メインメニューを開く

木全征詮(きまた ゆきのり、永正6年(1509年)- 天正7年6月1日1579年6月24日))は、戦国時代武将木全忠澄の父。孫の滝川忠征をたたえた滝川忠征記念碑(愛知県稲沢市・智元寺)によれば、浅井政高との戦いに敗れて落城し長隆寺(愛知県稲沢市)に隠棲したが、のちに浅井政貞(新八郎)に仕えて使番となった。本姓紀氏法名は願清。