メインメニューを開く

木内 キヤウ(きうち キョウ、1884年明治17年)2月14日[1] - 1964年昭和39年)11月7日[2])は、日本の教育者、政治家参議院議員。旧姓・淡島、筆名・木内月上[1]。日本初の女性小学校長と言われた[1][3][4]

経歴編集

東京府浅草区浅草森下町で、画家・淡島寒月、なる夫妻の第1子(長女)として生まれる[5]。淡島家の家業は軽焼の名店淡島屋で非常に裕福であったが、祖父母の散財で店を手放すなど、残された地所の賃料やその売却で生計を立てていた[6][7]。9歳になっても父の方針で小学校に入れず、自分で近くの小学校に出向いて授業を受けたことがきっかけで通学が許された[8]高等小学校卒業後、進路に悩んだ末、師範学校に進み、1903年3月、東京府女子師範学校を卒業し、南葛飾郡隅田尋常高等小学校に赴任した[1][9]。1909年3月、浦和中学校教員・木内辰三郎と結婚[1][10]。1910年4月、日本橋の城東尋常小学校に転任[11]。1926年4月、東京府女子師範学校専攻科に入学し、1927年に修了し十恩尋常小学校に転任した[1][12]。1931年10月、板橋の志村第一尋常小学校(現板橋区立志村第一小学校)長となり、1941年7月まで在任した[1][13]。また、滝野川に木内学園を創設して鳩の家園長を務めた[1][3][4]。その他、全国小学校連合女教員会副会長、東京市教育会女子修養部長、日本国際協会婦人部委員、東京婦人愛市協会理事、大日本婦人会審議員及び企画委員などを務めた[1][2]。戦時中は大政翼賛会中央協力会議員となった[1][14]

1947年4月、第1回参議院議員通常選挙全国区から出馬して当選した[1][2]。民主クラブに所属し、文部委員として教育と女性教員の問題解決に尽力した[2][15]

著作編集

  • 『汎太平洋婦人会議に列して』木内キヤウ、1929年。
  • 『教育一路』学芸図書出版社、1953年。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『日本女性人名辞典〔普及版〕』350頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』290頁。
  3. ^ a b 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』195-196頁。
  4. ^ a b 『日本人名大辞典』587頁。
  5. ^ 『教育一路』23-29頁。
  6. ^ 『教育一路』15-17、23-24頁。
  7. ^ 『あなたみたいな明治の女』62-64頁。
  8. ^ 『教育一路』32-34頁。
  9. ^ 『教育一路』36-41、45-46頁。
  10. ^ 『教育一路』27、55-57頁。
  11. ^ 『教育一路』59頁。
  12. ^ 『教育一路』72-74頁。
  13. ^ 『教育一路』120頁。
  14. ^ 『教育一路』128頁。
  15. ^ 『教育一路』145頁。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『日本女性人名辞典〔普及版〕』日本図書センター、1998年。
  • 群ようこ『あなたみたいな明治の女』朝日新聞社、1999年。
  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年

関連項目編集

  • 鳥原ツル - 1920年に宮崎県大淀町立古城尋常小学校校長に就任した女性。「日本最初の女性校長」とされる。