木俣 達彦(きまた たつひこ、1944年7月7日 - )は、愛知県岡崎市[1]出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ解説者評論家

木俣 達彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県岡崎市
生年月日 (1944-07-07) 1944年7月7日(78歳)
身長
体重
173 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1964年
初出場 1964年6月2日
最終出場 1982年10月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

経歴編集

岡崎市立広幡小学校岡崎市立葵中学校卒業[2]。中学2年次の1958年投手から捕手へ転向[1]

1960年に進学した中京商業高校では甲子園に4回出場。

1961年には春の選抜に控え捕手として出場したが、1回戦で小倉工に惜敗[3]。同年の夏の甲子園では準々決勝に進むが、浪商のエース尾崎行雄らに抑えられ、完封負けを喫す[4]。1年上のチームメイトに山中巽江藤省三相羽欣厚、大森秀男(巨人)がいた。同年の秋田まごころ国体では同期の林俊彦とバッテリーを組み、決勝で報徳学園を6-1で降し優勝を飾る。

1962年にも甲子園に春夏連続で出場し、春の選抜では出雲産高岐阜高を破り準決勝に進出するが、日大三高にサヨナラ負け[3]夏の選手権は準々決勝で鹿児島商のエース浜崎正人を攻略したが、準決勝で同年に春夏連覇を果たす作新学院加藤斌に完封を喫した[4]

1963年慶應義塾大学を受験するが不合格となり中京大学に進学。1年次の同年から正捕手になり、愛知大学リーグでは在学中に2季連続優勝を経験し、秋季では首位打者とMVPを獲得[1]。同年の全日本大学野球選手権大会では準決勝に進むが、後にプロで同僚となる新宅洋志らのいた駒大に敗退。そのため中日ドラゴンズからの誘いがあり、2年次の1964年に中退して入団[1]1960年代前半の中日は、1961年まで正捕手であった吉沢岳男近鉄にトレードで出してしまい、1962年から正捕手がいなくなって深刻な捕手難に苦しんでいた[5]。1962年は一塁手の江藤慎一を急遽捕手にしたが、江藤はアマチュア時代に捕手経験があるものの、プロの捕手としての経験はほとんどなく、まさに急場しのぎであった。小川敏明高木時夫らを起用してはみたものの、正捕手が定まることはなかった[5]。中日にとって、地元中京大で1年生ながら愛知大学リーグMVPに輝いた木俣は、救世主に見えた[5]。木俣を僅か1年で大学を中退させてまでして入団させ、1年目で56試合に出場[5]

1965年には定位置を獲得し、小柄ながら強打の捕手として活躍する。プロ入り後は自らのパワー不足を痛感し、同年オフにメジャーリーグワシントン・セネタースの教育リーグに参加したことで、その思いは倍加する[5]。木俣は、当時としては破格の300万円をつぎ込んで自宅にトレーニングルームを作る。自らのバッティングを磨くために惜しみなく最新の設備を整え、バッティングマシンが発売されたときにも、先陣をきって自宅に導入した[5]。自宅にありとあらゆる器具を取り揃え、トレーニングの方法を熱心に研究していたことから「野球博士」のニックネームが付いたほか、キャッチャーマスクに喉を保護するスロートガードを初めて付けたのも木俣である。

1967年は故障もあって出場試合が減少する。

1968年は復活。

1969年セントラル・リーグの捕手では史上初の30本塁打となる33本塁打をマーク[1]

1970年にも30本塁打と2年連続30本をマークする。9月26日阪神戦(甲子園)では先発した江夏豊が2回2死から高木守道に安打を浴びたものの3回からはパーフェクトピッチングを見せ、9回も無安打で抑えた江夏であったが、スコアは0-0のまま延長戦に入っても快投を続ける[5]。13回表まで11イニング連続で無安打に抑えたが、それでもスコアは0-0のままであった。14回表に試合は動き、先頭打者として打席に入った木俣が本塁打を左翼席に打ち込んだのである。中日はそのまま1-0で勝利を収め、木俣の一振りは、完璧な投球を続けてきた江夏を敗戦投手にし、さらに過労による戦線離脱にまで追い込んだ[5]。典型的な長距離打者であったがゆえに粗さが目立ち、打率も低い為、それを改善するために、一本足打法でグリップを極端に下げてからトップの位置に持っていく「マサカリ打法」を編み出し、上からボールをぶつけるレベルヒッターへ転向し安打を量産。本人曰く「マサカリ打法とは、打法改造する前の1971年中日スポーツの記者からつけてもらった」とのことであり、坪内道則ヘッドコーチからは、金太郎のような風貌で一本足で構え、バットを上からマサカリのように振り下ろす打撃フォームから「マサカリパンチ」という愛称を付けられた[5]

1974年には4月6日に開幕戦として行われた広島戦(中日)で安仁屋宗八から左翼席へ逆転3ラン本塁打を放ち、チームを軌道に乗せる[5]。首位打者争いに加わるほどハイアベレージを維持し続け[5]、自己最高でリーグ2位の打率.322を記録し、巨人のV10を阻止する20年ぶりのリーグ優勝に貢献。同年のロッテとの日本シリーズでは全6試合に先発出場するが、19打数4安打2打点と2勝4敗で敗退。以後4度3割をマークし、永く中日の正捕手として活躍する。

