メインメニューを開く

木宮泰彦(きみや やすひこ、1887年10月15日 - 1969年10月30日)は、日本の歴史学者、教育家。

静岡県浜名郡入野村(現・浜松市西区)に、龍雲寺 (浜松市)の二男として生まれる。1913年東京帝国大学文学部国史学科卒、京都帝国大学大学院を経て、1920年山形高等学校教授、1923年水戸高等学校教授、1927年静岡高等学校教授となり、1946年同校長事務取扱を最後に退官し、静岡に静岡女子高等学院(のち学校法人常葉大学)を創立。1959年同理事長となり、1966年常葉女子短期大学を設立し、学長を務めた。日中関係史の研究で知られる[1]。子に木宮和彦がいる。

著書編集

  • 栄西禅師』丙午出版社 禅門叢書 1916 国書刊行会、1977
  • 『おもしろい日本歴史の話』富山房 1920
  • 『参考日本通史』富山房 1923
  • 『日支交通史』金刺芳流堂 1926-27
  • 『日本古印刷文化史』富山房 1932 吉川弘文館、2016
  • 『日支文化交渉一覧図と年表』富山房 1940
  • 『日本喫茶史』富山房百科文庫 1940
  • 『日本民族と海洋思想』刀江書院 1942
  • 『日華文化交流史』富山房 1955
  • 『常葉 創立者の自伝と学園の歴史』常葉編集委員会 1983

記念文集編集

  • 『故木宮泰彦先生八十二年の生涯 "私の歩いた途"より』木宮泰彦先生葬儀委員会 1969

脚注編集