メインメニューを開く

木庭 顕(こば あきら、1951年 - )は、日本の法学者東京大学名誉教授。専攻はローマ法東京都三鷹市出身。

日本の法学者としては珍しく、フェルディナン・ド・ソシュールクロード・レヴィ=ストロースなどの構造主義マルセル・モースらのフランス人類学などに造詣が深く、これらの方法を批判的に使用しながら政治デモクラシーおよびローマ法の成立過程を分析し、それらの成果を元に現代の政治学および法学が抱える問題点に対する解決案を提示することを課題としている。

経歴編集

著作編集

  • 『政治の成立』(東京大学出版会1997年
  • 『デモクラシーの古典的基礎』(東京大学出版会 、2003年
  • 『法存立の歴史的基盤』(東京大学出版会、2009年
  • 『ローマ法案内-現代の法律家のために』(羽鳥書店2010年) 新版(勁草書房2017年
  • 『現代日本法へのカタバシス』(羽鳥書店 、2011年) 新版(みすず書房2018年
  • 『笑うケースメソッド 現代日本民法の基礎を問う』(勁草書房、2015年
  • 『法学再入門 秘密の扉―民事法篇』(有斐閣2016年
  • 『笑うケースメソッドⅡ 現代日本公法の基礎を問う』(勁草書房、2017年
  • 『憲法9条へのカタバシス』(みすず書房、2018年
  • 『誰のために法は生まれた』(朝日出版社2018年
  • 『笑うケースメソッドⅢ 現代日本刑事法の基礎を問う』(勁草書房、2019年

主な受賞歴編集

関連人物編集