1980年にはセ・リーグの捕手として史上初の2000試合出場をマークし、プロ野球史上では野村克也に継ぐ史上2人目の記録となったが、木俣は捕手としての出場が引退まで2000試合には満たなかった。捕手としては野村、谷繁元信古田敦也阿部慎之助に次いで通算で5位の安打数も記録している。同年は近藤貞雄監督就任において、木俣の後釜となる捕手の獲得が急務との判断により中尾孝義をドラフト指名。

1981年からは中尾を正捕手に据え出場機会が減少し、を故障。

1982年5月23日大洋戦(宮城)では木俣が先発マスクを被り、8回には本塁打を放ち、9回表まで9-6とリードする展開になるが、9回裏二死後に大洋は満塁のチャンスを作る[5]。回ってきた打者は長崎啓二で、中日の投手はリリーフエースの鈴木孝政であった。外角を要求した木俣に対し、鈴木のシュートは逆球となって内角高めに入り、長崎はそれをものの見事に右翼席に運んだ。10-9とひっくり返す逆転サヨナラ満塁本塁打になったのをきっかけにして木俣は、完全に控えに回った[5]。誕生日翌日の7月8日の大洋戦(ナゴヤ)ではサヨナラ安打を打っているが[6]、8年ぶりのリーグ優勝を機に、星野仙一と共に現役を引退。現役時代には星野と共に永田や仏壇店CMに出演し、「欲しいの」「決まったー」のフレーズが有名であった。

1983年のオープン戦で行われた引退試合では、木俣が対戦した中で最高の投手と評価していた江夏(当時日本ハム)に特別に依頼して登板してもらった。

引退後はCBC解説者[7]・中日スポーツ評論家(1983年 - 1986年)を務め[1]1987年からは中日に一軍総合コーチとして復帰[1]1988年のリーグ優勝に貢献し、1989年退任。

退任後は再びCBC解説者・中日スポーツ評論家(1990年 - 1994年)を務め、1995年には中日で一軍打撃コーチを1年だけ務めた。

1996年から三たびCBC解説者・中日スポーツ評論家となり、現在に至る。解説者としては捕手の経験を生かして試合展開を大胆に予測するのが特徴であり、評論活動の傍らでプロ野球マスターズリーグ「名古屋80D'sers」にも参加。

2005年4月に発売された『中日ドラゴンズ70年 昇竜の軌跡』(ベースボール・マガジン社)では「木俣は『ミスター・ドラゴンズ』の資格十分である」と紹介されている[8][9]。 中日OB会の副会長も務めていたが、高木守道2012年から監督に就任する為、木俣がOB会会長代行を務めることになった。同年11月25日よりOB会会長代行から正式にOB会会長に就任し、2015年11月29日まで務め、その後は鈴木孝政が受け継いでいる。

2017年3月2日BCリーグ滋賀ユナイテッドベースボールクラブヘッドコーチに就任[10]

2018年1月12日に滋賀のシニアアドバイザーに就任[11]

2019年7月からは地元・岡崎の愛知県立岩津高等学校で特別コーチとして指導している。専用グラウンドも、ナイター設備もなく、決して恵まれた環境ではないが、週に1、2度、指導を続けている[12]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1964 中日 56 118 113 7 24 6 0 0 30 9 0 0 1 0 4 0 0 24 3 .212 .239 .265 .505
1965 132 455 419 26 89 9 1 10 130 38 3 3 7 3 24 1 2 71 11 .212 .258 .310 .569
1966 126 424 387 29 96 19 1 9 144 41 1 2 6 1 26 6 4 52 8 .248 .302 .372 .674
1967 84 241 219 34 49 13 0 15 107 32 0 0 3 0 18 1 1 35 6 .224 .286 .489 .774
1968 118 417 377 43 109 15 1 21 189 59 2 5 4 0 30 4 6 72 11 .289 .351 .501 .852
1969 120 426 384 51 103 20 0 33 222 60 1 3 2 3 35 3 2 70 5 .268 .333 .578 .911
1970 128 515 466 64 132 16 1 30 240 65 1 1 1 0 44 1 4 64 11 .283 .350 .515 .865
1971 126 486 422 62 118 17 1 27 218 71 2 3 0 5 53 9 6 51 10 .280 .368 .517 .885
1972 125 496 448 51 120 14 1 21 199 48 2 2 0 4 42 2 2 54 15 .268 .333 .444 .778
1973 117 415 363 40 91 15 0 9 133 32 1 0 0 2 46 9 4 67 17 .251 .341 .366 .708
1974 123 480 438 49 141 25 1 18 222 50 3 3 2 0 39 1 1 68 18 .322 .379 .507 .886
1975 119 417 387 24 108 17 0 3 134 43 1 2 2 3 22 6 3 40 13 .279 .323 .346 .669
1976 121 430 397 37 120 22 0 14 184 40 1 1 0 4 25 3 4 47 11 .302 .350 .463 .813
1977 123 417 384 32 119 16 0 13 174 51 1 2 3 2 25 2 3 41 12 .310 .357 .453 .810
1978 117 431 385 37 113 14 0 16 175 55 0 2 6 1 36 6 3 35 16 .294 .358 .455 .813
1979 126 497 459 53 143 16 0 17 210 72 1 0 5 2 29 6 2 51 20 .312 .355 .458 .813
1980 125 466 429 43 128 13 0 18 195 67 0 5 3 2 30 5 2 47 15 .298 .347 .455 .802
1981 108 256 232 19 64 10 0 10 104 36 0 0 2 2 17 8 3 19 9 .276 .333 .448 .782
1982 48 55 53 3 9 0 0 1 12 3 0 0 0 0 2 0 0 7 3 .170 .200 .226 .426
通算:19年 2142 7442 6762 704 1876 277 7 285 3022 872 20 34 47 34 547 73 52 915 214 .277 .336 .447 .783
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰編集

