木戸 章之(きど あきゆき、1975年8月28日 - )は、日本男性フィギュアスケートアイスダンス選手。千葉県松戸市出身。パートナーは渡辺心都築奈加子

木戸 章之
Akiyuki KIDO
Figure skating pictogram.svg
Nozomi WATANABE Akiyuki KIDO 04 NHK.jpg
2004年NHK杯での演技
基本情報
生年月日 (1975-08-28) 1975年8月28日(44歳)
出生地 千葉県松戸市
身長 174cm
体重 63kg
選手情報
元パートナー 渡辺心
羽吹ユキ
都築奈加子
元コーチ ナタリア・リニチュク
ゲンナジー・カルポノソフ
元振付師 ナタリア・リニチュク
所属クラブ 新横浜 FSC
引退 2007年
ISU パーソナルベストスコア
アイスダンス 166.84 2005 四大陸選手権
コンパルソリーダンス 32.63 2005 四大陸選手権
オリジナルダンス 51.52 2005 四大陸選手権
フリーダンス 82.69 2005 四大陸選手権
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

経歴編集

10歳よりスケートを習い、翌年よりアイスダンスに転向。幼少時から抜群のスケーティングを見せ、将来を嘱望された。

ジュニア時代には都築奈加子とカップルを結成し、1987年、1988年、1989年全日本フィギュアスケートジュニア選手権で3連覇、1991年、1992年に羽吹ユキとカップルを組み直し2連覇を果たした。膝の故障や芝浦工大柏高校時代に進路上の都合で競技から離れていた時期もあったが、筑波大学進学後渡辺心とコンビ結成を機に競技生活を本格化させる。その後も順調にキャリアを重ね、日本のトップ選手に成長。

2006年トリノオリンピックに渡辺とのコンビで出場(出場枠1)、アイスダンス日本代表で史上最高位となる総合15位に入った。

2006-07シーズン、東京で行われた世界選手権では15位。この大会を最後に競技生活からの引退と、大学院進学を発表した。

新横浜FSCのチームメイトである荒川静香とは親しく、トリノ五輪の閉会式で首から金メダルをかけた荒川を木戸が肩車して入場している。

主な戦績編集

  • 戦績は渡辺心と組んで以降。
大会/年度 1994-95 1995-96 1996-97 1997-98 1998-99 1999-00 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07
冬季オリンピック 15
世界選手権 20 17 16 17 15
四大陸選手権 9 9 9 5 4
全日本選手権 4 4 3 2 3 2 2 2 2 1 1 1 1
GP NHK杯 11 10 8 12 10 10 8 8 5 5
GPスケートアメリカ 8 8 7
GPロシア杯 8
GPスケートカナダ 10 12 8
GPスパルカッセン杯 11 9
アジア大会 4 2 1
シェーファー記念 4

詳細編集

2006-2007 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 15
28.46
17
47.27
15
76.48
15
152.21
2006年12月27日-29日 第75回全日本フィギュアスケート選手権名古屋 1
28.97
1
51.08
1
81.97
1
162.02
2006年11月30日-12月3日 ISUグランプリシリーズ NHK杯長野 5
28.99
6
46.90
6
74.38
5
150.27
2006年10月26日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカハートフォード 6
29.79
8
44.37
7
75.11
7
149.27
2005-2006 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2006年3月20日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 17
28.47
15
46.82
16
77.67
17
152.96
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ 17
30.51
15
46.59
15
78.87
15
153.41
2005年12月23日-25日 第74回全日本フィギュアスケート選手権東京 1
30.67
1
49.69
1
82.14
1
162.50
2005年12月1日-4日 ISUグランプリシリーズ NHK杯大阪 4
29.50
5
46.80
5
79.26
5
155.56
2005年11月17日-19日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 4
28.68
8
45.10
9
72.02
8
145.8
2005年10月12日-16日 2005年カールシェーファーメモリアルウィーン 4
28.45
4
44.97
7
72.68
4
146.10
2004-2005 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 17
29.20
15
46.57
18
79.97
16
155.74
2005年2月14日-20日 2005年四大陸フィギュアスケート選手権江陵 3
32.63
4
51.52
5
82.69
4
166.84
2004年12月24日-26日 第73回全日本フィギュアスケート選手権横浜 1
32.49
1
49.07
1
83.47
1
165.03
2004年11月25日-28日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 8
27.17
8
43.56
8
79.88
8
150.61
2004年11月4日-7日 ISUグランプリシリーズ NHK杯名古屋 6
28.33
8
43.36
8
73.04
8
144.73
2003-2004 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2004年3月22日-28日 2004年世界フィギュアスケート選手権ドルトムント 10 18 16 17
2004年2月19日-25日 2004年四大陸フィギュアスケート選手権ハミルトン 5 5 5 5
2003年12月25日-27日 第72回全日本フィギュアスケート選手権長野 1 1 1 1
2003年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯旭川 8
27.03
7
42.89
8
72.06
8
141.98
2003年10月30日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 8
28.44
8
40.03
8
80.43
8
148.90
2002-2003 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2003年3月24日-30日 2003年世界フィギュアスケート選手権ワシントンD.C. 10 20 20 20
2003年2月10日-16日 2003年四大陸フィギュアスケート選手権北京 8 8 9 9
2002年12月19日-22日 第72回全日本フィギュアスケート選手権長野 1 1 2 2
2002年11月28日-12月1日 ISUグランプリシリーズ NHK杯京都 10 9 10 10
2002年10月23日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカスポケーン 8 8 8 8

プログラム編集

シーズン OD FD
2006-2007[1] タンゴ
振付:ナタリア・リニチュク
ファンタジー(ショパン)
振付:ナタリア・リニチュク

脚注編集

  1. ^ 境田優「06-07シーズン振付師相関図」『フィギュアスケートDays vol.2』DAI-X出版、2007年3月、pp.32-35

外部リンク編集