゼミ」の門下生。1980年代初頭、原水爆禁止世界大会の準備会事務局(日本青年館地下にあった)で、ボランティア活動を行い、市井の多くの人の意見に共感し「戦争はいやだ[2]」(同時代社刊)の出版に協力する。

松川事件の真相究明を探る「松川研究会」会員でもあった。作家稲沢潤子の『東京起点261キロ 松川事件・ある青春物語』(恒和出版刊[1])の編集に協力。その後福島大学に内地留学し、松川資料館[2]の設立に寄与。 横浜国立大学在職中、アメリカの公文書公開法により明らかにされた文献の翻訳の最中、病魔に教われ、その生涯を松川事件研究に捧げた。

1984年に、これからは政党の大衆運動ではなく、草の根の市民運動の時代だと感じ、平和事務所(東京・文京区[当時])の設立に寄与した。設立当時、日本共産党から離党・除名された者もいたため、反党分子の巣窟だというようなキャンペーンが党の機関紙「赤旗」上で繰り返された。 平和事務所の実質的解体後は、目白にて行われた読書を中心とする「ア・タイムの会」(A time or Alchool timeの意)に出席した。

著書編集

  • 『松川事件と広津和郎―裁判批判の論理と思想』(同時代社、2003年)ISBN 978-4-88683-512-3
  • 『崩壊の時代に』(同時代社、2002年)共著 ISBN 978-4-88683-463-8
  • 『講座マルクス主義研究入門』第1巻哲学に寄稿(「哲学と階級闘争」) 青木書店、1975年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『講座マルクス主義研究入門』の執筆者紹介による
  2. ^ 『戦争はいやだ』同時代社、1983年4月。 https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/opac_details/?lang=1&amode=11&bibid=1001427656

参考文献編集

  • 「一寸の虫」[3]木下英夫著(同時代社)
  • 「しんぶん赤旗」