記録編集

初記録
  • 初出場・初先発出場:1964年6月2日、対国鉄スワローズ9回戦(中日スタヂアム)、8番・捕手として先発出場
  • 初安打:1964年6月6日、対大洋ホエールズ11回戦(中日スタヂアム)、5回裏に稲川誠から右中間二塁打
  • 初打点:同上、7回裏に稲川誠から内野ゴロの間に記録
  • 初本塁打:1965年5月19日、対大洋ホエールズ7回戦(川崎球場)、3回表に及川宣士からソロ
節目の記録
  • 100本塁打:1970年7月13日、対ヤクルトアトムズ12回戦(明治神宮野球場)、7回表に簾内政雄からソロ  ※史上57人目
  • 150本塁打:1972年5月24日、対大洋ホエールズ7回戦(中日スタヂアム)、6回裏に平松政次からソロ ※史上30人目
  • 1000試合出場:1972年9月7日、対広島東洋カープ25回戦(広島市民球場)、5番・捕手として先発出場 ※史上163人目
  • 1000本安打:1974年7月9日、対ヤクルトスワローズ11回戦(中日スタヂアム)、2回裏に渡辺孝博から左越2ラン ※史上87人目
  • 200本塁打:1976年5月3日、対ヤクルトスワローズ6回戦(ナゴヤ球場)、3回裏に会田照夫から左越ソロ ※史上24人目
  • 1500試合出場:1977年4月10日、対読売ジャイアンツ3回戦(ナゴヤ球場)、7番・捕手として先発出場 ※史上53人目
  • 1500本安打:1978年8月15日、対横浜大洋ホエールズ18回戦(横浜スタジアム)、5回表に高橋重行から左前安打 ※史上35人目
  • 250本塁打:1979年7月28日、対ヤクルトスワローズ14回戦(明治神宮野球場)、7回表に酒井圭一から2ラン ※史上16人目
  • 2000試合出場:1981年4月30日、対広島東洋カープ5回戦(ナゴヤ球場)、7番・捕手として先発出場 ※史上15人目
その他の記録

背番号編集

  • 23 (1964年 - 1982年)
  • 66 (1987年 - 1989年)
  • 84 (1995年)
  • 77 (2017年)

関連情報編集

出演番組編集

現在の出演番組編集

過去の出演番組編集

著書編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、189ページ
  2. ^ 『月報 岡崎の教育』1980年12月号 (PDF)”. 岡崎市教育ポータルサイト OKリンク. 岡崎市教育委員会. 2022年6月13日閲覧。
  3. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  4. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 木俣達彦
  6. ^ セ・パ誕生70年記念特別企画】よみがえる1980年代のプロ野球 Part.8 [1982年編] (週刊ベースボール別冊南風号)、2020年、72頁
  7. ^ 1983年8月19日(金曜)には、TBSテレビ制作の大洋-巨人戦中継(横浜)の解説に系列応援で出演した(張本勲とのダブル解説。出典、同日付の朝日新聞・東京版テレビ・ラジオ欄)。
  8. ^ 池田哲雄 編 『中日ドラゴンズ70年 昇竜の軌跡』ベースボール・マガジン社、2005年6月1日、52頁。ISBN 978-4583613246 
  9. ^ 池田哲雄編「中日ドラゴンズ70年 昇竜の軌跡」『週刊ベースボール別冊冬季号』第34巻第1号、ベースボール・マガジン社、2007年1月1日、 68頁。
  10. ^ 木俣達彦ヘッドコーチ就任のお知らせ - 滋賀ユナイテッドベースボールクラブ公式サイト(2017年3月2日)
  11. ^ 木俣達彦シニア アドバイザー就任のお知らせ - 滋賀ユナイテッドベースボールクラブ(2018年1月12日)
  12. ^ 部員13人の公立高を指導する中日OB木俣さん「研究した理論の継承ありがたい」無償で打撃伝授

関連項目編集

外部リンク編集