メインメニューを開く

木倉 和一郎(きくら わいちろう、1902年明治35年) - 1994年平成6年))は、日本政治家衆議院議員)。千葉県弓道連盟初代会長。初代佐倉市長。経済界でも活躍。

経歴編集

1902年明治35年)、現在の千葉県佐倉市に生まれる。1920年大正9年)に旧制佐倉中学(現在の千葉県立佐倉高等学校)を卒業。1929年昭和4年)に東京帝国大学経済学部(現在の東京大学経済学部)を卒業。

1929年、千葉県の佐倉町議会議員となり、1932年昭和7年)には千葉県議会議員となった。1934年には32歳の若さで佐倉町長に就任。

1940年に召集され陸軍高射学校に入隊し、千葉陸軍高射学校の将校として配属された。

戦後には、初代の佐倉市長に就任。1958年には衆議院議員選挙に自由民主党公認で出馬し初当選するも、病気療養から1期で引退。

国政引退後の1963年から再度千葉県議を務めると共に、全国信用金庫協会理事、千葉地方裁判所調停委員などを歴任。1973年には勲四等旭日小綬章を受章。1983年3月19日付佐倉市名誉市民。

1994年、91歳で没。

関連項目編集