メインメニューを開く

木寺 元(きでら はじめ、1979年 - )は日本の政治学者明治大学政治経済学部政治学科准教授。専門は政治学。指導教授は内山融

目次

略歴編集

東京都生まれ。東京学芸大学附属高等学校卒、2002年東京大学教養学部卒。2006年東京大学大学院総合文化研究科博士課程退学。2011年、東京大学から『現代日本の地方制度改革』で博士学術)を授与される。

日本学術振興会特別研究員(2005年-2006年)、2006年北海学園大学法学部准教授を経て、2014年4月より現職。

2013年『地方分権改革の政治学』(有斐閣)で日本公共政策学会学会賞を受賞。

担当ゼミでは、地域に対するコンペティションを通した政策提言や、地域に入りこんで課題を発見し解決につなげていくプロジェクトの実施など実践的な取り組みを行なっている[1]

著書編集

単著編集

  • 『地方分権改革の政治学』(2012年、有斐閣)

編著編集

共著編集

出演番組編集

公職編集

北海道明るい選挙推進協議会委員(副会長:2012-2014)、札幌市指定管理者選定委員会(委員長:2013-2014)

脚注編集

  1. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “教室を飛び出せ!ローカルへ飛び込め!~フラワーキャンドルで街に…|U22|NIKKEI STYLE” (日本語). 日経カレッジカフェ. 2019年3月29日閲覧。

外部リンク編集