メインメニューを開く

木幡 育也(こわた いくや、1998年9月21日 - )は、中央競馬(JRA)・美浦トレーニングセンター騎手茨城県出身[1]。元JRA騎手・木幡初広の三男で、長兄・木幡初也、次兄・木幡巧也も同じくJRA騎手[2]

木幡育也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県
生年月日 (1998-09-21) 1998年9月21日(21歳)
身長 158.5cm[1]
体重 47.0kg[1]
血液型 B型[1]
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 藤沢和雄(美浦)(2017.3.1 - )
初免許年 2017年
免許区分 平地・障害
テンプレートを表示

来歴編集

2014年競馬学校騎手課程に入学(第33期[注 1])。

2017年3月に美浦藤沢和雄厩舎から騎手デビュー。同年4月15日の福島7R(4歳上500万下)でオージーアイドルに騎乗して1着となり、初騎乗から26戦目での初勝利を挙げた[4]。同年10月28日の新潟8R(3歳上500万下)では長男の初也が1着、次男の巧也が2着、育也が3着となり、史上初めて3兄弟騎手による1~3着独占を達成した[5]。しかし、デビュー1年目は不祥事により、2度の騎乗停止処分が下されている(後述)。

騎乗成績編集

概要編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 2017年3月4日 2回中山3日目5R 3歳未勝利 クリノカエサル 16頭 12 13着
初勝利 2017年4月15日 1回福島3日目7R 4歳上500万下 オージーアイドル 16頭 6 1着
重賞初騎乗 2017年4月23日 2回東京2日目11R フローラステークス ラユロット 18頭 16 17着

年度別成績編集

木幡育也の年度別成績(netkeiba.com)参照

不祥事編集

2017年9月10日の中山競馬での騎乗後、ドーピング検査にて対象薬物として指定されている利尿剤フロセミド」が検出され、同年9月14日から10月13日まで30日間の騎乗停止となった。使用目的は落馬の影響によるむくみを取るためであったが、医師から処方された薬物ではなく、母親が用意したものを服用しており、事前の申告も怠っていたという[6]

同年12月14日、日本中央競馬会競馬施行規程第147条第20号で規定される「競馬の公正確保について業務上の注意義務を負う者としてふさわしくない非行のあった者」に該当するとして、裁定委員会の議定があるまで騎乗停止となることがJRAより発表された[7]

2018年1月4日、第2回裁定委員会により、同年3月13日までの騎乗停止処分が確定した[8]。「非行」の内容は公式には発表されていないが、東京スポーツは「関係者によると同騎手は未成年ながら飲酒行為があった」と報じ[9]デイリースポーツは「未成年にもかかわらず飲酒・喫煙行為があったとみられる」と報じている[10]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 同期には川又賢治富田暁武藤雅横山武史がいる[3]

出典編集

  1. ^ a b c d 騎手名鑑. JRA. 2018年7月29日閲覧
  2. ^ 騎手課程の第6回模擬レースは木幡育也君がV. サンケイスポーツ(2016年12月16日付). 2018年7月29日閲覧
  3. ^ 卒業者名簿:競馬学校. JRA. 2018年7月29日閲覧
  4. ^ 木幡家の三男・育也騎手がJRA初勝利. 東京スポーツ(2017年4月15日付). 2018年7月29日閲覧
  5. ^ 木幡3兄弟、同一競走1・2・3着独占. ラジオNIKKEI(2017年10月28日付). 2018年7月29日閲覧
  6. ^ 木幡育也騎手、ドーピング違反で30日間騎乗停止に. スポーツ報知(2017年9月14日付). 2018年7月29日閲覧
  7. ^ 騎手 木幡 育也の騎乗停止について. JRA(2017年12月14日付). 2018年7月29日閲覧
  8. ^ 騎手 木幡 育也に対する処分について. JRA(2018年1月4日付). 2018年7月29日閲覧
  9. ^ “非行騎手”木幡育也 3か月の騎乗停止に. 東京スポーツ(2018年1月4日付). 2018年7月29日閲覧
  10. ^ 木幡育に騎乗停止処分 19歳「ふさわしくない非行」飲酒・喫煙行為か. デイリースポーツ(2017年12月15日付). 2018年7月29日閲覧

外部リンク編集