木戸脇 真也 (きどわき まや、1969年5月17日 - )は、京都府出身の元女子プロテニス選手。WTAランキング自己最高位はシングルス68位、ダブルス34位。WTAツアー通算でダブルス2勝を挙げた。

木戸脇 真也
Maya Kidowaki
Tennis pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 同・京都府
生年月日 (1969-05-17) 1969年5月17日(48歳)
ツアー経歴
デビュー年 1985年
引退年 1994年
ツアー通算 2勝
ダブルス 2勝
生涯通算成績 269勝211敗
シングルス 152勝116敗
ダブルス 117勝95敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(1990-92)
全仏 3回戦(1991)
全英 2回戦(1991)
全米 1回戦(1990・91)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(1991)
全仏 2回戦(1991・93)
全英 2回戦(1991)
全米 2回戦(1991)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 68位
ダブルス 34位

目次

プロ転向前編集

四ノ宮テニスクラブでテニスを始め、京都市立音羽中学校在学中の1983年には14歳の若さでジャパン・オープンシングルス予選に主催者推薦で出場。予選1回戦で第1シードのコルネリア・レヒナー(ドイツ)に4-6,2-6のストレートで破れている。1984年から徐々にツアー下部のサーキット大会に出場するようになり、12月の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントシングルス予選には主催者推薦で出場している。中学卒業後、1985年に16歳3ヶ月でプロ転向。この記録は2005年に森田あゆみが15歳1ヶ月でプロ転向するまで最年少プロ登録であった。この年の全日本女子シングルスランキングでは8位につけ、早くも日本女子トップ選手の一人となっていた[1]

プロ転向後編集

四ノ宮クラブの1年後輩である伊達公子とダブルスを組み活躍。1992年のバルセロナオリンピックも伊達とのペアで出場。佐藤直子飯田栄らとも組んで多くのタイトルを獲得。

シングルスでも1989年の第1回イザワ・クリスマスオープンで優勝をしている。

1990年から3年間はフェデレーション・カップ(現フェドカップ)日本代表にも選出されている。

脚注編集

外部リンク編集