木場 勝己(きば かつみ、本名・西村 克己〈にしむら かつみ〉、1949年12月30日 - )は、日本俳優血液型はO型。ホリプロのグループ会社のホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。

きば かつみ
木場 勝己
本名 西村 克己(にしむら かつみ)
生年月日 (1949-12-30) 1949年12月30日(74歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都江東区[1]
身長 165cm
血液型 O型
ジャンル 俳優
配偶者 あり
事務所 ホリプロ・ブッキング・エージェンシー
主な作品
テレビドラマ
3年B組金八先生
 
受賞
読売演劇大賞最優秀男優賞
文化庁芸術祭優秀賞
紀伊國屋演劇賞個人賞
テンプレートを表示

来歴・人物 編集

東京都江東区木場出身(芸名の由来でもある)[1]。実家は材木屋を営んでいた。

中学時代から噺家を志し、高校時代は柳家小さんに憧れて弟子入り志願するも「高校を卒業しても同じ考えなら来るように」と返答されたという。

明治大学中退後、演劇センター附属青山杉作記念俳優養成所に第一期生として入所(同期生に山海塾天児牛大がいた)。

養成所卒業後、蜷川幸雄らの櫻社を経て、1975年に劇作家・演出家の竹内純一郎(現:銃一郎)、俳優の沢田情児、演出家の和田史朗らと斜光社を旗揚げ。1979年に解散、1980年に竹内と共に秘法零番館を旗揚げし、1989年の解散までの全作品に出演。

活動の中心は舞台であったが、『3年B組金八先生』第6・7シリーズでの千田喜朗校長役で強烈なインパクトを残し、名前が知られた[2][注 1]。第5シリーズでは桜田友子[注 2] の父・勝男役を演じていたが、千田と正反対の性格で、金八の支持者という設定だった。

出演 編集

舞台 編集

ほか

テレビドラマ 編集

映画 編集

CM 編集

受賞歴 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 短気で頑固・傲慢な性格、かつ尊大な言動が多く、自分の意向に従わなかった過去の教諭ら同様、金八を教育委員会へ更迭する(第6シリーズ最終話。ただし、金八は第7シリーズ1話から桜中学に復帰している)などの数々の豪腕ぶりが劇中では展開された。第7シリーズは自身のスケジュールの都合で物語前半で病気のために校長辞任という設定となった。なお、第7シリーズ後半からは民間人校長就任という形で木野花演じる板橋香奈校長が就任した。
  2. ^ 演じたのは小高早紀

出典 編集

  1. ^ a b c d e f g ““いぶし銀”俳優・木場勝己が語る土ドラ「テイオーの長い休日」の魅力 船越英一郎と38年ぶり共演”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2023年7月15日). https://www.sanspo.com/article/20230714-H5QYGKRPDFH7NICUBRKATYVIE4/ 2023年7月15日閲覧。 
  2. ^ 木場勝己のプロフィール”. WEBザテレビジョン. 2023年10月12日閲覧。
  3. ^ 『ドラゴン桜2』に“金八先生”山崎銀之丞&木場勝己出演 阿部寛と対峙する曲者の教師たち”. ORICON NEWS (2021年3月26日). 2021年3月27日閲覧。
  4. ^ 吉沢亮主演の大河ドラマ「青天を衝け」新キャスト発表、イッセー尾形ら13名”. 映画ナタリー (2021年8月11日). 2021年8月11日閲覧。
  5. ^ "門出の桜ミニ(3) 試練の筍尽くし 編". NHK. 2022年5月28日. 2023年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年4月22日閲覧
  6. ^ “松田龍平主演「連続ドラマW 0.5の男」に臼田あさ美・井之脇海ら、西野七瀬は保育士役”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年3月14日). https://natalie.mu/eiga/news/516483 2023年3月14日閲覧。 
  7. ^ 「ゴールデンカムイ」続編のドラマシリーズがWOWOWで、山崎賢人らメインキャスト続投”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年3月4日). 2024年3月4日閲覧。
  8. ^ 『テイオーの長い休日』戸田菜穂、今井悠貴、白石隼也ほか追加キャスト発表!”. フジテレビュー (2023年5月16日). 2023年5月16日閲覧。
  9. ^ “映画『ゴールデンカムイ』2024年1月19日公開 キャストに山﨑賢人、山田杏奈、眞栄田郷敦ら”. リアルサウンド映画部 (blueprint). (2023年8月30日). https://realsound.jp/movie/2023/08/post-1417331.html 2023年8月30日閲覧。 
  10. ^ SexyZone菊池風磨『ボールド』新CMキャラクターに起用 まさかの“殿様役”にドッキリ疑う”. ORICON NEWS (2022年1月24日). 2023年2月23日閲覧。
  11. ^ 菊池風磨“洗濯大名”家臣に少年忍者・川崎皇輝&深田竜生を起用「一番面白い先輩」「兄貴みたいな存在」”. ORICON NEWS (2023年2月1日). 2023年2月23日閲覧。

外部リンク 編集